利用者とサービスをつなぐ「架け橋」

介護保険制度の中核を担います。

ケアマネジャー(ケアマネージャー/介護支援専門員)は、2000年に施行された介護保険法に基づき誕生した資格です。
介護を必要とする方やそのご家族のニーズを把握し、最適な「ケアプラン」を作成。適切なサービスを受けられるよう、自治体や事業者などと連携します。
ケアマネジャーは、介護を必要とする方と福祉・医療・保健のサービスとをつなぐ「架け橋」として、重要な役割を担っているのです。

業務はデスクワークが中心です。

ケアマネジャーの業務内容は、ケアプランの作成や利用者情報のチェック、サービスの調整、きちんとサービスが実行されているか、効果が出ているかのチェック(モニタリング)、介護サービス報酬の計算など、デスクワークが中心です。
介護の現場で働くよりも体への負担が少なく、夜勤もないことが一般的。ケアマネジャーを目指し、キャリアを積む方も多くいらっしゃいます。

介護・福祉・保健分野の就・転職や再就職

介護福祉士などからケアマネジャーへとキャリアアップすると、扱える業務の幅が大きく広がります。
ケアマネジャーの資格は社会的ニーズが高く、取得すれば就職・転職や、結婚・出産後の再就職も有利に!
また、一般的な介護職よりも給与アップが期待できます。

高ニーズ資格だから、活躍の場も幅広い。

超高齢社会の今、介護保険制度のスムーズな運用には、ケアマネジャーは欠かせない存在。
住宅介護支援事業所、老人ホームやデイサービスの事務所など、さまざまな場所で必要とされています。
介護分野に参入する企業も多く、幅広く活躍できるケアマネジャーには大きな期待が寄せられています!

よくある質問

受験資格はありますか?

はい、ケアマネジャー試験を受験するためには厳格な受験資格があります。受験資格を満たしていない場合は受験できません。しかし、受験資格を満たしていれば、キャリアアップにつながる大きなチャンス!これまでのキャリアを生かし、挑戦してみてはいかがでしょうか。

働きながらでも、6ヵ月で合格へ!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

オプションサービスのご案内

ケアマネジャー(ケアマネージャー)とは、介護保険制度の中核を担う資格です。介護を必要とする方と、福祉・医療・保健のサービスとを結ぶ「架け橋」となる重要な役割を担っています。超高齢社会の今、要介護者の増加によって、ケアマネジャー(ケアマネージャー)の需要は高まっています。現在、介護福祉士や社会福祉士など介護・福祉関連の仕事に就いていて、キャリアアップを目指したい方におすすめの資格です。ケアマネの資格の取得によって、ケアプランの立案、サービスの調整、モニタリングなど、扱える業務の幅が大きく広がります。有資格者は、介護業界における就職・転職はもちろん、結婚・出産後の再就職にも有利です。
ユーキャンのケアマネージャー講座は、効率よく学べる工夫が満載。試験の出題傾向に沿ってムダなく学べるテキストに加え、特に試験に出がちな重要なポイントをコンパクトにまとめた「でるケアBest200」などの便利な副教材も充実。ケアマネジャー試験は、5肢複択でほとんどの都道府県が論文試験や実技試験がないマークシート方式を採用。解答しやすい試験と言えます。本講座で、合格のポイントをきちんと押さえながら学習を進めれば、初めてでもムリなくケアマネ試験合格を目指すことができます。働きながらでも無理なく学べるカリキュラムなので、忙しい方も安心して受講できます。

TOP