合格を引き寄せる、充実の副教材。

CGで楽しく、わかりやすく!

気象の世界への第一歩を踏み出すには、楽しくわかりやすいのが一番!DVD「CGで楽しくわかる天気のしくみ」では、CGを使って気象現象の原理を立体的にやさしく解説。目で見て理解できるから、気象学の基本がすんなり頭に入ってきます。

実践的なトレーニングで実技試験対策

実技試験には、地上天気図や気象衛星画像といったプロ仕様の資料を使った問題が出題されます。データを読む力をつけ、出題形式に慣れておくことが攻略のポイントです。
演習形式のテキストとDVD「これでナットク! 実技試験対策講義」で、本試験を想定した実践的なトレーニングを!映像によるわかりやすい解説で、 着実に合格力を養います。

法令学習のムダをカット

「気象業務関連法令集」は、試験に出題される条文や重要な条文を中心にまとめた便利な1冊。遠回りすることなく、効率的に法令学習ができます。

出題傾向の把握が合格のカギ!

過去3回分の本試験問題を掲載した過去問集。 実際の試験時間に合わせて解くことで、本試験のシミュレーションができます。
解答と詳しい解説付きなのも嬉しいポイント!間違ったところもスムーズに見直しできます。

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

気象予報士は天気の観測データに関する分析のスペシャリスト。様々な業界で知識が活かせる、生涯役立つ国家資格です。 テレビなどのメディアや民間の気象情報会社をはじめ、農漁業、観光・レジャー産業、通信産業、交通業など、活躍の場はたくさん! また、気象の知識は自分の旅行やレジャーなど、身の周りで活用できるのも大きなメリットです。 ユーキャンの「気象予報士」講座は、天気に関する基礎的な知識から応用問題までを、一からわかりやすく解説! 気象予報士の試験に必要となる、大気力学・熱力学・数値予報といった大学一般教養レベルの知識を、ムリなく学べます。 おすすめは雲や雨、風や気圧、台風など気象学の基礎を映像でわかりやすく解説したDVD。CG(コンピュータグラフィックス)で、身近な気象現象を立体的にとらえられるので、初心者でもスムーズに合格力を養成します。

TOP