このようなお悩みはありませんか?

いつも作る食事に満足していないみたい…

好物のカレーやハンバーグといった味の濃いものは控えて、薄味の煮物などの和食ばかり食卓に出すようにしたら、残念そうな表情を浮かべるようになってきました。食べることがなんだか楽しくなさそうなんです…。

食べやすくするための調理法がわかりません。

最近噛む力が弱まってきて、今までの料理が食べられなくなってきたようです。だんだん食欲が落ちてきているのも気がかり…。
だけど、食材をどのくらいの固さや大きさに調理したら食べやすいのかがわからず、困っています。
介護食の調理に慣れていないから時間がかかるし、ほかの家族の分の食事作りもあるので、時間のやりくりがいつも大変です。

介護食のレパートリーが広がらない…

介護食メニューのレパートリーが少なくて、なかなか希望のメニューを作ってあげることができません。今は家族の中で一人だけ違うメニューを食べているのが寂しそう…。
レトルトの介護食品を買ったりしますが、毎日買っていると費用がかさむのも気になります。できれば、自宅にある食材で料理を作ってあげたいなぁ。

訪問介護の業務では、不安になります。

料理も苦手だし知識もないので、訪問介護のときに食事作りの仕事が入ると不安になります。サービスの時間内で調理を終える必要があるため、いつも時間との闘い。利用者さんが満足する食事を、ちゃんと提供できているのでしょうか…。

CHECK!

そんなお悩みはユーキャンで解決!

高齢者に必要な栄養や食事介助など、基本知識をベースに安全でおいしい介護食作りのコツをレッスン。調理の基本が身につけば、手際がよくなり調理時間の短縮に!
食材別の効果的な調理方法を知ることで、レシピのバリエーションも広がります。その方の好みに合わせたり、昔好きだった料理作ったり。「食べる楽しみ」を味わっていただけます。

バリエーション豊かな介護食を3ヵ月で!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

介護食とは、咀嚼(そしゃく)に不安がある高齢者向けに固さや栄養を調整した食事のことです。近年、介護食は以前に比べて見た目も味も普段の食事のようにおいしく食べやすいものに変化してきています。高齢者人口が増加するにつれ介護食へのニーズが高まる昨今、介護食に対する正しい知識や調理のスキルを身につけておくことはとても重要です。
ユーキャンの「介護食コーディネーター講座」は、高齢者のための安全でおいしい手づくり介護食の作り方が学べる実践講座です。
高齢者に必要な栄養知識、食事介助、衛生に関する基本知識をベースに、介護食ならではの調理法やコツをやさしく学ぶことができます。食べやすくておいしい、50種類の介護食レシピを掲載したレシピ集もお届けするので、普段の食事作りで役立てられます。また、受講期間内に全課題を提出し、資格試験に合格すれば、「介護食コーディネーター」の資格も取得できます。
ご家族に高齢者がいらっしゃる方や、ホームヘルパーとして高齢者の食事作りに携わる方には、必見の講座です。

TOP