土木建設業界で重宝される国家資格

あらゆる土木建設の現場で求められる存在

土木施工管理技士は、土木関係の分野で大変重要視される資格の一つ。土木工事には、河川、港湾、道路、鉄道、上下水道工事など、私たちの社会生活に欠かせない公共施設に関連するものが多数。そのため、土木施工管理技士の活躍の舞台は幅広く、あらゆる土木建設の場で力を発揮できます!

主任技術者として活躍!昇進・昇格の可能性も

土木施工管理技士の主な仕事は、建設工事が安全かつ円滑に進行するよう、土木現場で働くさまざまな業者を統括すること。
土木施工管理技士には1級と2級があり、2級では作業工程ごとの責任者である「主任技術者」になることが可能!より責任ある仕事を任されることになり、昇進・昇給にもつながりやすくなります。

就職や転職の切り札に

建設業を開業する場合、専任の技術者として土木施工管理技士か、それと同等の者を各営業所に置くことが義務づけられています。
そのため、有資格者は企業から重宝される存在に!業界で評価の高い資格として、就職や転職でも大きな武器になります。

有資格者が大幅不足の今がチャンス!

土木工事の大型化や機械化に伴い、土木施工管理技士の仕事はどんどん増え続けています。
しかし、業界ではまだまだ有資格者の人数が不足しているのが現状。有資格者が足りない今が資格取得のチャンスです!

1級取得の足がかりにも

2級取得を足がかりに、現場責任者である「監理技術者」として活躍できる1級の資格取得を目指すことも!
当講座では、1級の資格を目指す方にも役に立つ知識を集約。土木施工の見識を深めたい方や、幅広い知識を習得したい方にもぴったりです。

CHECK!

1級土木施工管理技士との違いは?

元請として4,000万円以上を下請させたときは、元請から下請の現場に派遣する技術者(=監理技術者)は1級の有資格者でなければなりません。
ユーキャンでは、1級土木施工管理技士試験の合格指導講座もご用意しています。

効率学習が叶うテキスト!6ヵ月で合格へ

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

土木施工管理技士とは、土木関係の分野で大変重要視される資格の一つで、昇給・昇進に直結しやすい資格として知られています。2級の有資格者は、河川、港湾、道路、鉄道、上下水道工事など、土木工事を伴う公共工事の現場で、作業工程の責任者として活躍することが可能です。
土木施工の分野で深い技能を習得したい方におすすめなのが、ユーキャンの「2級 土木施工管理技士」講座。講座では、難しい土木関係の専門用語や計算式などをわかりやすく解説。初めての方でも、一からムリなく専門知識を深めていくことができるはずです。また、将来的には管理技術者として活躍できる1級の資格を目指す方にも必ず役に立つ知識が集約されているので、土木施工の見識を深めたい方や、幅広い知識を習得したい方にぴったりの内容です。

TOP