しっかり準備すれば、取りやすい資格。

試験は解答しやすいマークシート形式

試験はマークシート形式のみ。 面接や記述式試験はありません。
細かく暗記をしていなくても、正しく理解さえしていれば答えられる問題が多いので、比較的対策がしやすいのが特徴! 初めて受験する人でも受かりやすい試験です。

合格者定員なし!60%の得点で合格に

合格者に定員はなく、60%正答すればどなたでも合格できます。
周りの受験者のレベルは関係ないので、いわば自分との勝負。ポイントを押さえた学習で実力をつけ、試験に臨みましょう。

チャンスは年2回!試験は全国で実施

試験は例年、3月と8月の年2回。ご自身の都合に合わせて試験月を選べます。
試験は基本的に全国で実施!希望する試験地を選択することができ、試験日に都道府県外まで出て行く必要はありません。

  • 試験時期や会場は、変更になる場合があります。予めご自身でご確認ください。
試験データ
試験時期 3月と8月の年2回
受験資格 以下のいずれかの条件を満たしている方

・実務経験が1年以上ある方
・国土交通大臣が認定する「基礎講習」(貨物)を修了した方、もしくは修了見込みの方

  • 受験資格の有無をご確認のうえ、お申込みください。
  • 詳細は運行管理者試験センターのホームページでご確認ください。
試験内容 下記5つの分野から出題されます。

・貨物自動車運送事業法(8問)
・道路運送車両法(4問)
・道路交通法(5問)
・労働基準法(6問)
・その他運行管理者の業務に関し、必要な実務上の知識及び能力(7問)
試験形式 選択式:30問
合格ライン 原則、総得点がの全体の60%(30問中18問)以上。ただし、各分野1問以上(運行管理者の業務に関し、必要な実務上の知識及び能力については2問以上)の正答が必要です。
受験料 6,000円(令和2年度)

よくある質問

働きながらでも、勉強を続けられますか?

もちろんです!教材とともに、あなた専用の合格スケジュールもセットでお届け。そのスケジュールに添って、ムリなく学習を続けられます。ハンディータイプの副教材やスマホでも見られるWeb学習サービスなど、スキマ時間を有効に使える工夫も満載です。

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

トラックなどの事業用自動車が安全に運行できるよう管理・監督を行う運行管理者。国土交通省が認定する国家資格で、運送・物流業界での活躍が期待されています。一定数以上の事業用自動車を持つ事業所には必ず運行管理者を設置するよう義務付けられているため、有資格者のニーズは高く、安定しています。運行管理者には「貨物」と「旅客」の2種類がありますが、ユーキャンの「運行管理者(貨物)講座」は「貨物」のみに対応しています。
当講座のテキストには、理解を促進する図やイラストを豊富に掲載しています。法律や暗記項目もイメージをつかみやすいので、効率的に実力アップを狙えます。その他にも、項目ごとに整理された「過去問題集」や、ハンディータイプの「ポイント&資料集」など、ユーキャンオリジナルの副教材もセットでお届けします。
忙しい方にうれしい、web学習サービス「学びオンラインプラス」もご利用いただけます。講義動画やwebテストをパソコンやスマートフォンで閲覧できるので、スキマ時間での学習にぴったり。効率よく、かつ着実に合格を目指したい方は、ぜひ当講座をご利用ください。

TOP