おいしい介護食で、食べる方を笑顔に。

ご家族の食事作りに不安を感じている方

「最近食が細くなってきた」「固いものが食べられない」など、毎日の食事作りに不安を感じてはいませんか?
どんな風にカットしたら食べやすいのか、正しくとろみをつけるためにはどう調理したらよいか。各食材の調理の工夫の仕方を学べば、介護食作りに自信が持てるように!
食事の介助方法や配膳方法も身につくので、いつも安全な食事を提供できるようになります。

介護・福祉の仕事をされている方

訪問介護の仕事をされている方や、グループホームの職員さんなどにもおすすめ。食事作りは特に気を使う一方、調理研修を受ける機会もなく、自己流という方もいるのではないでしょうか。
正しい知識とスキルがあれば、限られた時間のなかでも、おいしく安全な介護食が作れるように。利用者さんの満足度アップにもつながります。

ご自身の将来のために備えたい方

今のうちに介護食作りのノウハウを身につけておけば、将来ご自身やご家族の方が高齢になったときの安心材料に。「年齢を重ねても、いつまでも食べる楽しみを感じていたい」という思いをお持ちの方は、この機会に学んでみませんか?

飲食・食品業界で働いている方

超高齢社会が進む今、介護食マーケットは拡大傾向にあります。ニーズが増加し、今後もますます注目される「介護食」。飲食業や食品業界にお勤めの方は、介護食作りの知識を身につけることで、新商品や新メニューの開発に大いに活かせます。

バリエーション豊かな介護食を3ヵ月で!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

介護食とは、咀嚼(そしゃく)に不安がある高齢者向けに固さや栄養を調整した食事のことです。近年、介護食は以前に比べて見た目も味も普段の食事のようにおいしく食べやすいものに変化してきています。高齢者人口が増加するにつれ介護食へのニーズが高まる昨今、介護食に対する正しい知識や調理のスキルを身につけておくことはとても重要です。
ユーキャンの「介護食コーディネーター講座」は、高齢者のための安全でおいしい手づくり介護食の作り方が学べる実践講座です。
高齢者に必要な栄養知識、食事介助、衛生に関する基本知識をベースに、介護食ならではの調理法やコツをやさしく学ぶことができます。食べやすくておいしい、50種類の介護食レシピを掲載したレシピ集もお届けするので、普段の食事作りで役立てられます。また、受講期間内に全課題を提出し、資格試験に合格すれば、「介護食コーディネーター」の資格も取得できます。
ご家族に高齢者がいらっしゃる方や、ホームヘルパーとして高齢者の食事作りに携わる方には、必見の講座です。

TOP