あらゆる業界で活躍する気象予報の専門家

高いニーズを誇る国家資格

気象予報士は、さまざまな観測データから総合的に判断し、独自の天気予報を行う気象のスペシャリスト!想定外の異常気象が後を絶たない昨今、気象情報は農漁業、交通、流通産業、観光・レジャー産業など、あらゆる社会機構にとって欠かすことができません。
気象に関する正しい情報を提供し、アドバイスできる人材として、気象予報士のニーズは高まっています。

民間の気象情報会社を中心に、幅広く活躍。

公共団体や企業に気象情報の提供や気象コンサルタントを行う民間の事業者は多数。気象予報士は専門スキルを備えた人材として、幅広く活躍できます!

顧客からも重宝!大きなやりがいを実感

安定した商品の確保やコスト削減のため、各企業はさまざまな気象情報を活用しています。気象予報士は顧客のニーズに対応しながら、正確な予報を提供。業績に貢献する、重要な役割を担います。
付加価値の高い情報提供により、顧客から重宝される存在に!大きなやりがいを実感できます。

身につけた知識はプライベートにも

暮らしに密着した天気・気象の知識は、日常生活はもちろん、旅行やレジャー、アウトドアにも役立ちます!
身近な事象を扱うため、気象予報士試験は誰もが合格の可能性を秘めています。

一度取得すれば、資格は生涯有効!

気象予報士の資格に有効期限はなく、生涯有効な国家資格!
知識やスキルを高めることで、専門性の高い人材として歓迎されます。資格を活かし、長く働くことも可能です。

CHECK!

主任講師がお答えします!

【講師 桑島 正幸先生プロフィール】
気象庁アメダスセンター長、気象測器試験検定センター長、水戸・盛岡・前橋の各地方気象台長を歴任。現在は当講座の講師に就任。

Q:気象学の面白いところは?

少し学ぶだけで天気の仕組みがわかるようになり、生活にも役立ちます。その知識が目に見えたり体感できたりする点が、また面白いところです。

Q:初学者には難しくないですか?

試験では多くの内容をクリアしなくてはなりませんが、個々の内容は難解とは言えません。食わず嫌いが難関と思わせている面はありますね。
身近な事柄を扱う気象予報士は、本来誰にでも向いているんですよ。
わからない点は、お気軽に質問なさってください。私たちがサポートします!

よくある質問

独学での合格は難しいのでしょうか?

独学でも合格を狙うことは可能ですが、気象予報士試験の出題範囲は幅広く、聞きなれない用語もたくさん。初めての方やお忙しい方が合格を狙うには、的を絞った効率的な学習が必要です。また、独学の場合、法改正があったときご自身で調べなければならず、時間がかかってしまうことも…。
ユーキャンでは、知識が全くない方でもわかりやすく学習できるよう、工夫された教材をご用意!困ったときの質問サービスや丁寧な添削指導など、サポートも充実しています。試験の最新動向や法改正などの情報もまとめてお届けするので、ご自身で調べる手間もありません。早く・ムダなく合格を目指したい方におすすめです!

合格に的を絞った効率よく学べるテキスト

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

気象予報士は天気の観測データに関する分析のスペシャリスト。様々な業界で知識が活かせる、生涯役立つ国家資格です。 テレビなどのメディアや民間の気象情報会社をはじめ、農漁業、観光・レジャー産業、通信産業、交通業など、活躍の場はたくさん! また、気象の知識は自分の旅行やレジャーなど、身の周りで活用できるのも大きなメリットです。 ユーキャンの「気象予報士」講座は、天気に関する基礎的な知識から応用問題までを、一からわかりやすく解説! 気象予報士の試験に必要となる、大気力学・熱力学・数値予報といった大学一般教養レベルの知識を、ムリなく学べます。 おすすめは雲や雨、風や気圧、台風など気象学の基礎を映像でわかりやすく解説したDVD。CG(コンピュータグラフィックス)で、身近な気象現象を立体的にとらえられるので、初心者でもスムーズに合格力を養成します。

TOP