UCC匠の珈琲

おいしいコーヒーとは

資料請求(無料)

知れば知るほど奥深い世界

ちょっとしたコツと気配りで、とっておきの一杯を。

コーヒーは、豆の状態や挽き方、お湯の注ぎ方などで味が変わる繊細な飲みもの
苦みが強すぎたり、豆の味の違いがはっきり出ないなど、自分でいれたコーヒーがおいしくないと感じてしまうのは、正しいいれ方が身についていないからかもしれません。
正しいいれ方を基本から学び、練習を重ねれば、あなたのコーヒーの味は劇的においしくなります


豆の状態に気を配ることが大切です。

おいしいコーヒーには豆の質や新鮮さが大切。鮮度の落ちた古い豆だと味が悪くなってしまいます。
また、コーヒーのおいしい成分を上手く抽出するには、豆の挽き方にも気を配ります。


挽き方の種類について

コーヒーは豆の挽き方によっていれたときの風味が変わってきます。抽出に使う器具に合わせて豆の挽き方を変えることで、豆本来の味がきちんと出た深い味わいが楽しめます。

気になる挽き方をクリックしてください。粒の特徴と適した抽出方法の説明が見られます。

  • 粗挽き

    ザラメ糖の中間くらいの粒度。パーコレーター向き。 閉じる

  • 中挽き

    グラニュー糖とザラメ糖の中間くらいの粒度。サイフォンやネルドリップ向き。 閉じる

  • 中細挽き

    グラニュー糖くらいの粒度。ペーパードリップやコーヒーメーカー向き。 閉じる

  • 細挽き

    上白糖とグラニュー糖の中間くらいの粒度。ウォータードリップ向き。 閉じる

  • 極細挽き

    上白糖くらいの粒度。苦味や渋味が強調されるので、エスプレッソに最適。 閉じる


抽出の仕方が味の決め手に。

抽出とはコーヒーの粉から成分を抜き出すこと。コーヒーの味を決める最大のポイントです。
大切なのは「おいしい」成分だけを上手に抽出すること。お湯の温度や蒸らしの時間、お湯をかけるスピードやタイミングなどで味が大きく変わります。
まずは基本となるペーパードリップを身につけ、自分好みの味を見つけましょう。


コーヒーを飲むシーンに合わせた演出も大事。

どんなときに誰と飲むかでいれるコーヒー豆の種類やいれ方を変えてみることもコーヒーの楽しみ方のひとつです。
シチュエーションに合わせたコーヒーのいれ方やおもてなしを考え、演出してみるのもおすすめです。


ユーキャンなら、プロの技が学べます!

ユーキャンの「UCC匠の珈琲講座」は、UCCコーヒーアカデミーの全面協力によって誕生した講座。
国内外のコーヒーの抽出競技大会優勝者や、コーヒーのスペシャリストを育成しているアカデミーのノウハウをもとに、通信教育専用の特別カリキュラムを構築。コーヒーの基本的な知識から本格的な抽出テクニックまで、ご自宅で身につけられます。

当講座でコーヒーの知識やプロのテクニックを習得していただくことで、「いつもの一杯」が「至福の一杯」へと変わります。

講座の特長

資料請求

分割払い

月々5,800円×12
(税込み・送料当社負担)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申込み