他資格と組み合わせてスキルアップ

どんな仕事に役立つの?

終活アドバイザーは、医療・介護や不動産、葬儀・お墓など、人生の後半期に必要となる、さまざまな知識に精通。
介護職員、看護師、葬祭業関係者、金融業の窓口担当など、日頃シニアと接し、相談を受ける機会が多い方にとっては、スキルアップにもつながります。

ケアマネ×終活アドバイザー

介護以外の相談にも、幅広く対応。

ケアプランの作成を通じ、家庭環境などを理解しているケアマネジャー。利用者や利用者の家族にとって、身近で頼りになる存在です。
介護、医療だけでなく、葬儀や相続、遺言などの相談に対しても、正確な情報で答えることが求められます。高齢者を取り巻く総合的な知識を持つ終活アドバイザーなら、適切なアドバイスができます。

何でも相談できる心強い味方に!

財産管理を頼める成年後見制度があることや、相続に関する相談先、お葬式の種類や葬儀の流れ…。相談内容で多いと言われているのが、葬儀や相続についてです。
確かな知識があれば、アドバイスから連絡の繋ぎまで、自信を持って行えるように!身近な心強い相談相手として、ケアマネジャーとしての信頼度もぐんと高まります。

FP×終活アドバイザー

人生後半期のライフプラン設計に

金融・税制・保険・年金など、幅広い知識を持つファイナンシャルプランナー。ここに終活に関する知識をプラスすることで、人生後半期のライフプランについて、適切なアドバイスや細やかなサービスを提供できるように!
また、セミナーや講演会で話す分野が広がるなど、さまざまなメリットがあります。

コンサルティングの幅も広がる!

生活設計から葬儀、相続まで、コンサルティングできるライフプランの範囲が広がります。

<例>
・老後に備え、いったいどれくらいの資金を用意しておけばいいの?
・介護・医療が必要になったとき、どのくらい準備したらいい?
・介護施設はどんなところがあるの?
・お葬式やお墓に掛かる費用や手続きはどうしたらいいの?
・相続や死後の手続きはどうなるの? など

行政書士×終活アドバイザー

幅広い観点から問題解決

終活の知識を身に付けることで、人生後半期の過ごし方や亡くなった後の手続きなど、総合的な相談に応じられるように!より幅広い観点からの問題解決が可能になります。

他の士業との差別化にも!

エンディングノートの書き方はもちろん、法律と終活の両方の観点から解決することができるように!

<例>
・財産管理はどうしたらよいのか
・成年後見制度はどうしたら利用できるのか
・遺言書はどうやって書くのか
・尊厳死の為の宣言書はどうやって書くのか

遺言書の作成業務や相続・生前贈与・後見の仕事などに特化した行政書士として、他の士業との差別化にもつながります。

ご自身の終活を実践しながら知識を習得!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

終活とは、「終」末期に向けた「活」動の略で、人生の最期に向けた準備を行うことです。
最近では解釈の幅が広がり、自身の人生の棚卸しをすることで自分を見つめ、今後の人生をより豊かに、自分らしく生きるための活動という解釈が一般的になりました。
社会保険制度、財産の管理や相続対策、葬儀・供養・お墓など死後に必要となる項目などさまざまな知識に精通する終活アドバイザーは、介護職員、看護師、葬祭業関係者、金融業の窓口担当など、日頃シニアと接し、相談を受ける機会が多い人のスキルアップに役立つ資格です。
ユーキャンの終活アドバイザー講座はNPO法人ら・し・さ主催の終活アドバイザー資格に対応しています。添削課題がそのまま検定試験になるので、在宅受検が可能! 第1~3回の添削課題を提出し、第4回の添削課題(検定試験)をクリアすれば終活アドバイザー試験合格となります。

  • 当講座で終活アドバイザー検定試験に合格された方は、NPO法人ら・し・さ 終活アドバイザー協会に登録申請することで終活アドバイザー資格が取得できます。終活アドバイザー協会への登録申請には、別途初年度登録料や年会費が必要です。また、登録には条件がございますので、必ず受講前に協会のHPにてご確認ください。

TOP