身近な野菜の知られざる一面を発見!

豆知識1:枝豆がビールと合う理由って?

ビールと相性抜群の野菜といえば「枝豆」。居酒屋でお通しとして出てくることも多い野菜ですが、枝豆がビールに合うのは、美味しいという理由からだけではありません。
枝豆には、アルコールの分解を促し、肝臓や腎臓を守る必須アミノ酸の「メチオニン」という栄養素が豊富。お酒と組み合わせるのにぴったりです!
こうした事実を知ると、普段何気なくお酒のお供にしていた枝豆がさらに美味しく感じるようになりますね。

豆知識2:りんごと仲良しの野菜・果物たち

「医者いらずの果物」と呼ばれるほど栄養素も豊富なりんご。それだけでなく、りんごは他の野菜・果物の保存や熟成にも役立ちます!

りんごを置いておくと「エチレンガス」という野菜や果物の熟成を促すガスを排出。例えば、まだ固いキウイをりんごと一緒にビニール袋などに入れて常温で置いておくと、早く熟します。
また、エチレンガスは植物の芽を出しにくくする効果も!りんごとじゃがいもを一緒に保存しておくと、じゃがいもが発芽しにくくなります。
ただし、すでにやわらかい(熟している)果物や野菜とりんごを一緒に保存しておくと、成熟しすぎてしまうので注意しましょう。

豆知識3:美味しいトマトとほうれん草の選び方

スーパーなどで野菜を買う際、「どれが美味しいの?」と悩むことはありませんか?同じ野菜でも、熟成度合いなどによって味は変わります!

トマトは、果頂部(お尻の部分)に放射状の筋が多いものほど、甘みが強く味がよいと言われています。
また、ほうれん草は根元の赤みが強いものがおすすめ!根元は骨の形成に必要なマンガンが豊富なので、捨てずに利用しましょう。

豆知識4:玉ねぎで泣かない方法って?

玉ねぎを切って涙を流した経験、誰しも一度あるのではないでしょうか?
玉ねぎを切ると「硫化アリル」という物質が揮発。目や鼻の粘膜を刺激して涙が出ます。
玉ねぎを切る1時間くらい前に冷蔵庫で冷やすと、硫化アリルの揮発を抑えることができ、涙が出にくくなります!よく切れる包丁を使って、短時間でサッと切るのもポイントです。

また、オニオンスライスを作る際、匂いや辛味をおさえたい場合は玉ねぎの繊維を断ち切るように切りましょう。
一方、シャキッとした食感や匂いを生かしたい場合は、繊維に沿って切るのがおすすめ。作る料理や目指す仕上がりによって切り方を変えると、味わいがぐっと広がります。

CHECK!

ユーキャンの野菜スペシャリスト講座では、副教材としてDVD「栄養素を逃さない野菜調理の基本」をお届けしています。

野菜を調理するコツや下ごしらえ方法、材料や料理別に最適な野菜の切り方など、野菜が持つ栄養を十二分に活かせる調理方法を動画でわかりやすく解説!
料理初心者の方はもちろん、毎日料理をする方でも意外と知らないポイントに気づけるかもしれません。

一生モノの知識とスキルを5ヵ月で習得

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

野菜スペシャリストとは、健康的な生活に欠かすことができない野菜や果物の効果効能や選び方、野菜の栄養と美味しさを引き出す優れた調理方法などを学び、知識と実践の両面から、健康と美をつくるスペシャリストです。身につく知識は、ご自身やご家族の健康管理や美容のためだけでなく、食品・小売・飲食業界や美容業界など、食に関わるお仕事に就いている方に役立つ資格です。
ユーキャンの「野菜スペシャリスト」講座は、(試験実施団体である)一般社団法人FLAネットワーク協会の認定講座です。本講座は、同協会や、管理栄養士の竹内冨貴子先生などの専門家陣が執筆・監修したテキストで、野菜と果物の効能や選び方をはじめ、調理技術から栄養を逃さず食べるためのコツ、野菜・果物の種類、栄養バランスのとれた食事の摂り方、栄養学の基本、野菜を取り巻く社会環境などについて、やさしく具体的に学ぶことができます。
500種以上の野菜と果物を掲載した「野菜と果物の図鑑」や112品のレシピを掲載した「野菜&ヘルシーレシピ集」、野菜と果物の摂取状況をセルフチェックできる「野菜生活ダイアリー」、DVD「栄養素を逃さない野菜調理の基本」などの副教材は、日常生活の中ですぐに役立ち、長くお使いいただけます。
さらに当講座では、添削課題の最終回が検定試験となっており、合格すればそのまま「野菜スペシャリスト」資格が取得できます。ご自宅で受検できる試験なので、お仕事や家事育児で忙しい方も安心です。

TOP