看護助手講座との相性を診断してみよう!

  • Q1
    人とコミュニケーションを取るのは苦手じゃない
  • Q2
    デスクワークより、身体を動かす仕事のほうが好き。
  • Q3
    医療や介護の仕事に興味がある
  • Q4
    仕事に直結するスキルを身につけたい
  • Q5
    自分のペースで学習を続けたい

あなたと看護助手講座は・・・

相性40%

残念ながら、少し張り合いがなく感じてしまうかも?
ただしやる気さえあれば大丈夫です。

自分のタイプに合った資格・講座を1クリックで見つけられるオススメ資格ガイドを試すと、良い未来がひらけるかもしれません!

あなたと看護助手講座は・・・

相性60%

やりたい、必要だという方にはオススメです。

「他の資格にも興味がある」という方は、タイプ別に合った資格・講座を1クリックで見つけられるオススメ資格ガイドを試してみては?

あなたと看護助手講座は・・・

相性80%

かなり適性があるようです!
しっかり勉強すれば、きっと成功し、未来の選択肢が開けるはず!
ぜひお試しください!

3つのポイント

  • ❶ ポイントを凝縮!初学者にもやさしいテキスト
  • ❷ 仕事に活かせるスキルが3ヵ月で身につく!
  • ❸ 受験不要!講座修了&申請で資格取得も!

あなたと看護助手講座は・・・

相性100%

非常に向いていると言えます。
あなたならきっとやりきり、合格後もうまくいくはず。ぜひお試しください!

3つのポイント

  • ❶ ポイントを凝縮!初学者にもやさしいテキスト
  • ❷ 仕事に活かせるスキルが3ヵ月で身につく!
  • ❸ 受験不要!講座修了&申請で資格取得も!

やさしく学んで、3ヵ月でスキルを習得!

医師や看護師のもとで、「看護チーム」の一員として活躍する看護助手。採血や注射などの医療行為は行わず、患者さんの身の回りの世話や、病床などの整頓を行います。 少子高齢化にともない医療ニーズが多様化しているなか、看護師の負担軽減が課題となっています。そのような背景のもと、医療行為以外の業務をかわりに行う「看護助手」に注目が集まっています。病床の清潔、食事介助などの業務を看護助手が行うことで、医師や看護師は専門的な業務に専念できるようになります。これにより、医療サービスの質の向上が期待できるため、厚生労働省は医療機関に対して看護助手(看護補助者)の配置を、積極的に奨励しています。 このように、看護助手は時代の追い風を受けた、将来性の高いお仕事です。看護助手の実務には医療の専門知識は不要なため、医療現場で働いたことのない方でも、安心して目指していただけます。人の役に立つ、やりがいのあるお仕事です。 病院によって、看護補助者、看護師助手、看護補助員、ナースエイド、メッセンジャーなどと名称はさまざまですが、求人広告では、「看護助手」という名称が多く見受けられます。

TOP