• 公開日:2020/06/01

行政書士の資格は多くの人が取得を目指す人気の高い資格です。試験に合格し、取得した資格を就職に活かしたいと考えている人も多いでしょう。

この記事では、行政書士の資格を活かせる就職先について解説します。就職活動のポイントなども紹介するので、行政書士のキャリアプランを考える際の参考にしてください。

行政書士資格を活かせる就職先とは?

行政書士の資格が活かせる場は、士業事務所、建設業や不動産業、一般企業の法務部や総務部など、多岐に渡ります!

行政書士の資格は、仕事にどのように活かせるのでしょうか。行政書士になる方法や資格を活かせる就職先を紹介します。

行政書士になるには?

行政書士とは、主に官公署に提出するさまざまな書類を作成する職業です。行政書士は書類作成の他にも、書類提出手続きの代理業務や相談業務も行います。業務独占資格であるため、資格をもっていなければできない業務です。

行政書士になるには、国家試験合格が条件となります。試験では法律に関する専門的な知識が問われるため、時間をかけてしっかり学習することが必要です。

以下では、行政書士の具体的な就職先を紹介します。

士業事務所

行政書士の主な就職先としては、士業事務所が挙げられます。士業事務所とは、法務事務所や弁護士事務所など、士業を行う事務所のことです。個人経営の事務所と、複数の行政書士がともに運営している事業所があります。

雇用されて働く行政書士は、「使用人行政書士」と呼ばれます。士業事務所で働く場合でも、実務経験を積んだのち、将来的に独立開業する人が多いのが実情です。

一般企業

行政書士は、一般企業に就職して働くことも可能です。特に建設業や不動産業においては、許認可などで行政書士が必要とされる場面が多くあります。その他業種の一般企業においても、法務部や総務部など法律に関わる業務が多い部署では行政書士の資格を活かせる可能性があります。

行政書士の雇用形態とは?

行政書士として働く場合、正社員やアルバイトなどの雇用形態があります。正社員として入職する場合は、一般的な就職活動と同じ流れで選考が進みます。ただし、実務経験がないと、正社員で採用されにくいのが実情です。そのため、正社員を目指す場合でも、まずはアルバイトから始めるという方法もあります。

行政書士の就職事情とは?

行政書士の就職は、雇用形態の幅が広く、将来性のある仕事といえます。有資格の未経験者を対象とした求人も。

行政書士として就職する場合、求人数や行政書士事務所の傾向はどうなのでしょうか。気になる行政書士の就職事情を紹介します。

行政書士の求人は少ない?

行政書士の「就職」に限定した場合、求人数自体は多いとはいえません。しかしながら、有資格の未経験者を対象としたものや独立を前提としたものなど、幅広い雇用形態での求人が多く見られます。

近年は官公署への提出書類が簡素化されており、専門知識がなくても書類作成ができるようになっています。ただ、そうはいっても、すべてが簡素化されているわけではなく、専門知識が必要不可欠な書類も少なくないのです。加えて、今後新たに複雑な内容の書類の提出が必要になる手続きが出てくることもあり得ます。

行政書士は今後も多くの場面で必要とされるため、将来性のある仕事だといえます。一定の需要が見込まれるので、行政書士の求人も継続的に出続ける可能性が高いでしょう。

行政書士事務所の傾向とは?

行政書士事務所は、個人事務所が多い傾向があります。また、行政書士事務所で手続きをまとめて行う、ワンストップサービスが多くなっているのが実情です。

なお、登記などほかの士業の独占業務では、行政書士以外の有資格者が行わなければならないこともあります。そのため、ほかの士業と連携して業務を行うことも少なくありません。

就職前にチェック! 行政書士の適性とは?

行政書士の適性には、コミュニケーション能力や正確かつスピーディーな事務処理能力があげられます。

行政書士として働くためには、コミュニケーション能力が必要です。行政書士は依頼者やほかの士業など、さまざまな人と関わる場面が多いからです。また、行政書士は正確かつスピーディーな事務処理能力も求められます。ちょっとしたミスがあるだけで書類が受理されない可能性もあるのです。

一方で、依頼者を待たせないよう迅速な対応力も必要となります。

行政書士事務所への就職! 難易度は?

行政書士事務所への就職には、行政書士資格があると有利!

行政書士事務所への就職を希望する場合、行政書士資格を持っていると有利です。ただし、行政書士事務所の数は少ないため、全体の求人数はそれほど多くありません。行政書士事務所は実務を学べる貴重な場であるため、募集がかかるとすぐに定員オーバーとなりがちです。行政書士として就職したいと思うなら、長期的な視点で就職活動を行う必要があるでしょう。

行政書士になるために! 就職活動でのチェックポイントとは?

