1冊徹底主義に対応したメインテキスト

参考書や六法全書など用意する必要ありません。

本テキストは繰り返し学習することで、合格に必要な知識が身につけられるように作成されています。
知識の穴埋めや弱点克服のために別の参考書を用意する必要はございません。
1冊ずつテキストを理解していく「1冊徹底主義」で、身についていく知識を楽しみましょう。

目次だけで重要度が早わかり!

レッスンごとに重要度と頻出度が記載されているので、学習に取り組む前からインプットの準備ができます。
優先順位を付けた効率的な学習が、目次から始まります。レッスン内ではさらに詳しく、文中の重要項目(見出し)まで紹介。

ノートに書き写す必要がありません。

学習の際、ノートに要点を整理してポイントを押さえたオリジナルノートを作成するといった経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。押さえるべきポイントのまとめ、用語のメモ、関連事項の補足まで、必要な要素を無駄なくまとめたテキストなら、ノートを作成する必要もございません。

計画が立てやすいテキストになっていましたね

まず、最初に大きなテーマが書いてあって、その章では大体こういうことを学ぶのかと、勉強する概要がわかるようになっていたところがよかったです。そして、内容に入って行くと1番・2番とか見やすくて、その項目が小さくまとまっていた点もやりやすかったです。5分あるからここだけ読もうとか、時間が余っても今日はここまでとか、自分で調整ができて、計画が立てやすいテキストになっているなと思いましたね。

知識定着のための穴うめチェック

効率化されたテキストは、ノートに書いて覚える作業にも対応。レッスンの終わりの穴うめチェックで、学習内容の確認作業をスムーズに行えます。

赤字・太字で基本事項をナビゲート

レッスン内の赤字や太字は、押さえるべき基本事項です。2色のテキストが、強弱をより際立たせ、読み進める中で意識的に基本項目を押さえるナビゲートをします。

すべてを覚える必要なし

テキストを全て覚えることを目的としない、あくまで効率的な学習のためのテキストですので、レッスンの中ではこんなアドバイスも。「まず確認」での概要理解をはじめ、必要な項目から覚えられるように設計され、余剰知識を防ぎます。

段階的に知識が得られました

ユーキャンのテキストは本文の部分と欄外の部分が分かれています。内容を長文で書かれている仕組みではないので、一度本文をちゃんと読んでから欄外を読むと段階的に知識が得られることで頭に入りやすかったです。

今始めると、ゆとりをもって手堅く合格が狙える!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

オプションサービスのご案内

社会保険労務士(社労士)は、労働問題や年金問題、社会保険のエキスパート。社労士試験には、受験資格があります。次の代表的な受験資格のいずれかを満たす必要があります。まずは学歴です。1)大学、短大、高専(高等専門学校)を卒業した方、2)4年制大学で、一般教養科目の勉強を終了した方、3)4年制大学で、62単位以上を修得した方、4)修業年限が2年以上、ならびに、課程修了に必要とされる総授業時間数が1,700時間以上の専修学校において専門課程を修了した方と定められています。実務経験における主な要件は、「法人の役員または従業員(いずれも常勤)として、通算3年以上事務に従事した方」です。厚生労働大臣が認める国家試験の合格者にも受験資格が与えられます。

TOP