基本から実践的な理解まで、わずか3ヵ月。

1ヵ月目

明日から使える、傾聴の基本的な心構えやスキルを学習。

まずは、傾聴のもたらす効果や心構え、注意点などの基本からスタート! そして、あいづちと質問の技法、相手が発するサインを読み取る方法など、具体的なスキルを学んでいきます。
学んだ日から実践できるスキルや知識ばかりで、学習の効果がすぐに実感できます。

ケーススタディが満載。
実際の使い所を想像するのに便利なのがケーススタディ。
現場をイメージしながら学ぶことで、理解がぐっと深まります。

コミュニケーションのコツは、動画でも。

コミュニケーション術が通信教育で学べるか不安という方もご安心ください。傾聴の細かなコツを学べるDVD教材もセットなので、テキストだけでは分かりづらい大切なポイントも一目瞭然です。
また、DVDと同じ内容を、ユーキャン受講生専用のインターネットサービス「学びオンラインプラス」を通して、外出先でもスマホやPCからご覧いただけます。

2ヵ月目

高齢者や認知症をもつ方への理解を深め、より実践的に。

テキスト2では、スキルをより実践的に活かすための知識を学びます。相手が高齢者だからこそ気を付けたいポイントや、認知症をもつ方を傾聴する際の心構えなど、押さえておきたい知識が満載です。グループ傾聴の進め方や傾聴ボランティア活動の仕方など実際の現場を意識したレッスンも。

自身のストレスケアについても。
「聴き手」にも「話し手」にも、コミュニケーションにはストレスがつきもの。対処法などストレスについての知識も学べます。高齢者とのコミュ二ケーションが上手くいかずお悩みの方にも◎

分からないところは気軽に質問!

学習を進めているときにわからないことがあったら、そのままにせずどんどん質問をすることで理解が深まっていきます。
ユーキャンならメールなどで気軽にご質問いただけます。きちんとわかるまで、講師が丁寧にお答えいたします。

  • 質問回数に制限を設けさせていただく場合があります。
3ヵ月目

試験に向けて総まとめ!

テキストには、各レッスンの終わりに確認テストが。レッスンの振り返りとして問題を解き、知識を定着させましょう。分からないところはもう一度テキストを読み直し、試験に向けて理解を深めましょう。

WEBテストも充実!
受講生専用サイト「学びオンライン プラス」では、復習にぴったりなWEBテストが受けられます。空いた時間でサッと知識の確認が可能! 試験直前の最終チェックにもぴったりです。

学習が遅れてしまった…そんなときもご安心ください。

もし何かの都合で学習が遅れてしまっても安心してください。当講座は受講開始から6ヵ月まですべてのサポートが受けられます。
お仕事や家事、育児で忙しい方でも、ゆったり学べます。

学んだ内容はすぐに実生活で!

学んだスキルは、ご家庭、地域社会でもすぐに活かすことができます。
また、高齢者だけでなく、さまざまな世代の方に活用できるものなので、ご友人や職場でのコミュニケ-ションにも◎
実際に相手に試し実践することで傾聴の力は伸びていくので、どんどん試してみましょう。

よくある質問

1日の学習時間はどのくらいですか?

当講座の1日の学習時間は30分~でOK! これなら忙しい方でもお昼休みや通勤途中などスキマ時間で学習が進みます。また、お仕事などでなかなか時間が取れない方も、お休みの日にまとめて学習を進めれば、ムリなく合格を目指せます!

添削回数は何回ですか?

当講座の添削回数は3回。最後の1回は資格を認定する検定試験です。ご自宅で受検可能なので、試験を受けに行くのが難しいという方でも安心です。

3ヵ月で、現場で活きる実践力を習得!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

高齢者傾聴スペシャリストは、傾聴を通して高齢者の心のケアを行う資格です。コミュニケーションの中で、高齢者に安心感や充実感を与え、相手の生活や人生の質(QOL)を高めます。高齢化が加速する今、福祉・介護・医療の現場のみならず、お仕事や生活で高齢者と関わる機会がある方であれば、どなたでも活かす機会のある、時代のニーズに応えるスキルです。
当講座では、受容・共感・関心といった傾聴の基本から、認知症をもつ方を傾聴する際の心構えといった実践的な内容まで、体系的に学ぶことができます。また,注目度の高い傾聴ボランティアの活動の仕方についても学べます。ケーススタディが豊富な2冊のメインテキストに加え、DVD教材や現場で役立つ副教材も一緒にお届け。添削や質問などのサポートも充実しており、初めての方でも安心です。

TOP