専門性の高い業務を扱います。

努力次第で高収入! 独立・開業が目指せる

社会的ステータスやニーズが高い司法書士。資格を武器に独立・開業も可能で、ご自宅で事務所を開くことも!
努力次第では、年収1,000万円以上といった高収入も期待できます。
難関資格と言われていますが、チャレンジする価値は大いにあります!

合格者数を比較!難易度の違いは?

司法書士は、数ある国家資格のなかでも難易度が高い資格。合格への道が厳しいからこそ、資格取得の先には、高い需要や報酬、ステータスを得られる可能性が広がるのです。

司法書士と行政書士の専門分野は?

司法書士と行政書士はともに法律系の国家資格であり、それぞれ専門性の高い業務を行います。ですが、難易度としては司法書士のほうが難しく、またその業務内容にも大きな違いがあります。

※ 専門分野の業務を行うためには、司法書士、行政書士の資格を取得をする必要があります。ご注意ください。

他資格と組合せて広がる活躍の場

宅地建物取引士と!

司法書士業務のなかでも比重の高い「不動産登記業務」。
不動産取引のエキスパートである宅建士とのダブル資格は、非常に強みになります!試験では民法と不動産登記法が共通科目です。

行政書士と!

例えば会社設立の申請を行う際、司法書士が設立登記を行います。さらに行政機関に書類を提出する必要がある場合には、行政書士が書類を作成。
ダブル資格なら登記申請から書類作成まで業務を一貫して行うことができ、独立開業の強みになります!

社会保険労務士と!

人事・労務・年金のエキスパートである社会保険労務士。ダブル資格なら会社設立時の登記申請だけでなく、労務コンサルタントとして企業と長い付き合いが生まれる可能性もアップします!

要点を絞ったカリキュラムで合格へ!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

司法書士は、身近な街の法律家として活躍できる、今後ますます注目される存在。難関な国家資格として知られていますが、努力次第で高収入・高ニーズが望め、社会的ステータスも非常に高い点が魅力です。
資格取得後は、不動産の登記・商業登記などの業務のほか、簡易裁判所における代理・裁判事務、遺言・相続に関する助言、成年後見業務などの業務に携わることができます。最近ではインターネットでの営業も可能なので、自宅を事務所に比較的低資金で開業できるのも魅力です。
社会からの評価も高く、独立・開業はもちろん、企業の法務部に即戦力として採用されるなど、就職・転職でも大きな武器に! 高い専門性を活かして性別や年齢に関係なく活躍できる仕事なので、近年は女性の有資格者も増加中です。
ユーキャンの「司法書士」講座では、あなたの合格を力強くバックアップ! 過去問題の傾向を把握したうえで、法律用語やロジックをわかりやすく丁寧に解説するので、はじめての方でも無理なく合格力を養成します。

TOP