効率よく身につく、合格力。

出るポイントに絞ったテキスト

とにかく試験範囲が広いのが、社会福祉士試験の特徴。ユーキャンでは、「合格点を取る」ことを第一に考え、5冊にまとめました。
それでいて、イラストや表、グラフが豊富なので学習の理解が進みます。
全科目の合格ラインはしっかりおさえている内容なので他の参考書の必要はありません。当講座の教材だけで合格まで導きます。

わかりやすさを追求

テキストには、わかりやすくするための工夫がいっぱい!初めて学ぶ方のことを考え、専門的な内容も初歩の初歩から丁寧に解説。どなたもムリなく、着実に実力アップが叶います。
すっきりとしたレイアウトに加え、大きめの文字と短い文章で、読みやすさにもこだわりました。

冒頭で重要ポイントを確認

各レッスンの冒頭には「重点攻略Word」を掲載。そのレッスンで学ぶ重要ポイントがわかるので、スムーズに学習をスタートできます。

イラスト・表・グラフでカンタン理解!

文章を読むだけれはイメージがつかめず、理解しにくい箇所は、模式図やイラスト、表などで簡潔に解説。暗記だけではなく「理解」ができるので、知識の定着度が違います!

レッスンの最後は理解度チェック

各レッスンの最後にある理解度CHECK!はまるでクイズを解いているかのように楽しく復習ができます。

よくある質問

暗記が苦手ですが、大丈夫でしょうか?

社会福祉士の試験は全問マークシート方式なので、選択肢の中に必ず正解があります。重要法令や単語など、最低限の暗記は必要ですが、テキストの内容全てを覚える必要はありません。テキストとともにお送りする教材には、知識の定着に役立つ副教材が含まれています。テキストに沿って学習を進め、副教材を活用することで、ムリなく合格力が身につきます。

具体的な学習の進め方について、教えてください。

教材と一緒にあなた専用の合格までのスケジュールをお届けします。その流れを参考に、1日1~2時間、テキスト学習で基礎力をつけ、問題集を解く、というスタイルがおすすめです。

マトを絞った教材で、効率よく合格を目指せる!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

福祉福祉サービスの専門家として、老人ホームや在宅ケアなどの分野で活躍したい方におすすめの資格が「社会福祉士」。社会福祉士の仕事は社会福祉援助(ソーシャルワーク)と呼ばれ、①障害や病気などの理由により福祉サービスを必要とする人々からの相談を受け、②他の福祉サービスの提供者・医療機関と連携し、③相談者の自立に向け、専門的な知識と技術で的確な助言や指導、その他の援助を行います。

社会福祉士の仕事である「社会福祉援助」
ユーキャンの「社会福祉士」講座では、幅広い試験範囲から対策ポイントをしっかり押さえたテキストで、効率よく学習を進められます。初歩から丁寧に解説していますので、初めて学ぶ方も安心です。

TOP