ケアマネージャー

ケアマネコラム

ケアマネージャーの就職先はどんな所?求人情報の探し方、給料もチェック

ケアマネージャー(介護支援専門員)の仕事に興味をお持ちの方は、その活躍の場が気になるのではないでしょうか。ケアマネージャーは、居宅介護支援事業所(在宅介護を必要とする方のケアプラン作成や支援を行う事業所)などで働く「居宅ケアマネ」と、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)などで働く「施設ケアマネ」に分かれます。今回は2つの職場の違いや求人情報の探し方、給料についてご紹介します。

【居宅ケアマネ】事業所の形態や規模をチェック

居宅介護支援事業所などで働くケアマネージャーは、「居宅ケアマネ」と呼ばれています。彼らは、自宅で暮らす利用者のお宅への訪問介護(ホームヘルパー派遣。身体介護や生活援助をする)の依頼やケアプラン作成、自宅で暮らしながらも日帰りで介護施設に通う利用者に対する通所介護(デイサービス。食事や入浴などの介護を提供)の紹介など、サービス事業者との調整を行います。

居宅介護支援事業所で働く際には、職場選びで注意したいポイントが2つあります。

1つ目は、他のサービス事業所が併設されているかどうかです。居宅介護支援事業所に訪問介護や通所介護の事業所が併設されている場合、訪問介護や通所介護のヘルパーとの人間関係構築が重要になってきます。

2つ目のポイントは、事業所の規模です。大規模な事業所は多くのケアマネージャーを抱えています。先輩ケアマネージャーから学びながら働けるため、初めてケアマネージャーとして勤める方におすすめです。一方、小規模な事業所はケアマネージャーの数も少ないので、アットホームな雰囲気を好む方に向いています。

【施設ケアマネ】施設によって業務内容が違う

特別養護老人ホームなどの施設で働くケアマネージャーは、主に入所者のケアプランの作成などを担当します。居宅ケアマネのように、訪問介護の依頼や通所介護の紹介などの調整業務は不要です。これだけ見れば、施設ケアマネは居宅ケアマネと比較して業務量が少なく感じるかもしれません。しかし実際は、利用者の送迎や施設行事への参加など、ケアマネジメント以外の業務を受け持つこともあり、居宅ケアマネと同様に多くの役割があります。施設ケアマネは勤務する施設によって業務が異なるため、事前によく確認しましょう。

ケアマネージャーの求人情報の探し方

新聞の折り込み広告にケアマネージャーの求人が掲載されることもありますが、一番効率良く求人情報を探す方法は、介護職を専門的に取り扱っている求人情報サイトを利用することです。求人情報数が多く、給料などの条件も比較できるため、迷っている方はぜひ活用してみましょう。

ケアマネージャーの給料は?

ケアマネージャーの給料の相場はエリアや事業所などによって異なりますが、月額基本給は平均22万円前後です。この22万円に残業手当や資格手当、調整手当などが加算され、月額給与23〜26万円で働いている方が多いといわれています。

これは他の介護職の給料と比べると高い額ですが、ケアマネージャーは夜勤がないため、夜勤が多い介護職と比べると低い場合があります。もしケアマネージャーとしてより高い給料を望むのであれば、経験を積んで主任介護支援専門員などの上級資格を取得するのがおすすめです。

おわりに

ケアマネージャーは介護保険に関する専門資格であり、働く場所も多岐にわたります。ここでは在宅介護と施設介護という働く場所で分けてご説明しましたが、今後はさらに働く場所が拡大していくことでしょう。

現在の仕事からステップアップしたい方やケアマネージャーの仕事に興味がある方は、ぜひ資格取得を前向きに検討されることをおすすめします。上級資格や関連資格を取れば、給料アップも目指せます。給料の相場は地域によって異なるため、ハローワークや求人情報サイトを活用して自身の希望に合った職場を見つけてください。

この記事内の情報は、2016年9月時点のものです

ユーキャンのケアマネージャー(ケアマネ)講座について

当講座は、ほとんどの受講生が働きながら資格取得を目指して学習しています。そのため、少ない労力で効率よく、着実に合格力をつけられる工夫をこらしました。1レッスンは数ページ程度。まとまった学習時間がとれない方でも大丈夫です。独学ではつかみづらい法改正や時事問題など、合格に欠かせない重要ポイントも会報でお知らせします。

ケアマネージャー(ケアマネ)講座の詳細はこちら

カリキュラムを見たい方は、資料請求(無料)!

資料請求(無料)