行政書士の就職活動では動機と就職希望先のマッチングが重要です。書類作成も主な業務のため、正確な履歴書作成も適正アピールに。

就職活動では、どのような点に気を付けたらいいのでしょうか。行政書士として就職活動をする際の注意点や応募する際のポイントを紹介します。

就職活動での注意点

就職活動をする際に注意したい点は、自分の志望動機と就職希望先がマッチしているかどうか、です。行政書士事務所は個人で経営しているところも多く、仕事に対する考え方はそれぞれ違います。そのため、それぞれの事務所の特徴をよく理解したうえで、自分の希望と合っているかチェックすることが大事です。

履歴書の書き方

履歴書は、第一印象を決定する重要な書類です。特に行政書士は書類作成を行う仕事なので、履歴書がきちんと作成できていないと、適性を疑われる恐れもあります。

また、履歴書を書くときは、応募先についてリサーチをしっかり行うことが大切です。特に志望動機は、応募先の特徴を踏まえて説得力のある内容にすることがポイントになります。

志望動機・面接

行政書士の求人に応募する場合、単に資格を持っていることをアピールするだけでは不十分です。具体的に自分のスキルを説明し、それをどう仕事に活かすのかアピールすることがポイントとなります。そのためには、応募先が求める人物像を意識することも大切です。

志望動機は面接で深掘りされることが多いので、質問されそうな内容に対する回答はあらかじめ用意し、行政書士として活かせるスキルや経験をまとめておくといいでしょう。

行政書士の就職先! 選び方のポイントとは?

行政書士の就職先選びには、キャリア形成や将来性を見極めよう!個人経営が多い行政書士事務所。代表との相性も大事です。

行政書士の就職先は、どのように選んだらいいのでしょうか。ここでは、行政書士の就職先の選び方のポイントを紹介します。

キャリア形成を意識する

行政書士として就職先を選ぶ場合、キャリア形成を意識しましょう。特に独立・開業を目指す場合、計画的なキャリア形成が必要不可欠です。しっかりとした経験を積むのが難しいと、いつまで経っても独立・開業を目指すことはできません。ゆくゆくはどのような業務や働き方をしたいのか考えたうえで就職先を選べば、経験や実績が役に立ち、独立・開業後も好スタートを切ることが可能です。

将来性を意識する

就職先選びでは、将来性を意識しましょう。就職先で従事できる業務は、独立の際に役立つ内容であるかを見極めることが重要です。行政書士事務所は特定の分野を対象として営業しているケースも少なくないため、就職先によって経験できる業務が異なります。就職先の行政書士事務所が得意とする業務を把握し、自分自身のキャリアプランと比べてミスマッチがないかチェックしてください。

就職先の代表と合うか?

行政書士事務所の多くは個人が運営しており、所属する行政書士も少人数であるケースが多いです。そのため、就職先を選ぶときは相性も考慮する必要があります。特に就職先の代表との相性がよくないと、仕事をスムーズに進められない恐れもあるので注意が必要です。

まとめ

行政書士として就職するためには、しっかりとしたビジョンをもつ必要があります。応募する際には、将来の独立開業を視野に入れて就職先を選ぶことも大切です。

士業事務所への就職を希望するなら、まずは行政書士の資格を取得しましょう。スムーズに資格取得を目指す場合は、通信講座を受講するのがおすすめです。ユーキャンの行政書士講座は添削や質問などのサポートも充実しているため、継続して学習に取り組めます。就職を有利に進めるためにも、資格取得に取り組んでみてはいかがでしょうか。

講座との相性を確かめよう

講座との相性を確かめよう

行政書士講座があなたに向いているのか相性診断でチェック!
80%以上の相性なら今すぐ申し込みして、人気の専門資格を手に入れよう!

今始めると、ゆとりをもって手堅く合格が狙える!

オプションサービスのご案内

ユーキャンで目指せる国家資格の中で人気No.1の「行政書士」。市民と官公署とをつなぐ法務と実務のスペシャリストです。
資格取得後は、法律関連の業務全般について、書類作成業務や官公署への書類提出手続き代理業務、契約書等代理作成業務など、弁護士よりも気軽に市民の目線で相談できる「頼れる法律家」に。扱える書類は数千種類もあり、業務範囲の広い国家資格です。独立・開業して社会に役立つことはもちろん、企業への就職・転職にも有利になります! また近年は、行政書士法改正で「代理権」が付与され職域が拡大したこと、行政書士法人の設立が可能となる改正法の施行など、時代の流れはまさに追い風となっています。
国家資格の中では難関試験として知られている行政書士ですが、ユーキャンでは試験突破に向けて、仕事と両立しながら続けられるようにカリキュラムを工夫。まったく知識が無い方でも着実に資格取得までのプロセスを身につけることが可能な通信講座です!

TOP