古地図を通して、江戸を感じる。東京を楽しむ。

いま、古地図に注目が集まっています。

テレビ番組が古地図を使った街歩きを特集したり、旅行会社が古地図をたよりに歩く東京ツアーを企画したり…、いま江戸の古地図が注目を集めています。
古地図を眺めていると、江戸の町のざわめきや町人の歩く姿も浮かんでくるとか。貴重でありながら、今も様々な場面で活用される古地図の魅力が多くの人を虜にしています。

古地図の楽しみ方は?現代と江戸を比較!

古地図の楽しみ方は人それぞれですが、おすすめは江戸時代と現代の変化を楽しむこと!「東京タワーの敷地は江戸時代、○○だった!」「東京観光の時、泊まったあのホテルは武家屋敷の跡地に立っていた!?」など、見れば見るほど、驚きの発見がたくさん!

細かく区切った“切絵図”なら、より江戸を近くに感じられる!

古地図にはいくつか種類がありますが、当講座では大江戸を地域ごとに区切って作られた“切絵図”を中心に使って江戸の地理や文化を学んでいきます。江戸時代の住宅地図といえる“切絵図”は、江戸全体を見渡せる“大絵図”と違い、武家屋敷の所有者名や通路・水路の一つ一つを細かく見ることができます。江戸の名残りをより近くに感じられることが特長です。

江戸切絵図の最高傑作30枚がセットに!

当講座では、江戸切絵図の最高傑作といわれる『尾張屋板 江戸切絵図』の原寸大復刻版30枚をセット!江戸を30の地域に区切り、当時の江戸の範囲をほとんどカバーしているので、江戸の街を隅々まで味わい尽くすことができます。
一枚一枚封筒にいれて、特製ケースにセットしてお届けするので、届いたその日から自慢のコレクションに!

さらに、貴重な資料が満載で江戸の文化に浸れる!

テキストでは、古地図の見方や楽しみ方はもちろん、江戸の成り立ちや、地理、文化といった知識も学べます。
江戸の食生活を学ぶレッスンでは、当時の貴重な資料と共に、人々がどんな野菜を食べていたかなど、庶民の暮らしを身近に感じながら、江戸の文化に浸ることができます。

江戸切絵図の最高傑作があなたのものに!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

人気の街歩き番組でも取り上げられるなど、今、江戸の古地図が注目を集めています。古地図と現代の地図を比較して街の変化を見つけたり、実際に古地図を持って街歩きを楽しんだり…。歴史的に貴重な資料でありながら、今も様々な場面で活用できる古地図。今と昔をつなぐ古地図の魅力が、多くの人々を虜にしています。
当講座では、美しさと使いやすさから“江戸切絵図の最高傑作”と称賛される「尾張屋板 江戸切絵図」の原寸大復刻版30枚をはじめ、切絵図と現代地図を比較できる冊子や、江戸の地理や文化に関する知識が満載のテキストなど、豪華セットをまとめてお届け。古地図を通して、江戸と東京を学び楽しめる、これまでにない講座です。
「尾張屋板 江戸切絵図」の特徴は、武家地、寺社地、町人地、道路、緑地、水辺(川・堀など)の6つの違いが色別に一目で分かり美しいこと。所有欲をくすぐる地図であり、当時は浮世絵と並ぶ江戸土産として人気でした。いわゆる「大江戸」と呼ばれる、文政元年(1818念)に江戸幕府が定めた「江戸朱引」の範囲をほぼカバーしています。

TOP