• 公開日:2020/06/09

超難関といわれている司法書士試験の合格を目指すとき、まず考えるのがどのような方法で学習すればいいのかということです。独学でも合格できるのか気になる人も多いでしょう。

本記事では、司法書士試験の合格を独学で目指す際のポイントや独学のメリット・デメリットを詳しく紹介します。ぜひ、学習方法を決める参考にしてみてください。

司法書士とは?

司法書士は、不動産登記や会社設立などの商業・法人の登記などを主な業務としています。成年後見事務や供託手続き、遺言書作成・相続のアドバイス、法律相談なども行う専門職です。法律の面から人々の財産と権利を守ります。

法務局大臣から認定を受けた認定司法書士は、簡易裁判所における代理業務・裁判事務も行えます。国家資格を指して単に司法書士と呼ぶこともあります。

司法書士になるには?

司法書士になる一般的な方法は、国家試験である司法書士試験に合格することです。司法書士試験には筆記試験と、筆記試験合格者を対象にした面接方式の口述試験があります。

出題数が多い主要な試験科目は、「民法」「不動産登記法」「商法(会社法)」「商業登記法」です。そのほか、「憲法」「刑法」「民事訴訟法」「民事執行法」「民事保全法」「司法書士法」「供託法」があります。

司法書士試験の受験資格は?

司法書士試験は有能な法律家を合格させる方針で実施されており、国籍・年齢・性別・学歴は一切問われません。試験に合格すれば、誰でも司法書士になることができます。

司法書士試験の難易度は?

司法書士試験の合格率は例年3~4%台です。難易度の高い国家試験といえるでしょう。合格率は筆記試験の合格率とほぼ一致します。口述試験は1人につき15分程度の面接形式で、難易度は低いといえます。

筆記試験では超えなければならない基準点があります。基準点は例年、筆記試験実施後に発表され、正答率6~8割程度の範囲で変動するのが特徴です。司法書士試験は合格者の数が決まっている相対評価方式なので、この基準点が関門の役割を果たします。基準点をクリアした人の中で成績上位者のみが合格となります。

司法書士の給料はどのくらい?

日本司法書士会連合会による「司法書士実態調査」から集計した結果では、平均年収は約681万円でした。実績や勤務先、地方か都市部かなどの条件によって年収に差があります。たとえば、企業勤務の司法書士では平均年収250万~700万円で、企業規模が大きいほど年収が高くなる傾向があります。また、独立・開業した司法書士の場合は平均年収500万円、一方で2,000万円以上稼ぐ人もいるなど、個人差が大きいのが特徴です。

  • 参考:日本司法書士会連合会の司法書士実態調査(https://www.shiho-shoshi.or.jp/cms/wp-content/uploads/2019/12/dc126f7cffa47b96f0b38e8fcf2a83fe.pdf)


司法書士試験は独学でも合格可能?

司法書士試験に独学で合格する人は多くありませんが、不可能ではありません。ただし、難易度が高い国家試験なので、相当の努力が必要になります。実際に、短期間学習してみて、独学が自分に合っているか、合格する見込みはありそうかなどを検討してみてもいいでしょう。

司法書士試験の合格を独学で目指すメリット

独学にもメリットがあります。ここでは、司法書士試験の合格を独学で目指すメリットを紹介します。

コストがかからない

テキスト代を除けばコストがかからないのは、独学のメリットのひとつです。資格スクールやセミナーなどの通学講座に通うと、かなりの費用がかかる場合も多いです。また、場所によっては交通費も発生します。若い方などコストをあまりかけたくない場合には、独学がおすすめです。

自分のペースで学習することができる

理解度に合わせて自分のペースで学習を進められるのも独学のメリットです。スケジュールが決まっている通学講座などでは、理解が遅れると落ちこぼれてしまう可能性がありますが、独学では自分の弱点にじっくり取り組めます。また、主婦などまとまった時間や決まった時間を取りづらい方にも独学がおすすめです。

仕事との両立をしやすい

社会人になってから司法書士を目指す場合、仕事が忙しいなどの理由で通学講座に通えないことも多いでしょう。その点、独学なら自宅で取り組めるうえ学習時間も柔軟に変更できるので、仕事と学習の両立をしやすい面があります。ただし、難易度が高く学習範囲も広い試験ですので、長期的な学習計画をしっかりと立てておくことが重要です。

司法書士試験の合格を独学で目指すデメリット

独学で司法書士試験の合格を目指す場合には注意しておきたい点もあります。

最新の法改正への対応が難しい

独学の場合、自分でテキストを揃えることから始めなければなりません。毎年のように法改正が行われるため、市販のテキストでは最新情報に対応していない場合もあるので注意が必要です。個人で最新の法改正に対応した情報を選ぶことはとても大変で、時間もかかるでしょう。

出題傾向の変化などに対応するのも難しいです。できれば、最新情報の配信を受けられる手段やサービスを別に持っていたほうがいいでしょう。

効率よく学習することが難しい

司法書士試験は全部で11科目と広範囲にわたっているので、効率的に学習することが必要です。特に、問題数と配点が多く主要科目といわれる民法・不動産登記法・商法(会社法)・商業登記法をいかに効率的に学習するかが、合格のポイントといわれています。

独学の場合、学習量の配分やスケジューリングを自分でしなければなりません。過去に試験を受けた経験がある方でない限り、効率的な学習計画を自分で立てるのは難しいことです。

モチベーションを保ちづらい

独学では、長期間の学習計画のなかでモチベーションを保ちながら学習するのが難しいといえます。通常は1年以上学習を続けることになるので、ときには自分が成長しているのかわからなくなることもあるでしょう。理解できない内容が出てきて行き詰まってしまうこともあるかもしれません。独学は挫折してしまうリスクが高いので、自分を律してコツコツ学習する力が必要です。

司法書士試験の合格を独学で目指す際のポイントとは?

