働く場所も活躍の仕方も、人それぞれ。

高齢者福祉の現場で

特別養護老人ホームでは、入所の受け入れや入所者からの相談を受けるのが、社会福祉士の主な仕事です。
また、地域包括支援センターは、社会福祉士を置くことが法律で定められた場所。地域の高齢者の実態を把握し、相談支援を行います。

児童福祉の現場で

子ども達への支援も、社会福祉士の仕事です。児童福祉施設では、指導員として生活などを指導。スクールソーシャルワーカーとして子どもや保護者への面接、教職員と保護者間の調整を行う社会福祉士もいます。

障害者福祉、保健医療分野で

身体に障害を持つ方のための施設では、障害者の生活指導や職業訓練サポート。
保健医療機関では、社会福祉の立場から患者さんやご家族の方の問題解決をはかり、社会復帰を支援する業務も行います。

社会福祉施設長になる道も。

特別養護老人ホームなど、社会福祉施設の長になるには、自治体によりさまざまな基準が設けられています。
専門知識を持つ社会福祉士は、国から認められた資格。多くの自治体が施設長になる要件の一つとして挙げています。

行政機関や民間企業でも

児童相談所や福祉事務所などの行政機関や、福祉用具を扱う民間企業で働く社会福祉士も。
診療報酬点数のなかには社会福祉士が請求できるものもあるため、保健医療の現場で働くこともできます。

マトを絞った教材で、効率よく合格を目指せる!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

福祉福祉サービスの専門家として、老人ホームや在宅ケアなどの分野で活躍したい方におすすめの資格が「社会福祉士」。社会福祉士の仕事は社会福祉援助(ソーシャルワーク)と呼ばれ、①障害や病気などの理由により福祉サービスを必要とする人々からの相談を受け、②他の福祉サービスの提供者・医療機関と連携し、③相談者の自立に向け、専門的な知識と技術で的確な助言や指導、その他の援助を行います。

社会福祉士の仕事である「社会福祉援助」
ユーキャンの「社会福祉士」講座では、幅広い試験範囲から対策ポイントをしっかり押さえたテキストで、効率よく学習を進められます。初歩から丁寧に解説していますので、初めて学ぶ方も安心です。

TOP