ムリなく続けられる4つのポイント

ポイント1:1日1レッスンずつでOK

出題範囲が広いから、毎日たくさん学習する必要はありません。
1日の学習量は、知能分野・知識分野のテキストをそれぞれ1レッスンずつでOK!負担が少なく、続けやすいカリキュラムになっています。
学習のペースもつかみやすいので、仕事や学業で忙しい方も途中で挫折する心配もありません!

ポイント2:6ヵ月で試験突破の実力を養成

独学では「どこから始めてどこまでやればいいの…?」と不安が頭によぎるもの。
ユーキャンでなら、6ヵ月の短期速習カリキュラムで実力アップが狙えます。満点を目指すのではなく「取りこぼしを減らす学習方法」で、ムダがありません!

ポイント3:よく出るポイントを狙い撃ち

ユーキャンのテキストは「試験に出やすいポイント」を研究して作られているので、独学よりもはるかに効率的!
過去問題集などの副教材もセットになっていて、他に教材を買い足す必要もありません。

ポイント4:指導サポート込みでの学費もお手頃

ユーキャンならではのわかりやすい教材一式、添削指導・質問サービスを全て含めて、学費はとってもリーズナブル!
分割払いもご利用いただけるので、学生の方も安心してご受講いただけます。

まだまだあります!充実のサポート
質問サービス 学習中、わからないことが出てきてもご心配なく!
メールや郵送でお気軽にご質問ください。経験豊富な講師陣が、あなたの質問に丁寧にお答えします。
スマホでWeb学習 受講生専用のインターネットサービス「学びオンライン プラス」なら、お手持ちのスマートフォンやパソコンで、いつでもどこでも学習することができます。
理解を助ける解説動画などお役立ちコンテンツが満載!もちろん無料でご利用いただけます。

学びオンライン プラスについて詳しく!
指導サポート延長 当コースの標準学習期間は6ヵ月ですが、これは目安です。
何かの都合で学習が遅れてしまっても大丈夫! ご受講開始から12ヵ月まで、責任を持ってご指導いたします。
追加の費用や手続きは一切不要! お忙しい方でも安心です。
  • 添削課題の返送や質問の回答には、多少お時間をいただきます。
    なお、通信費はお客様のご負担となります。

よくある質問

教養試験対策って必要ですか?

はい。国家公務員、地方公務員を目指す方は避けて通れないのが教養試験です。主に一次試験で課され、公務員に必要な知能・知識が備わっているかを試されます。そこで受験者の絞り込みがされ、その先の選考に進める候補者が決められるので、万全の対策を持って受験されることをおすすめします。

  • 平成24年度から、国家公務員試験では「教養試験」に代わり「基礎能力試験」が行われるようになりました。 名称は変わりますが、出題範囲に大きな変化はありません。
どのような試験なのですか?

教養試験は、主に算数やパズルのような問題が出る「知能分野」と、憲法、経済、社会、日本史、物理、化学など、科目別の「知識分野」によって構成されています。「知能分野」は地頭が試されるような応用力が問われるのが特徴。「知識分野」は出題範囲が広いのが特徴です。
当コースでは、「知能分野」「知識分野」の両方を、バランスよく対策できます。

広い試験範囲を効率よく学習!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

充実した福利厚生や、安定した職場環境、年収で近年人気を集めている公務員。大きくは国家公務員と地方公務員の2種類に分けられ、両者を併願する受験生も多くいます。
教養試験対策コース(大卒公務員受験対策講座)は、国家公務員総合職(旧国I)・一般職(旧国II)、地方公務員上級・中級試験の、主に一次試験で課される「教養試験(基礎能力試験)」に特化した対策コースです。教養試験は知能・知識分野の2分野からなり、出題範囲が広く対策が立てづらいため、ここで合否が分かれると言っても過言ではありません。出題傾向を押さえ、弱点を少なくしていく学習が試験突破のカギとなります。
ユーキャンの教材は試験に出やすいポイントに的を絞っているので、大学に通いながら公務員試験を受験する方、転職活動中の方も無理なく学べます。添削指導や質問などの、学習サポートも充実。スクールに通えない方でも、自宅でリーズナブルに教養試験対策に取り組めます。6ヵ月の短期速習で、公務員試験の教養試験突破を狙えます。

TOP