医療事務

医療事務コラム

受講お申込み

医療事務の資格でどんな業務ができる?医療事務の仕事内容

大都市圏、地方問わず比較的求人募集の多い医療事務の仕事は、特に女性に人気があります。
しかし、医療事務の仕事に就きたいとは思っていても、医療事務の仕事内容について実はよく知らないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、医療事務の実際の業務をイメージできるよう、医療事務の仕事内容についてご紹介します。

医療事務の仕事内容には、どんな業務があるの?

医療事務を、単に「病院で働く一般事務」のように思われている方は多いかもしれません。しかし、医療事務の仕事内容は一般事務とは少し異なります。
医療事務の仕事内容は、大きく以下の3つに分けられます。

【1】受付業務
【2】会計業務
【3】請求業務

この3つ以外にも、書類の整理整頓や電話応対など、病院の雑務をこなす必要があります。
それでは、医療事務の3つの業務について細かく見ていきましょう。

医療事務の仕事内容を知ろう〜受付業務〜

患者さんが来院したら、まず診察券や保険証を確認し、診察室まで案内します。これが「受付業務」です。単純な作業のように思えますが、重要な確認事項がたくさんあります。

初診の患者さんであれば、預かった保険証をもとに新しくカルテを作成します。再診の患者さんであれば既存のカルテを準備し、保険に変更がないことを確認します。

また、保険とは別に、国や市町村から医療費の補助を受けている方もいます。子どもや高齢者、障害のある方などは、それぞれの制度に応じて医療費の補助を受けていることがあります。会計や請求業務に反映させるために、それらの制度を利用している方かどうかの確認が必要です。

会計や請求業務に必要な事項を確認し、準備ができたらカルテを診察室へ回します。ここまでの仕事内容が、医療事務における一般的な受付業務です。

医療事務の仕事内容を知ろう〜会計業務〜

診察が終わると、カルテが診察室から受付へと戻ってきます。戻ってきたカルテから診療内容を確認し、金額を計算して会計を行います。これが「会計業務」です。

保険診療の場合、医療費は国が定めた「診療報酬」という規則で決められています。カルテに書いてある全ての診療内容に対し、診療報酬の細かな基準に則ってひとつひとつ金額を積み上げていきます。

医療事務の仕事内容を知ろう〜請求業務〜

保険証を持っていれば、患者さんは会計で自己負担分(1〜3割)のみを支払います。では残りの分はどうするのかというと、国民健康保険団体連合会(国保連)に対して毎月請求します。この請求に必要な請求書の作成と、請求書を送付する業務が「請求業務」です。

会計業務と同じく、請求書も診療報酬や国が定めるさまざまな基準に従って作成します。毎月、その月に来院した全ての患者さんに対して個々に作成。患者さんの個人情報や保険の情報、その月に行った医療行為を細かく記載していきます。

最近ではレセプトコンピュータと呼ばれるパソコンで作成するのが一般的です。手書きで作成する必要がないため、誤字や脱字も簡単に修正可能です。

おわりに

医療事務の仕事内容は、一般事務よりも人とコミュニケーションを取る機会が多いという特徴があります。1日中パソコンに向かうのではなく、患者さんとのコミュニケーションを楽しみながら仕事ができる医療事務は、一般事務にはない魅力を持っているといえるでしょうまた、患者さんとうまくコミュニケーションが取れれば、業務のスムーズな進行はもちろん、勤務する医療機関のイメージアップにも役立ちます。
患者さんとの良好な関係を築くためには、接遇やマナーの知識が大変役に立ちます。医療事務資格の中には接遇やマナーを重視した資格があるため、まずはそのような基礎的な知識を身につけられる資格の取得を目指してはいかがでしょうか。

この記事内の情報は、2016年9月時点のものです

ユーキャンの医療事務講座について

ユーキャンの医療事務講座は、わずか4ヵ月の短期速習カリキュラム。2016年11月に、より分かりやすい内容に生まれ変わりました。
テキストは図表やイラストが豊富で、初めての方でも、家事・育児でお忙しい方でも安心して学べます。
また、ユーキャンの医療事務講座なら在宅受験が可能。おうちにいながら資格合格が目指せます。講座の詳細やカリキュラムを、ぜひ案内資料でご覧ください。

医療事務講座の詳細はこちら

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細