• 公開日:2020/06/01

高齢化が進む中で、介護や福祉関連の仕事に興味がわき、ケアマネジャーを目指したいと考える人も多いのではないでしょうか。この記事では、ケアマネジャーの仕事内容や給料、資格の取得方法などについて解説していきます。ぜひキャリアプランの参考にしてください。

ケアマネジャー(介護支援専門員)とは?

ケアマネジャーの正式名称は「介護支援専門員」で、要介護者が自立した生活を送るために、ケアプランのマネジメントをする人を指します。国家資格ではなく、各都道府県が試験を実施し、資格証を交付しています。介護保険制度の知識に基づき適切なケアマネジメントを行わなければならないため、幅広い知識が要求されます。

主な職場は、自宅介護を受ける人のための介護サービスを展開している居宅介護支援事業所や、特別養護老人ホームなどの施設、自治体の介護相談の窓口となる地域包括支援センターなどです。また、介護用具のレンタル事業を展開している民間企業に勤める場合もあります。

ケアマネジャー(介護支援専門員)の仕事内容

仕事内容は多岐にわたりますが、主にケアプランの作成を行います。ケアプランとは、介護で解決したい問題を分析し、目標を設定することです。それに沿って介護サービスが進行されるため、介護サービスのスケジュール作成業務と考えるとわかりやすいでしょう。

その他にも、サービス利用者やその家族からの相談への対応や、要介護者として認定するかどうかの認定業務などもあります。

ケアマネジャー(介護支援専門員)の給与や年収は?

ケアマネジャーの月給は、2018年度においては常勤で平均約35万円となっています。年収にすると、おおよそ420万円です。平均基本給は約22万円、手当は約7万円、一時金(ボーナスなど)は約5万円となっており、いずれの金額も2017年度より上回っています。

パート・非常勤の平均月給は約12万円、時給にすると約1,300円です。パート・非常勤の給料も、同じく増加傾向となっています。

  • 参考:平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要(https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kaigo/jyujisya/19/dl/30gaiyou.pdf)

ケアマネジャー(介護支援専門員)に必要なスキルとは?

ケアマネジャーはさまざまな業務を請け負うため、幅広いスキルを必要とします。主なスキルを4つ見ていきましょう。


コミュニケーション能力

ケアマネジャーは、利用者とその家族の声を聞いて、ケアプランを作成します。介護で解決したい課題があったとき、どのようなケアを必要とするかは利用者によって異なるからです。そのため、コミュニケーション能力は必須となります。

また、介護を実際に行う介護職員や医師と会議をすることもあります。円滑に介護サービスを展開させるためには、介護の現場に立つ人や医師と認識に隔たりがあってはならないため、サービスの意図が的確に伝わるようにします。


事務処理能力

認定の申請書や住宅改修の理由書など、さまざまな書類を作成する事務処理能力も求められます。また、居宅介護支援事業所の中には、介護事務員がいないところもあります。その場合は、レセプトと呼ばれる介護給付費を請求する書類の作成なども、ケアマネジャーが行うことになります。


マルチタスクスキル

書類作成などの事務作業に加えて、利用者や家族、利用希望者との面接や、業者との打ち合わせなど、さまざまな業務が一度に降りかかることもあるでしょう。そのため、仕事に適切に優先順位をつけてタスク管理できるような、マルチタスクスキルも重要視されます。


多角的な視点と想像力

ケアを必要とする人の周囲にある問題に気付ける能力も必要です。特にケアプランの作成では、利用者やその家族の要望にただ従うだけでは、要介護者に自立した生活を送ってもらうという本来の目的は果たせません。要望の裏にある問題を発見し解決できるような、優れた観察眼と想像力が必要となります。

ケアマネジャー(介護支援専門員)資格とは?

ここからは、ケアマネジャーの資格の詳細を見ていきましょう。取得方法や取得メリットなどを紹介していきます。

ケアマネジャー(介護支援専門員)資格の取得方法は?

