看護助手

一括払い:36,000

分割払い:3,680円×10回(10ヵ月)

= 総計:36,800

(税込み・送料当社負担)

  • 金額には、教材費、指導費、消費税などが含まれます。
  • 支払い期間と標準学習期間は異なります。
  • 標準学習期間は3ヵ月 、添削回数は3回(うち修了課題1回含む)です。

お届けする教材

  • メインテキスト:3冊
  • 副教材:用語・資料集、DVD「よくわかる看護補助業務」、ガイドブック、添削課題集、添削関連書類、その他
  • 添削:あり 3回(うち修了課題1回含む)
  • 質問:あり(1日3問までとさせていただきます)
  • 標準学習期間:3ヵ月(受講開始から6ヵ月まで指導します)

お支払い方法について

お支払いは以下の方法から選べます!

  • 郵便局・ゆうちょ銀行をご利用の場合
  • コンビニエンスストアをご利用の場合
  • クレジットカードをご利用の場合
    • クレジットカード払いはインターネットのみ、一括払いのみ
  • 送料
    当社負担
  • 分割払い
    OK
  • 8日以内
    返品OK!

やさしく学んで、3ヵ月でスキルを習得!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

医師や看護師のもとで、「看護チーム」の一員として活躍する看護助手。採血や注射などの医療行為は行わず、患者さんの身の回りの世話や、病床などの整頓を行います。 少子高齢化にともない医療ニーズが多様化しているなか、看護師の負担軽減が課題となっています。そのような背景のもと、医療行為以外の業務をかわりに行う「看護助手」に注目が集まっています。病床の清潔、食事介助などの業務を看護助手が行うことで、医師や看護師は専門的な業務に専念できるようになります。これにより、医療サービスの質の向上が期待できるため、厚生労働省は医療機関に対して看護助手(看護補助者)の配置を、積極的に奨励しています。 このように、看護助手は時代の追い風を受けた、将来性の高いお仕事です。看護助手の実務には医療の専門知識は不要なため、医療現場で働いたことのない方でも、安心して目指していただけます。人の役に立つ、やりがいのあるお仕事です。 病院によって、看護補助者、看護師助手、看護補助員、ナースエイド、メッセンジャーなどと名称はさまざまですが、求人広告では、「看護助手」という名称が多く見受けられます。

TOP