• 公開日:2020/06/09

キャリアプランとして司法書士資格の取得を検討しているものの、具体的な仕事内容や適性などの詳細を把握できていない人もいるかもしれません。この記事では、司法書士を目指す人に向けて、司法書士の仕事内容や適性について解説します。あわせて、司法書士になる方法についても紹介するので、キャリアプラン実現のためにぜひ役立ててください。

司法書士とは?

司法書士は、行政機関に提出する書類の作成や審査請求を行う職種です。これらの作業には法律に関する専門知識が必要となるため、資格を有する司法書士が個人や法人などから依頼を受け、代行します。司法書士は単に手続きを進めるだけでなく、依頼者から法律に関する相談を受けることも多いです。

司法書士の役割

司法書士は、法務局、裁判所、検察庁などへ提出するための書類を作成します。特に、登記や供託の手続きを依頼されることが多いです。また、審査請求の手続きを依頼者の代理で行う場合もあります。依頼者にとって必要な手続きを、適切かつスムーズに進めることが司法書士の役割です。

司法書士の仕事内容

司法書士は具体的にどのような仕事を行っているのでしょうか。ここでは、仕事内容について詳しく説明します。


登記業務

司法書士の仕事のなかで最も多いのは、登記手続きです。登記とは、行政上の手続きを踏むことで、権利関係について公に示すための制度です。

登記手続きには、大きくわけて不動産と商業(法人)の二つがあります。たとえば、家や土地などの不動産を購入した際には、不動産登記によって権利を示します。また、新しく会社を設立するときは、法人としての登記が必要です。


供託業務

司法書士は供託業務を行うことも多いです。供託とは、有価証券や金銭を供託所である法務局に預け、それらを渡すべき相手に適切に分配する手続きのことです。供託にはさまざまな種類があります。なかでも特に司法書士がよく扱うものとして、支払うべき金銭を相手に受けとってもらえない場合に行う弁済供託があります。


書類作成

司法書士は、専門知識が必要な行政機関、法務局または地方法務局へ提出するための書類を作成するだけでなく、依頼者が手続きを滞りなく進めるためのアドバイスも行わなければなりません。また、検察庁や裁判所への申立書の提出する書類の作成なども行います。


訴訟代理・支援

認定司法書士であれば、訴訟の代理や支援も行えます。簡易裁判所での手続きにおいて、司法書士は依頼者の代理人として活動することが可能です。ただし、民事事件の代理業務を行えるのは、請求額が140万円を超えない場合に限定されることが法令で定められています。代理人として争う以外にも、訴訟に関するさまざまな支援を行うことが可能です。


企業法務

司法書士は、企業法務を対象とした活動も可能です。企業法務とは、企業の運営にかかわる法律上の規制を把握し、トラブルを防いだり解決したりする業務です。外部の司法書士として複数の企業へアドバイスするだけでなく、企業に就職して法務担当者として働くケースも増えています。


相続・成年後見業務

司法書士は相続に関する相談も受けられます。正式な遺言書の作成や、相続による不動産の移転登記の手続きも可能です。また、司法書士は、成年後見制度を利用するための手続きやサポートもできます。成年後見制度とは、判断能力が不十分な人の財産を適切に管理するための制度です。

司法書士と弁護士との違い

司法書士は法律に関する業務を扱うため、弁護士と混同されることもあります。しかし、司法書士と弁護士では、扱える業務の範囲に違いがあります。弁護士が法律に関する業務のすべてに対応できるのに対し、司法書士が対応できるのは書類作成や登記など一部の業務に限られているのです。

司法書士のやりがいとは?

司法書士はさまざまな人の法律に関する相談に乗り、問題解決に導く仕事です。ここでは、司法書士のやりがいについて具体的に紹介します。

法律の知識を活かして活躍できる

司法書士になれば、法律の専門知識を活かして活躍することが可能です。司法書士には、登記などの独占業務があります。司法書士ならではの立場から、法的なトラブルに対応したり解決に導いたりすることができます。知識を活かし、市民と国の橋渡し役として活躍できるのです。

依頼人から感謝される

司法書士のもとへ相談にくる依頼者は、複雑な法律上の手続きに困惑しているケースも多いでしょう。そのような場合でも、司法書士なら適切に手続きを進められるので、依頼者の抱える問題もスムーズに解決できます。依頼者から感謝の言葉をかけられたとき、「司法書士になってよかった」と実感できるでしょう。

司法書士に向く人とは?

