働きながら合格を目指す方も学びやすい!

第1次検定から第2次検定までカバー

ユーキャンの教材は、第1次検定から第2次検定まで着実に対策でき、合格に必要な知識と実戦力が効率的に身につきます。
土木関係の専門用語や計算式などもわかりやすく解説。初めての方でも、一からムリなく学習できます。

Web学習でスキマ時間を有効活用

受講生専用インターネットサービス 「学びオンライン プラス」では、講義動画やWebテストなどのコンテンツをご用意。
スマホやパソコンから、仕事の合間などスキマ時間で学習いただけます。より便利に楽しく、効率的に合格を目指しましょう!

お手頃価格で必要な教材一式が揃う!

わかりやすさにこだわったテキストや役立つ副教材、個別添削指導、充実のサポートなど、合格に必要なものはすべて揃っています。
テキストなど、追加で購入する必要もありません。合格に向け、ユーキャンが全力でサポートします。

嬉しいサポート
質問サービス 学習内容について分からないことが出てきたら、メールや郵送でお気軽にご質問ください。経験豊富な講師陣が、丁寧にお答えします。
法改正や受験情報のお知らせ 関連法規の改正があった場合は適宜お知らせ!改正後の内容が出題に反映されるケースもあるため、最新情報を押さえておくことが大切です。
また、2級土木施工管理技士の試験日や願書申込み日などの試験情報は、正式な日程が決まり次第お知らせします。
目標の試験月まで
しっかり指導
当講座の標準学習期間は6ヵ月ですが、受講開始から第1次検定・第2次検定月までが標準学習期間に満たない場合は、その次の試験月まで 添削指導・質問サービス・情報提供など、すべての指導サービスが受けられます。お忙しい方も安心してご受講ください。お忙しい方も安心してご受講ください
  • 質問の回答には、多少お時間をいただきます。通信費はお客様のご負担となります。
  • 2021年度試験からの制度変更に伴う学習上のフォローは、追加の教材をお送りするかたちで行う予定です。どうぞご安心の上、ご受講をご検討ください。

幅広い年代の方が受講されています

ユーキャンでは、20代~50代まで幅広く受講されています。また、女性の受講者は1割強。
年齢性別を問わず有資格者が求められています。

  • 2019年9月~2020年8月に当講座を受講された方のうち、アンケートにお答えいただいた方の回答結果です。
  • 2020年度までの旧試験制度で受験されています。

よくある質問

1級土木施工管理技士と2級土木施工管理技士の違いは?

元請として4,000万円以上を下請させたときは、元請から下請の現場に派遣する技術者(=監理技術者)は1級の有資格者でなければなりません。
ユーキャンでは、1級土木施工管理技士試験の合格指導講座もご用意しています。

2級土木施工管理技士の受験資格は?

受験資格については「資格・試験ガイド」ページをご確認ください。

効率学習が叶うテキスト!6ヵ月で合格へ

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

土木施工管理技士とは、土木関係の分野で大変重要視される資格の一つで、昇給・昇進に直結しやすい資格として知られています。2級の有資格者は、河川、港湾、道路、鉄道、上下水道工事など、土木工事を伴う公共工事の現場で、作業工程の責任者として活躍することが可能です。
土木施工の分野で深い技能を習得したい方におすすめなのが、ユーキャンの「2級 土木施工管理技士」講座。講座では、難しい土木関係の専門用語や計算式などをわかりやすく解説。初めての方でも、一からムリなく専門知識を深めていくことができるはずです。また、将来的には管理技術者として活躍できる1級の資格を目指す方にも必ず役に立つ知識が集約されているので、土木施工の見識を深めたい方や、幅広い知識を習得したい方にぴったりの内容です。

TOP