ケアマネジャーの資格を取得するためには、試験への合格が必須です。試験の受験資格は、指定業務を5年以上かつ900日以上経験することで得られます。試験に合格した後、研修を受講して修了し、ケアマネジャーとして登録され資格証の交付がなされると、ケアマネジャーとして勤務可能です。

ケアマネジャー(介護支援専門員)資格の取得メリットは?

ケアマネジャーの資格を取得すればさまざまなメリットが生まれます。以下で見ていきましょう。


キャリアアップ

前述の通り、実務未経験では受験できないので、取得難易度は比較的高めです。そのため、介護業界のキャリアにおいて、一つの到達点ともいえるでしょう。

資格を取得すれば、仕事の幅が広がるのは間違いありません。介護の現場を離れ、ケアプランの作成業務などを一任されたり、利用者の情報に基づき的確なケアサービスの調整を行ったりと、介護の司令塔としても活躍できます。


就職・転職に有利

スキルの証明になるため、一度取得してしまえば、介護業界での信用度が全体的に上がるといえます。取得難易度が高めなので、持っていれば待遇面の向上も期待できるでしょう。


ワークライフバランスがとれる

ケアマネジャーの業務は、主に日中の勤務となるので、ライフスタイルを崩さずに勤務できます。利用者数によっては忙しくなることもありますが、利用者宅への訪問などもある程度調整しながらスケジュールを組めるため、時間の融通が利くでしょう。

また、結婚や育児などによるライフステージの変化に合わせて働きやすいため、魅力的な資格と言えます。

ケアマネジャー(介護支援専門員)資格がなくなる?

「ケアマネジャー不要論」は、厚生労働省でケアマネジャーの資質の向上が議論されたことをきっかけに唱えられるようになりました。しかし、実際には廃止にするのではなく、研修内容や研修時間の見直し、国家資格化の意見があるなど、ケアマネジャーの資質を向上させる動きが見られます。

介護業界におけるその重要性を鑑みても、ケアマネジャーがすぐになくなるとは考えにくいでしょう。

ケアマネジャー(介護支援専門員)試験とは?

正式名称「介護支援専門員実務研修受講試験」、通称・ケアマネジャー試験は、毎年10月頃に年1回の頻度で実施されます。「介護支援分野」と「保健医療福祉サービス分野」からの出題で、計60問、マークシート形式(大半の都道府県で採用)による試験となっています。

それぞれの分野ごとに70%以上の正答率を獲得することが合格基準です。合格ラインは問題の難易度によって毎年調整されます。


ケアマネジャー(介護支援専門員)試験の受験資格とは?

前述の通り、指定業務に定められた期間就いていれば受験資格が得られます。具体的には、医師、歯科医師、看護師、保健師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士などの実務、または生活相談員、支援相談員、相談支援専門員などの相談援助業務を5年以上かつ900日以上経験しなければなりません。

2017年までは、介護職員初任者研修の資格を有し、かつ5年の実務経験がある場合、または資格がなくても10年以上の実務経験がある場合でも受験資格を得られましたが、2018年からは受験資格を得られる条件が狭まり、これらの場合には資格を得られなくなっています。


ケアマネジャー(介護支援専門員)試験の難易度とは?

2018年のケアマネジャー試験受験者数は4万9,332人に対し、合格者数は4,990人で、合格率は10.1%となっています。合格率をみても、ケアマネジャー試験は介護福祉系の資格の中では比較的難易度が高いといえるでしょう。

ケアマネジャー(介護支援専門員)資格の取得までの期間の目安とは?

取得のハードルが高い資格とはいえ、短期での取得も可能です。特に通信講座などでは短期での取得を目指したコースも複数あります。ユーキャンのケアマネジャー講座であれば、標準学習期間は6カ月と設定されており、無理のないスケジュールで合格を目指せます。

ケアマネジャー(介護支援専門員)試験の学習方法とは?

