試験攻略のポイントをご紹介!

STEP1

まずはメイン教材となるテキストで基礎知識を習得!大事なところを絞っているので、ムダなく効率的に学べます。図表が豊富で、欄外には重要ポイントの解説も。初学者にもやさしいテキストです

ポイントを絞ったわかりやすいテキストで、出題されやすい重要箇所を効率よく学習!聞きなれない専門用語や複雑な知識も、やさしく理解できます。

テキストにはレッスンが一つ終わるごとに練習問題が!学習した内容をきちんと理解できているか、確認しながら進められます。

STEP2

問題集にチャレンジで解答力を養います

テキスト学習の後は「基礎力強化問題集」や「解答力養成問題集」を解いて、知識を定着させましょう。わからなかったところはテキストでもう一度復習を。反復学習で解答力を養います。

「まるごと覚える!1次試験の重要ポイント集」が学習をサポート!合格に大事な知識を1冊にまとめた、お役立ちアイテムです。

わからないところはスマホで解決

学習中わからないことがあれば「質問サービス」をご利用ください。スマホやパソコンのメールまたは郵送から質問いただければ、知識豊富な講師が丁寧にお答えいたします。どんどん質問することで理解も深まりますので、ぜひお気軽にご活用ください!

STEP3

まずは1次試験をクリア!

1次試験は毎年10月に行われます。解答しやすいマークシート方式。毎年若干変動しますが、合格ラインは総得点の70~75%といわれています。

法改正など最新情報の収集は、独学では骨の折れる作業。ユーキャンでは、法改正などの最新情報を適宜お届けしています!改正事項は資格試験でも出題されやすい傾向に。改正のポイントを押さえておくことが大切です。正確な情報を知って、ライバルに差をつけましょう!

STEP4

「資格試験問題集」で学習の総復習を!問題を徹底的に解くことで、本番試験で使える実践的なテクニックが身につきます。落ち着いて、本番試験に臨みましょう!

テキストだけでは理解しにく製図などは、パソコンやスマホから動画でチェック!目で見てパッと理解できる講義映像で、複雑な内容もスッキリ頭に入ります。「攻略ワークブック」と合わせて使えば、2次試験対策はバッチリです!

講師が力強くサポート。添削で弱点なしの状態に

全10回の添削課題にもチャレンジ。提出いただいた解答には、詳しい解説を付けてお返しします。添削課題によって、自分では気づきにくい弱点を補強や苦手な部分を克服!試験に向けて確かな実力をつけていきましょう。

  • 添削課題の返送や質問の回答には、多少お時間をいただきます。
    なお、通信料はお客様のご負担となります。
STEP5

いよいよ2次試験!

2次試験は毎年12月に開催。図面作成など解答に時間がかかる問題もあるため、講義映像や問題集を通して解答スピードを上げるコツを押さえておきましょう。

試験合格者の約4割近くは、インテリア業界にお勤めの方以外の”業界未経験者”。業界経験のない方でも、意外と取りやすい資格です。

継続サポートで安心

受講開始から直近の2次試験までが標準学習期間(8ヵ月)に満たない場合、その次の2次試験実施月まで、添削や質問など全ての指導サービスがお受けいただけます。たとえ直近の試験で不合格でも、その翌年の2次試験実施月までご利用いただけるので、安心です。

開講実績は30年以上!

ユーキャンのインテリアコーディネーター講座は、30年以上の開講実績!多くの方に支持されています。未経験の方でもやさしく学べて効率よく合格力を養える、ユーキャンならではの教材や指導サポートをぜひご確認ください。

よくある質問

学習を始めるのに、いいタイミングってありますか?

思い立ったときが始め時です!ユーキャンのインテリアコーディネーター講座なら、ご受講開始時期に合わせてあなた専用の学習スケジュールをお届けします。そちらを参考に学習していただければ、お忙しい方、初めての方でも無理なく合格が目指せます。

仕事にプライベートに活かせる人気の資格

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

インテリアコーディネーターとは、暮らしやすい住空間を創造する「住まいのスペシャリスト」です。不動産、家具やインテリア関係の仕事で働きたい方はもちろん、設計事務所、デザイン業界など、幅広い分野で知識やスキルを活かすことができます。また、有資格者は専門知識のある即戦力と見なされるため、就職・転職の際には大きな武器になる資格です。アイディアや生活感覚を生かせる仕事なので、女性も活躍しやすく、結婚・出産・子育て後の再就職にも役立つ資格です。さらに、学ぶ知識は実用的なものが多いため、お部屋の模様替えや自宅の新築・リフォームなど、実生活にも活かせます。

ユーキャンの「インテリアコーディネーター」講座では、過去の試験問題を徹底的に分析し、ポイントを絞って構成されたテキストを使用。二次試験の論文についても合否のポイントをやさしく指導します。さらに、講義映像を併用することで、文字だけではわかりづらい知識も習得でき、試験突破力により磨きをかけられます。

TOP