手作りで、あたたかみのある食事を。

介護食ってどんなもの?

介護食とは、咀嚼(噛む力)に不安がある高齢者の方向けに、食べ物をやわらかく調理したり、栄養に配慮して食べやすくした食事のこと。
最近の介護食は、普段の食事のように見た目も味もおいしく、食べやすいものが人気です。

おいしい介護食は、手作りで。

レトルトや冷凍の介護食は手軽で便利すが、費用がかさむ、メニューのバリエーションが限られるなど、毎日の食事に取り入れにくい点も…。実際に利用しているシニアの方からは、見た目や味を改善してほしいという声もあがっています。
毎日食べるものだからこそ、家庭にある食材で手作りできることが一番です。

正しい知識と調理スキルが重要です

調理や味付け、毎日の献立など、介護食作りに対してさまざまなお悩みを抱える方も。
相手が食べやすいよう、食材の固さや大きさ、調理方法に気を使いつつ、好みの味付けやメニューを考えるのは大変です。自己流ではうまくいかないこともしばしば…。
安全でおいしく、満足度の高い介護食を作るためには、介護食の正しい知識と調理スキルが必要です。

バリエーション豊かな介護食を3ヵ月で!

介護食とは、咀嚼(そしゃく)に不安がある高齢者向けに固さや栄養を調整した食事のことです。近年、介護食は以前に比べて見た目も味も普段の食事のようにおいしく食べやすいものに変化してきています。高齢者人口が増加するにつれ介護食へのニーズが高まる昨今、介護食に対する正しい知識や調理のスキルを身につけておくことはとても重要です。
ユーキャンの「介護食コーディネーター講座」は、高齢者のための安全でおいしい手づくり介護食の作り方が学べる実践講座です。
高齢者に必要な栄養知識、食事介助、衛生に関する基本知識をベースに、介護食ならではの調理法やコツをやさしく学ぶことができます。食べやすくておいしい、50種類の介護食レシピを掲載したレシピ集もお届けするので、普段の食事作りで役立てられます。また、受講期間内に全課題を提出し、資格試験に合格すれば、「介護食コーディネーター」の資格も取得できます。
ご家族に高齢者がいらっしゃる方や、ホームヘルパーとして高齢者の食事作りに携わる方には、必見の講座です。

TOP