ケアマネージャー

ケアマネコラム

ケアマネージャー(ケアマネ)試験の合格率は?試験対策&勉強方法

ケアマネージャー試験(介護支援専門員実務研修受講試験)は、福祉や医療関連分野の国家資格を保有したうえで、5年以上の業務経験がある方が受験できる試験です。ステップアップや知識向上のために受験される方が多く、取得すれば活躍の場が広がります。今回はケアマネージャー試験の試験対策や難易度、勉強方法などについてご紹介します。

ケアマネージャー試験の合格率と難易度

第1回(平成10年度)のケアマネージャー試験の合格率は44.1%でした。しかし回を重ねるごとに合格率は下がり続け、ここ最近は20%を切っています。平成27年10月に実施された第18回試験では、合格率は15.6%でした。

介護福祉士試験では合格率約6割、社会福祉士試験では合格率約2割ということを考えると、比較的難易度が高い試験かもしれません。しかし、これまでの業務経験を活かしてしっかり勉強をすれば、十分に合格を狙えます。

ケアマネージャー試験対策

試験問題は、解答例5択の中から正しいものを2つ、もしくは3つ選ぶ形式です。平成27年度からは保有資格によって認められていた専門分野の解答免除が廃止されたため、保有資格に関わらず、全ての問題に解答する必要があります。

試験対策として重要なことは、苦手分野を作らないことです。試験問題は介護支援分野と保健医療福祉サービス分野の2分野から出題され、実務上では経験のないことについて問われる項目も多くあります。受験を決めたタイミングで、すぐに勉強を始めましょう。

ケアマネージャー試験の勉強方法

ケアマネージャー試験合格のためには、自分に合った勉強方法を見つけ、無理のないスケジュールで学ぶことが必要です。以下に、独学・通学・通信教育で学ぶ場合のメリットとデメリットをご紹介します。

【勉強方法1】低費用で学べ、意志が強い人に最適な「独学」

ケアマネージャー試験合格に向けて、独学で勉強している方は少なくありません。自分で参考書を購入し、過去問題などを解きながら学ぶ方法です。

メリットは、費用が参考書代程度で済み、自分のペースで勉強できる点です。また、最近ではインターネットでもケアマネージャーの試験情報を得られるため、参考書で勉強しながら、不明点はインターネットで調べるということもできます。

独学のデメリットは、モチベーションを保つのが難しいことです。ペース配分を自分で決められますが、自分一人で勉強するため挫折しない意志の強さが求められます。また、競争相手が見えないため、人によっては向上心を持ちにくいという場合があります。

【勉強方法2】講師から直接学び、仲間と刺激し合える「通学」

専門スクールに通学してケアマネージャー試験の対策講座を受講する方もいます。

通学のメリットは、講師から直接教えてもらえることです。講師が試験問題を解くための重要なポイントをその都度教えてくれるため、学ぶことからしばらく離れていた方も講義内容が頭に残りやすいでしょう。また、同じ教室で共に学ぶ仲間がいることで刺激され、励みになります。

デメリットはお金と時間がかかることです。通学で何日も通う場合は10万円以上かかる場合があります。また、スクールの開催地が限られているので、自宅からスクールが遠い場合は通学時間も無視できません。特に働きながら通学する場合は、時間の確保が難しいことがあるでしょう。


【勉強方法3】分かりやすい教材を使い、自分のペースで学べる「通信教育」

費用が安く自分のペースで学べる独学と、指導サポート体制が充実した通学の、それぞれの長所を活かしたのが通信教育による勉強です。

通信教育のメリットは、通学に比べて費用がリーズナブルな点です。また、独学で使う参考書は難しいものが多いですが、通信教育で使われる教材は誰にでも内容が理解できるように工夫されて作られており、自分一人での勉強でも比較的スムーズに進みます。もちろん、仕事で忙しい方でも自宅で教材を利用して勉強できます。また、添削課題を提出することによって知識を定着させたり、分からないことがあれば質問したりできる点も通信教育の良いところです。

自分専用のスケジュールを立ててくれる通信教育もあるので、どうやって勉強を進めていったらいいか分からなくて不安……という方にも通信教育はおすすめです。

おわりに

ケアマネージャー試験合格のカギは、自分に合った勉強方法で、モチベーションを保ちながら計画立てて進め、目標に向かって継続して励むことです。仕事をしながら学ぶのには努力が必要ですが、合格した自分を想像しながら、前向きに学んでいきましょう。

この記事内の情報は、2016年9月時点のものです

ユーキャンのケアマネージャー(ケアマネ)講座について

当講座は、ほとんどの受講生が働きながら資格取得を目指して学習しています。そのため、少ない労力で効率よく、着実に合格力をつけられる工夫をこらしました。1レッスンは数ページ程度。まとまった学習時間がとれない方でも大丈夫です。独学ではつかみづらい法改正や時事問題など、合格に欠かせない重要ポイントも会報でお知らせします。

ケアマネージャー(ケアマネ)講座の詳細はこちら

カリキュラムを見たい方は、資料請求(無料)!

資料請求(無料)