活躍のチャンスはたくさん!

長く安定して働きたい方

医療機関はニーズが安定しているのが魅力。幅広い年代の方が活躍できる仕事のため、長く働きたい方におすすめ。
また、病院は全国にあるため、身近で就業先が見つけやすく、「自宅から通いやすい場所で働きたい」という方にもぴったりです。

身体を動かす仕事のほうが好きな方

主な業務は、患者さんの身の回りのお世話など。デスクワークよりも、身体を動かす仕事のほうが向いているという方におすすめです。高度なパソコンスキルや計算のスキルは求められないため、事務作業に自信がない方も安心です。

やりがいのある仕事をしたい方

患者さん一人ひとりに思いやりを持って接し、過ごしやすいようお手伝い。あなたの心配りに、患者さんやそのご家族から感謝されることも。看護助手は人の役に立てる、やりがいのある仕事です。
患者さんや看護師をはじめ、いろいろな立場の方とコミュニケーションを取るため、人と接するのが好きな方にもおすすめです。

医療の仕事に興味がある方

「医療や介護の仕事に就きたいけど、知識や実務経験がなくて不安…」という方も大丈夫。看護助手は未経験OKの求人も多数!
ユーキャンなら、実務に活かせる知識・スキルがゼロからしっかり身につくので、ブランクのある方や今すぐではなくてもいつか働きたいという方にもおすすめです。

勉強は久々…やさしい内容がいい!という方

看護助手は医療行為を行わないため、医療に関する専門知識は不要。こまかく暗記する必要がないので、勉強が苦手な方や久しぶりという方も心配ありません。
ユーキャンのテキストはわかりやすさにこだわっているので、初学者の方も安心です。

やさしく学んで、3ヵ月でスキルを習得!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

医師や看護師のもとで、「看護チーム」の一員として活躍する看護助手。採血や注射などの医療行為は行わず、患者さんの身の回りの世話や、病床などの整頓を行います。 少子高齢化にともない医療ニーズが多様化しているなか、看護師の負担軽減が課題となっています。そのような背景のもと、医療行為以外の業務をかわりに行う「看護助手」に注目が集まっています。病床の清潔、食事介助などの業務を看護助手が行うことで、医師や看護師は専門的な業務に専念できるようになります。これにより、医療サービスの質の向上が期待できるため、厚生労働省は医療機関に対して看護助手(看護補助者)の配置を、積極的に奨励しています。 このように、看護助手は時代の追い風を受けた、将来性の高いお仕事です。看護助手の実務には医療の専門知識は不要なため、医療現場で働いたことのない方でも、安心して目指していただけます。人の役に立つ、やりがいのあるお仕事です。 病院によって、看護補助者、看護師助手、看護補助員、ナースエイド、メッセンジャーなどと名称はさまざまですが、求人広告では、「看護助手」という名称が多く見受けられます。

TOP