より高い接客技術を証明する注目資格

おもてなしの心で、上質なサービスを。

「サービス接遇」とは、「相手に満足を提供する行動」のこと。接遇の「遇」の字には、「人をもてなす」という意味があります。
 つまり、お客様に対して必要最低限のサービスをするのが「接客」であり、お客様に寄り添い、おもてなしの心を持って接することが「接遇」です。

サービス・接客のプロフェッショナル

サービス接遇検定は、サービスに対する心構えや応対の技術、言葉遣い、立ち居振る舞いなどを学ぶ検定です。
「おもてなしの心とかたち」が育まれるとされ、多くの企業で注目されています。
業種を問わず必要とされる「顧客の気持ちを理解するため」の実務スキルや知識が身につきます。

活躍の場は広い!取得を推奨する企業も

サービス接遇検定で学習する内容は実用的なものばかり!学んだことは、普段の仕事ですぐに活かせます。ホテル、販売、美容、医療、介護など、さまざまな業界で役立ち、社員教育に活用する企業も。より良いサービスの提供で、他社との差別化をはかるため取得を推奨する企業も増えています。

持っていて損なし!日常生活にも活かせる

好感を持たれる言動や、相手の立場にたった応対など「質の高い応対」はどの分野でも必須。
企業ブランドやイメージの向上、良好な人間関係の構築にも役立ちます。
仕事にプライベートに活用できる、まさに持っていて損のない資格です。

テキストは現役の面接審査員が執筆・監修

当講座は、サービス接遇検定の面接審査員を務める保坂美鶴子先生と、ビジネス系検定対策の専門スクール・早稲田ワーキングスクールが執筆・監修。
出題傾向や間違えやすいポイントなど、合格のツボをしっかり押さえたカリキュラムをご用意。わずか4ヵ月で、3級から準1級までの3階級合格が目指せます!

監修者プロフィール

【保坂美鶴子先生プロフィール】

早稲田ワーキングスクール講師。企業内研修、接遇マナー教育、ビジネスマナー教育、秘書教育に携わる。企業ではマネジメント研修、サービス接遇研修、大学では就職試験対策講座なども担当。(公財)実務技能検定協会より、秘書検定、サービス接遇検定の準1級面接試験審査員(実施担当者)を委託されている。

よくある質問

「リテールマーケティング(販売士)検定」との違いは?

リテールマーケティング(販売士)検定では、販売・接客の技術や販売促進に向けた企画立案、在庫管理、マーケティングなどを学び、実践的な専門知識を幅広く身につけます。「販売のプロ」として、デパート・専門店・スーパーなど大規模小売店の販売員や売場責任者の方をはじめ、マーケティング力を向上させたい方にもご活用いただけます。

サービス接遇検定は、接客実務での具体的な対応方法やマナーが学べる「接客マナー系検定」。サービス業、接客業に従事する方はもちろん、金融や医療、美容など、さまざまな業界で活かすことができます。

わずか4ヵ月で3階級合格が目指せる!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

サービス業をはじめ多くの企業で差別化の一つとして重視される「顧客満足」「サービスの質」。
サービス接遇検定は、接客・サービスの際の心構え、言葉遣い、感じの良い適切な応対の仕方など、「おもてなしの心とかたち」を身につける接客マナー系の検定です。
当講座は、3級から準1級の3階級合格が目指せるカリキュラム。出題範囲が重なる3級と2級は、1冊のテキストでまとめて効率よく学習します。独学での対策が難しい準1級面接試験対策は、映像とテキストでコツをしっかり押さえられます。教材は試験を熟知した、面接審査員を務める保坂美鶴子先生と、ビジネス系検定対策の専門スクールである「早稲田ワーキングスクール」が執筆・監修。出題傾向や間違えやすいポイント、現場で活かせるコラムなども盛り込んだ、試験合格から仕事のスキルアップまで役立つ内容です。

TOP