司法書士にはどのような人が向いているのでしょうか。向いている人の特徴を紹介します。

几帳面な人

司法書士は、重要な書類を正確に作成することが求められるため、几帳面な性格の人が向いています。作成した書類にミスがあれば、最悪の場合、依頼者が重大な損失を被る恐れもあるのです。

努力家

司法書士になるためには、法律に関する専門的な知識が必要です。晴れて司法書士になった後も、法律の新設や改正に対応できるよう、努力を続ける必要があります。よって、司法書士には、努力家で勉強熱心な人が向いているでしょう。

独立志向の強い人

司法書士の場合、将来的な独立・開業も可能です。司法書士の業務は、基本的に1人で進められます。独立・開業し、個人の能力を発揮したいと考えている人に向いているといえるでしょう。

司法書士になる方法とは?

司法書士になるには、主に2つのルートがあります。ここでは、それぞれのルートについて解説します。

ルート1:司法書士試験に合格

司法書士になる一般的な方法としては、国家試験である司法書士試験に合格することがあげられます。合格後は全国のいずれかの司法書士会に入会して司法書士名簿に登録し、研修を受講する必要があります。

ルート2:法務大臣の認可

一定の条件を満たしていれば、試験に合格しなくても司法書士を目指せます。一定の条件とは、裁判所書記官や法務事務官などとして10年以上、または簡易裁判所判事・副検事として5年以上の経歴がある場合で、限定的なルートといえるでしょう。このような経歴を持つ人は、法務大臣の認可を受ければ司法書士の資格を得ることができます。

司法書士試験とは?

司法書士試験とは、どのような試験なのでしょうか。試験概要や試験科目、難易度などについて紹介します。

試験概要

司法書士試験は国家試験の一つであり、年1回の頻度で実施されています。司法書士試験を受験できる場所は、全国で15カ所です。試験は筆記試験と口述試験にわかれており、両方に合格しなければなりません。また、司法書士試験は成績上位者が合格できる相対評価試験であり、合格点は毎年変化します。

試験科目

司法書士試験の筆記試験は、択一式問題と記述式問題にわかれています。択一式問題の科目は民法、商法(会社法)、民事訴訟法など多岐にわたります。なかでも最も出題数が多いのは、民法の20問です。また、記述式問題では、不動産登記法と商業登記法からそれぞれ1問ずつ出題されます。

合格率・難易度

司法書士試験は難易度が高い試験として知られており、合格率は例年3~4%台です。合格率が低い理由のひとつとして、司法書士試験には特に受験資格が定められておらず、学歴や経験を問わず誰でも受験できる点があげられます。

試験対策

司法書士試験に合格するには、法律に関する確かな知識が求められるため、徹底的な試験対策が必要です。初学者が独学で合格を目指すのは困難と言わざるを得ません。司法書士試験の合格を目指すなら、添削や質問などのサポート体制が整っている通信講座がおすすめです。通信講座なら自分のペースで勉強ができるので、忙しい人でも無理なく試験合格を目指せます。

まとめ

司法書士は法律に関する専門知識を活用し、さまざまな人をサポートする仕事です。個人と法人のどちらからも依頼を受け、さまざまな相談に対応します。司法書士の資格を取得すれば、よりやりがいのある仕事ができるでしょう。

ユーキャンの司法書士資格取得講座では15カ月間のカリキュラムが組まれているので、無理なく合格に必要な力を養えます。全11回の添削を受けられるうえに、質問も可能です。ユーキャンの司法書士資格取得講座を受講し、司法書士への第一歩を踏み出しましょう。

講座との相性を確かめよう

講座との相性を確かめよう

司法書士講座があなたに向いているのか相性診断でチェック!
80%以上の相性なら今すぐ申し込みして、人気の専門資格を手に入れよう!

今始めると、ゆとりをもって手堅く合格が狙える!

司法書士は、身近な街の法律家として活躍できる、今後ますます注目される存在。難関な国家資格として知られていますが、努力次第で高収入・高ニーズが望め、社会的ステータスも非常に高い点が魅力です。
資格取得後は、不動産の登記・商業登記などの業務のほか、簡易裁判所における代理・裁判事務、遺言・相続に関する助言、成年後見業務などの業務に携わることができます。最近ではインターネットでの営業も可能なので、自宅を事務所に比較的低資金で開業できるのも魅力です。
社会からの評価も高く、独立・開業はもちろん、企業の法務部に即戦力として採用されるなど、就職・転職でも大きな武器に! 高い専門性を活かして性別や年齢に関係なく活躍できる仕事なので、近年は女性の有資格者も増加中です。
ユーキャンの「司法書士」講座では、あなたの合格を力強くバックアップ! 過去問題の傾向を把握したうえで、法律用語やロジックをわかりやすく丁寧に解説するので、はじめての方でも無理なく合格力を養成します。

TOP