独学やスクールへの通学、通信講座などが学習方法として挙げられます。一定期間の実務経験が受験資格となっている以上、仕事をしながら適切なカリキュラムに沿って学習を進める方法がより効率的です。

通信講座ではカリキュラムが設定されており、独学よりモチベーションを維持しやすいといえます。通学より費用を抑えられる点もメリットといえるでしょう。

ケアマネジャー(介護支援専門員)になるには?

試験に合格すればすぐにケアマネジャーになれるわけではありません。ここからは、ケアマネジャーになるためのステップを紹介していきます。

ケアマネジャー(介護支援専門員)試験に合格

まずは、ケアマネジャー試験に合格することが最初のステップです。前述の指定業務で実務経験を積むことで受験資格を得られます。毎年1回行われる試験を受験し、合格を目指します。

介護支援専門員実務研修の受講・修了

ケアマネジャーになるには、試験に合格した後、介護支援専門員実務研修を受講し、修了する必要があります。所定の研修機関にて、講義形式と演習形式合わせて87時間の研修と居宅介護支援事業所での3日程度の実習を受けます。主な内容は、ケアプランの作成や、要介護認定するうえでの知識の習得など、ケアマネジャーとして働くためのより実践的なものです。

介護支援専門員資格登録簿への登録

研修を無事終えたら3カ月以内に、介護支援専門員資格登録簿に登録をする必要があります。各都道府県で申請先が違ったり、書類様式が異なっていたりするので、不測の事態に備えてできるだけ早めに登録しましょう。しかし、登録するだけではケアマネジャーになれません。後述の介護支援専門員証の交付を受ける必要があります。

介護支援専門員証の交付

介護支援専門員資格登録簿への登録の際、併せて介護支援専門員証の交付申請をします。申請後1カ月ほどで交付されることで、ケアマネジャーとして従事できるようになります。有効期間は5年間で、満了日までに研修を受けて更新する必要があります。

まとめ

ケアマネジャーの資格は取得難易度が比較的高いため、効率良く学習を進める必要があります。

2019年現在で7万9,490名の合格者を輩出したユーキャンのケアマネジャー講座なら、オリジナル教材「でるケアBest200」で過去の出題傾向をつかめるので、初めてでも無理なく短期合格を目指せます。また、教育訓練給付制度の対象講座なので、制度を利用すれば学費の20%が支給されます。ぜひ、受講を検討してみてはいかがでしょうか。

講座との相性を確かめよう

講座との相性を確かめよう

ケアマネジャー講座があなたに向いているのか相性診断でチェック!
80%以上の相性なら今すぐ申し込みして、人気の専門資格を手に入れよう!

今始めると、ゆとりをもって手堅く合格が狙える!

オプションサービスのご案内

ケアマネジャー(ケアマネージャー)とは、介護保険制度の中核を担う資格です。介護を必要とする方と、福祉・医療・保健のサービスとを結ぶ「架け橋」となる重要な役割を担っています。超高齢社会の今、要介護者の増加によって、ケアマネジャー(ケアマネージャー)の需要は高まっています。現在、介護福祉士や社会福祉士など介護・福祉関連の仕事に就いていて、キャリアアップを目指したい方におすすめの資格です。ケアマネの資格の取得によって、ケアプランの立案、サービスの調整、モニタリングなど、扱える業務の幅が大きく広がります。有資格者は、介護業界における就職・転職はもちろん、結婚・出産後の再就職にも有利です。
ユーキャンのケアマネージャー講座は、効率よく学べる工夫が満載。試験の出題傾向に沿ってムダなく学べるテキストに加え、特に試験に出がちな重要なポイントをコンパクトにまとめた「でるケアBest200」などの便利な副教材も充実。ケアマネジャー試験は、5肢複択でほとんどの都道府県が論文試験や実技試験がないマークシート方式を採用。解答しやすい試験と言えます。本講座で、合格のポイントをきちんと押さえながら学習を進めれば、初めてでもムリなくケアマネ試験合格を目指すことができます。働きながらでも無理なく学べるカリキュラムなので、忙しい方も安心して受講できます。

TOP