調剤薬局事務

調剤薬局事務とは

受講お申込み

手軽に目指せる人気の専門技能!

調剤薬局事務は、“手に職”系の仕事でありながら難易度が比較的低く、資格の取りやすさが人気!

職場が豊富で、働く時間も融通が利くので、家事や育児と両立しやすいお仕事です。プライベートを大事にしながら仕事をしたい方には特におすすめです。

こんなお仕事がまっています。

調剤薬局事務の主なお仕事は、「窓口業務」、「レセプト業務」、「会計業務」の3つです。

主なお仕事は、「窓口業務」、「レセプト業務」、「会計業務」の3つ

薬局にいらした方の窓口となる調剤薬局事務員。処方せんを受け取り、保険証やお薬手帳を確認して薬剤師に処方せんを渡します。

最後に会計をして、お見送りまでをおこなう調剤薬局の顔とも言えるお仕事です。

薬剤師が調剤したお薬の調剤報酬明細書(レセプト)を作成する業務もあります。レセプトは調剤報酬の請求に必要な書類。
内容に不備があると戻されるため、正確に、かつ素早く仕上げることが求められます。

お薬の会計をするのも、調剤薬局事務のお仕事
調剤した薬剤師の技術料、薬剤料などの費用から、健康保険組合など保険者への請求金額を差し引き、患者さんの負担分を計算。
会計をして、領収書も発行します。

ニーズはどんどん上昇中!

調剤薬局での処方せんの受付枚数は年々増加しています。超高齢社会の今、薬の需要は高まる一方。

ジェネリック医薬品など品目も増える中、薬剤師が調剤に集中できるように、事務を担う人材が求められています

医療分業が定着してきています。

次のページ:資格のミリョク

コンシェルジュに質問する