電気工事士(第一種)

第一種電気工事士とは

資料請求(無料)

安全で快適な暮らしを守る電気工事のプロ

電気工事士は、この世の中にある電気を安全かつ快適に使うため、日々電気に関する工事や管理を行っており、なくてはならない大切な職業。
中でも、第一種電気工事士は、一般用電気工作物及び自家用電気工作物(最大電力500kW 未満の需要設備に限る)の作業に従事することができます

第二種電気工事士よりも仕事の幅が広がる

第二種は、一般住宅やコンビニなど低圧(600V 以下)で受電している一般用電気工作物の電気工事を行うことができます。第一種はそれに加え、ビルや工場など高圧以上で受電している自家用電気工作物のうち、最大電力500kW 未満の需要設備の電気工事が行えるので、第二種よりも従事できる仕事の範囲がより広くなります

就職・転職に有利!資格手当による収入アップも期待!

第一種電気工事士は、工場やビル、大規模な商業施設など、工事できる範囲が広いためニーズが高く、就職・転職に大きな力となります。また、企業によっては資格手当が付くこともあるので、収入アップが期待できます

電験三種へのステップアップの足掛かりに

第一種電気工事士の出題範囲の一部は、難関と言われる「電験三種」の出題範囲が含まれています。
なので、電験三種の取得を目指す方には、第一種電気工事士の受験が近道となります。

ニーズが高く、独立の道も開ける!

近年、風力発電や太陽光発電など、自然エネルギーへの注目が高まっています。
実務経験を積めば、太陽光パネルの設置などを請け負う街の電気屋さんや、市役所や官公庁といった公共施設の電気工事などを行う電気工事士として、独立開業の道も広がります。

次ページ 資格試験ガイド