「ありがとう」に出会える仕事。

医療の現場で、看護師をサポート。

看護助手は医師や看護師とともに「看護チームの一員」として活躍します。
看護助手は医療行為は行わないため、難しい専門知識や実務経験は不要。看護師がスムーズに働けるようサポートし、患者さんにも明るく接する、やりがいのあるお仕事です。

患者さんの身の回りのお世話を。

主なお仕事は、ベッドのシーツ交換やリネンの管理、患者さんのお食事や入浴の際のお世話など。ほかにも、車いすの介助や検査の際の移動のお世話などを行います。

機器や器具を準備。書類を届けることも。

診察に必要な機器や器具などの準備や、整理整頓なども看護助手の役割。また、他の病棟や外来の医師・看護師に書類などを届けることもあります。

医療サービスの質の向上に貢献

看護助手のサポートにより、看護師は専門的な業務に専念できるように。
これにより、医療サービスの「質の向上」が期待できるため、厚生労働省は医療機関に対し、看護助手(看護補助者) の配置を積極的に奨励。看護助手は時代の追い風を受けた、将来性の高い仕事と言えます。

CHECK!

さまざまな呼び方があります

病院によって、看護助手の呼び方は異なります。看護補助者、看護師助手、看護補助員、ナースエイド、メッセンジャーなどと呼ばれることも。
求人広告では「看護助手」の名前で募集がかけられることが多く見受けられます。

よくある質問

医療現場で働いたこともないし、介護もしたことがないのですが…

ご安心ください。職場は医療機関ですが、看護助手のお仕事に医療の専門知識は不要です。未経験OKの求人も多いので、気軽にチャレンジしていただけます。
また、受診・入院される方は高齢の方にかぎりませんので、介護の経験がない方でも、それが不利になるということはありません。

看護助手は、国家資格ですか?

いいえ、国家資格ではありません。「看護師」になるには国家資格が必要ですが、看護助手として働くには、特に資格は必要ありません。資格はいりませんが、あらかじめ看護助手としてのスキルを身につけておけば、採用時に評価されることも!

やさしく学んで、3ヵ月でスキルを習得!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

医師や看護師のもとで、「看護チーム」の一員として活躍する看護助手。採血や注射などの医療行為は行わず、患者さんの身の回りの世話や、病床などの整頓を行います。 少子高齢化にともない医療ニーズが多様化しているなか、看護師の負担軽減が課題となっています。そのような背景のもと、医療行為以外の業務をかわりに行う「看護助手」に注目が集まっています。病床の清潔、食事介助などの業務を看護助手が行うことで、医師や看護師は専門的な業務に専念できるようになります。これにより、医療サービスの質の向上が期待できるため、厚生労働省は医療機関に対して看護助手(看護補助者)の配置を、積極的に奨励しています。 このように、看護助手は時代の追い風を受けた、将来性の高いお仕事です。看護助手の実務には医療の専門知識は不要なため、医療現場で働いたことのない方でも、安心して目指していただけます。人の役に立つ、やりがいのあるお仕事です。 病院によって、看護補助者、看護師助手、看護補助員、ナースエイド、メッセンジャーなどと名称はさまざまですが、求人広告では、「看護助手」という名称が多く見受けられます。

TOP