仕事でも家庭でも。毎日の生活に活かせる資格。

“食”について正確な知識を身につけたい方

食品を扱うお仕事では、お客様から商品について説明を求められることも多くあります。栄養や健康についてはもちろん、食文化や食品学など、食に関する包括的な知識を身につけられるのが食生活アドバイザー(R)。正しく、丁寧なアドバイスができるようになり、お客様からの信頼アップにつながります。

飲食店で働いている方

食生活アドバイザー(R)の学習を通して食材に関する知識を身につければ、メニューやレシピの提案でお店に貢献することも!
衛生管理や食マーケットについても学習するので、店舗の運営・管理に関する視野も広がります。
調理師の免許を持っている場合には、安全で安心できる食材を用いて調理をつくるだけでなく、フードビジネスの戦略や展開を探りながら提案も。

家族の健康のために“食”の知識を活かしたい方

生活習慣病の予防には食卓の改善は欠かせません。健全な食生活と食習慣の大切さが見直されている現代、子どもには、安全で栄養のある食事を。
仕事などで忙しい大人には、乱れがちな食生活のバランスをととのえる食事が必要です。
栄養と健康の関係や、調理のコツや献立の工夫など、食に関するさまざまな知識を身につけ、家庭の食生活をより豊かに。

最近カラダの調子が気になる方

運動不足やカロリーの摂り過ぎによる肥満の増加、間違った知識による過度なダイエットや偏食など、毎日の食事に気を付けないと体調不良の原因に!
学習した内容を活かし、食生活を改善することで、健康的な生活が目指せます。

介護や医療のシーンで活用したい方

お年寄りや障がいを抱える方の、体力の回復や健康維持のために食事は非常に重要。
医療や介護・福祉の現場では、おいしい食事はもちろん、衛生面にも注意しなければなりません。食の安全に関する知識を身につけることで、より質の高いサービスを目指せます。

学んだ知識を食育の分野で活かしたい方

内閣府は国民が生涯にわたって健康であるために食育を推進することを宣言しています。食の重要性を次世代に伝えることは国として重要視されています。
食事を楽しむためのマナー教育や、食を取り巻く環境についての教育など、児童・生徒に対する指導のために必要な知識・教養が身につきます。

よくある質問

食生活アドバイザー(R)はどんな仕事で活かせますか?

食生活アドバイザー(R)は食に関する幅広い知識を身につけた食のスペシャリストです! その活躍の幅は広く、食品メーカーや食品売り場、飲食店や医療・福祉の現場など、食に関するあらゆる分野で知識が活かせます。

食生活アドバイザー(R)と他の食に関する資格の違いは何ですか?

食生活アドバイザー(R)は試験範囲が広く、食全般の知識について学習するのが特徴です。また、試験には制限がなく、どなたでも受験が可能です。
食に関する知識の幅を広げ、実生活やお仕事に活かせるオススメの資格です。

4ヵ月の短期速習!2・3級のダブル合格が狙える!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

食生活アドバイザー(R)は食生活全般に関する広い知識を持った食のスペシャリスト。 あらゆる角度から適切な指導・助言を行い、食生活の改善を手助けします。ユーキャンの食生活アドバイザー(R)(2・3級)合格指導講座は試験実施団体の公認講座。公式テキストに準拠した教材で、効率よく試験合格に必要な知識が身につきます。メインテキストはたったの2冊で、図表やイラストを豊富に掲載し、はじめて学習する方にもわかりやすいように工夫が満載! 実践力を養う問題集や、コンパクトサイズで持ち歩きしやすく、スキマ時間に学習できるポイントBOOKなど、副教材もご用意しました。

TOP