試験は毎月、全国で実施。
合格のチャンスがたくさん!

累計受験者は430万人を突破!

累計受験者は430万人を突破!(2019年8月31日現在)
マイクロソフト社認定の世界共通資格で約200もの国や地域で実施されています。
認定されたスキルは世界でも通用するグローバル資格です。そのため、多くの企業や教育機関で取得を推奨されている認知度バツグンの資格です。

幅広い年代に人気!オフィスワークに必須のスキル!

ビジネスに欠かせない基本スキルが身につくMOSのスペシャリスト(一般)レベルは、年代別にみると20歳以下から30代を中心に人気の資格!
受験資格の条件はなく、比較的試験の難易度も低いので、挑戦しやすさが魅力です。普段の業務での効率アップや、就職や転職の際のアピールに役立ちます。

試験はPCを操作する実技のみ

実務を証明するMOS。知識を活かして実際に手を動かせるかが問われるため、筆記試験はありません。試験会場にあるPCを使っての実技のみです。試験結果は解答後すぐにPCに表示され、合否がその場でわかります。

試験は全国で実施。チャンスはたくさん!

MOSの試験は全国のPC教室などで随時実施されています。全国一斉試験も毎月行われており、合格できそうなタイミングでいつでもチャレンジできます。

受験資格 年齢・国籍を問わずどなたでも受験できます。
試験形式 試験会場に用意されているパソコンを使っての実技試験。
【試験時間】50分
(問題はパソコンの画面上に表示され、Microsoft Officeアプリケーションソフトを使って、要求された作業を確実に行えるかを判定します。)
※MOS試験はOfficeのバージョンごとに試験範囲が異なり、受験するOfficeのバージョンと同じバージョンで学習する必要があります。
※詳細な情報はマイクロソフト オフィス スペシャリスト公式サイトでご確認ください。
受験方法
  • (1)全国一斉試験
    毎月1~2回、全国一斉に実施。原則、毎月いずれかの日曜日に実施。
  • (2)随時試験
    各パソコン教室などが随時実施。日程、会場、申込み方法は、各パソコン教室が随時指定。

※試験の申込み方法は公式サイトよりご確認ください。

試験レベル
  • ・スペシャリスト(一般)
  • ・エキスパート(上級)
受験料 10,780円または12,980円
  • 受験する科目により受験料は異なりますので、詳細は公式サイトでご確認ください。

今始めれば最短1ヵ月で合格!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)とは、PCスキルを証明する資格です。MOS資格の難易度は、「スペシャリストレベル(一般)」と「エキスパートレベル(上級)」に分かれています。スペシャリストレベルは、普段よく利用される基本的な機能が中心です。難易度は一般レベルのため、初心者でも合格を目指せます。エキスパートレベルは、組織としての文書管理やデータ集計、グループワークを意識した機能や管理を目的とした機能など、ワンランク上の生産性の高い機能が中心です。難易度はスペシャリストレベルに比べて高く、より効率的なアプリケーションの使用を目指すレベルとなります。

TOP