ここでは、司法書士試験の合格を独学で目指すために重要なポイントを2つ紹介します。

学習計画をしっかりと立てる

司法書士試験は、司法試験と匹敵する難易度ともいわれている試験です。学習時間は通常3,000時間前後、短い人でも2,000時間ほど必要だといわれています。2,000時間を1年で確保しようとすれば1日あたり5~6時間となるので、仕事が忙しい社会人のなかにはは難しい人も多いでしょう。年単位の長期的な学習計画を立てる必要があります。

学習計画で重要なのは科目ごとの学習時間の配分です。科目数が多いので、出題量が多い主要科目を重点的に学習するなどの工夫しましょう。

模試を受けて、理解度を確認する

独学の場合、学習の進捗具合が分からなくなることもあります。ある程度学習が進んだ段階で、模試を受けてみるのがおすすめです。模試の結果を見れば、現在の自分の実力が客観的にわかるでしょう。また、試験の雰囲気をつかめるのもメリットといえます。

ただし、試験直前に受ける模試はあまり結果を意識しないことが大切です。動揺したり慢心したりするなど、よくない影響が出ないように気を付けましょう。

どんな人が、独学に向いている?

メリットもデメリットもあるのが独学です。どのような人が独学に向いているのでしょうか。

学習のスケジューリングと実行が得意な人

独学には学習計画をしっかり立て、実行する力が必要です。どの時期までにどこまで終わらせるか、模擬試験の結果を分析して学習計画をどのように変更するかなど、しっかり自分をコントロールできる人が独学に向いています。

テキストの重要ポイントを自力で理解できる人

独学は基本的に一方通行の学習といえます。講師に質問することはできません。また、市販の参考書は知識を網羅的に記述しているだけのものも多く、理解をサポートしてくれる工夫が乏しいといえます。

そのため、テキストを自力で理解して重要ポイントをまとめることが重要です。これができる方は通学講座や通信教育などを活用しなくても、スピーディに学習を進められる可能性があります。しかし、市販のテキストだけで効率的に学習をすることは非常に難易度が高く、実践できる人は多くはないでしょう。

独学以外に司法書士を目指す方法は?

司法書士試験の合格を独学で目指す人は少数派といえます。ここでは独学以外の代表的な方法である通学講座と通信教育について紹介します。

通学講座

通学講座に通うメリットの一つは、効率的に学習できるようにスケジュール管理をしてもらえることです。自分で学習計画を立てるのが苦手な方におすすめの方法といえます。同じ目標を持つ仲間ができるのもメリットです。

一方で、社会人向けに夜間に開校しているところもありますが、急な残業などで通えないことがあった場合に困るため、多忙な方にはあまり向きません。また、費用が高額な場合も多いです。メリットとデメリットを比較すると通学講座はあまりおすすめできません。おすすめは通信教育です。

通信教育

通信教育は独学より費用はかかります。しかし、デメリットはこの程度であり、メリットのほうが大きく上回ります。まず、空き時間を利用して学習できるため、仕事が忙しい社会人、家事や子育てに忙しい主婦も取り組みやすいといえます。

スケジュールを組み、自分のペースで学習できるのもメリットです。独学と違い、テキストや内容ごとに学習時間の目安が示されているのでスケジューリングが苦手な人も安心です。 また、テキスト選びからしなければならない独学と違い、ポイントを押さえたテキストを初めから利用できます。疑問を解決できるサポートがあるので学習につまずきにくく、モチベーションも保ちやすいのも独学と違う点です。

まとめ

司法書士になるには、難易度の高い国家試験に合格する必要があります。独学にもメリットはありますが、効率的な学習をするには通信教育がおすすめです。

司法書士を最短ルートで目指すなら、ユーキャンの司法書士講座がおすすめです。市販の本にはない使い勝手のいい教材、過去問題集から分析された試験によく出る問題集で合格力を育てます。全11回の添削、メール・郵便による質問、法改正などの有益な情報配信サービスもあるので、初学者でも安心して学習を続けられます。

講座との相性を確かめよう

講座との相性を確かめよう

司法書士講座があなたに向いているのか相性診断でチェック!
80%以上の相性なら今すぐ申し込みして、人気の専門資格を手に入れよう!

今始めると、ゆとりをもって手堅く合格が狙える!

司法書士は、身近な街の法律家として活躍できる、今後ますます注目される存在。難関な国家資格として知られていますが、努力次第で高収入・高ニーズが望め、社会的ステータスも非常に高い点が魅力です。
資格取得後は、不動産の登記・商業登記などの業務のほか、簡易裁判所における代理・裁判事務、遺言・相続に関する助言、成年後見業務などの業務に携わることができます。最近ではインターネットでの営業も可能なので、自宅を事務所に比較的低資金で開業できるのも魅力です。
社会からの評価も高く、独立・開業はもちろん、企業の法務部に即戦力として採用されるなど、就職・転職でも大きな武器に! 高い専門性を活かして性別や年齢に関係なく活躍できる仕事なので、近年は女性の有資格者も増加中です。
ユーキャンの「司法書士」講座では、あなたの合格を力強くバックアップ! 過去問題の傾向を把握したうえで、法律用語やロジックをわかりやすく丁寧に解説するので、はじめての方でも無理なく合格力を養成します。

TOP