医療事務

医療事務コラム

受講お申込み

未経験で目指す!医療事務|転職のメリットやチェックポイントを解説

結婚や介護、引越しなどによるライフスタイルの変化があっても、資格や経験を活かして続けていける仕事を探している人は多いことでしょう。医療事務であれば、ライフスタイルに合わせて働くことが可能です。未経験から医療事務の仕事を検討しているのならば、資格取得後に仕事に就くためのポイントも押さえておきましょう。自分自身のキャリアプランに役立ててください。

未経験で挑戦したい!医療事務の仕事とは?

まずは、医療事務の仕事が未経験の人に向けて、仕事内容を詳しく解説します。

医療事務の仕事内容は?

医療事務とは、医療機関において診療報酬の請求や窓口での受付、会計などを行う仕事です。診療報酬を請求する業務では、診療内容などから診療報酬を算出し、レセプトと呼ばれる診療報酬明細書をもとに各保険者へ医療費の請求を行います。このような業務のことをレセプト業務といいます。

また、患者の受付や会計も医療事務の仕事です。受付では診察券や保険証を確認したり、診察室への案内業務を行ったりもします。

医療事務の勤務形態

医療事務にはさまざまな勤務形態があります。日勤はもちろん、短時間勤務が可能な医療機関も多くなっています。勤務形態は病院の規模によっても違います。

規模が小さめの医療機関ならば、休日が固定されていて日勤というケースが多いです。これに対して、規模の大きな病院では24時間体制の職場もあり、夜勤対応が必要なこともあります。

医療事務に資格は必要?

医療事務には国家資格はなく、働くために資格が必須というわけではありません。実務の中で身につけていく知識やスキルも多いため、資格がなくても仕事はできます。しかし、医療事務には専門的な知識が必要になることも多く、特に未経験の場合、資格があれば就職に有利です。

なお、民間で行っている資格試験には、いくつも種類があります。受験資格は特にないため、資格取得を目指す人も多くなっています。

未経験で医療事務の仕事を目指すのは可能?

人気の職種である医療事務ですが、人気の理由としては、資格が必須ではないことや実務を通して業務を身につけられるという点が挙げられます。未経験で資格がなくても応募できる求人も増えています。

しかし、未経験者よりも経験者や資格がある人のほうが選考で有利です。未経験の人が医療事務の仕事を目指すことはできますが、実際に仕事に就くのは簡単ではありません。

未経験で医療事務の仕事を目指す方法は?

未経験でも仕事に就ける可能性があるのならば、その方法が知りたいという人もいるでしょう。そこで、未経験から医療事務の仕事に就くには何が必要なのか紹介します。

業務に対応できるPCスキルを身につける

医療事務の仕事では、PC(パソコン)を操作することが多くなります。主にレセプト作成などでPCを使うことが多くなりますが、高度なPCスキルが求められることはほとんどありません。基本的には、入力などの基本操作ができれば業務が可能です。ただし、WordやExcelなどのオフィスソフトは使えたほうがいいでしょう。

通信講座などを利用して資格取得を目指す

医療事務の仕事では、未経験で応募可能な求人でも、有資格者が優遇されがちです。そのため、資格を取得しておくことも有効な方法です。仕事に就かない限り経験を積むことはできませんが、資格取得の学習を通して知識を得ることはできるからです。通信講座などを利用すれば、効率的に基礎知識を習得することができます。

未経験でも応募可能な求人を探し応募する

未経験でも応募可能な求人の中には、医療事務の研修やサポートを行っている職場もあります。こうした求人であれば、未経験でも医療事務の仕事に就きやすいでしょう。求人情報の募集要項をチェックして、未経験でも応募可能な求人へどんどん応募すれば、仕事に就ける可能性が高まります。

医療事務に向いている? 未経験での適性をチェック!

経験したことのない仕事は、実際に自分に向いているかどうかわからないものです。そこで、医療事務の仕事に向いているかどうか、チェックしてみましょう。

医療事務に向く人とは?

医療事務の仕事には、まず、几帳面でミスに気付くことができる人が向いています。レセプト作成などで数字を扱う仕事なので、正確に作業できる人が求められるからです。ただし、正確に仕事ができるだけでは十分ではありません。医療事務は患者と接する機会が多いため、臨機応変に対応できて、思いやりのある接客ができることも重要です。

医療事務のやりがいとは?

医療に携わる仕事なので、地域や社会へ貢献できることが医療事務のやりがいといえるでしょう。医療に関連する知識を増やすことができるため、自分や家族の健康維持にも役立ちます。患者から感謝される機会も多く、これがやりがいにつながるという人もいるでしょう。医師や看護師をサポートする業務もあり、多くの人の役に立てる仕事です。

未経験での医療事務に必要なスキルは?

医療事務の仕事に未経験で就くためには、どんなスキルが必要なのか解説します。

コミュニケーションスキル

医療事務にはコミュニケーションスキルが欠かせません。仕事内容は事務作業が多いですが、接遇も多いサービス業でもあります。患者とのコミュニケーションを取る機会が多いため、場面に応じて適切なコミュニケーションを取れるスキルが必要です。また、医師や看護師、ほかの医療事務員との連携も求められます。

基本的なPCスキル

未経験で知識がなくても、基本的なPCスキルは必須です。レセプト作成など、さまざまな業務でPC操作が必要となるからです。高度なスキルが求められるわけではありませんが、入力や基本操作ができなければ仕事が進められません。もちろん、PCスキルは高ければ高いほど安心です。

スピードと正確性

医療事務では、毎日診療報酬の算定と会計を行います。そのため、スピードと正確性が求められます。どんなに正確な仕事ができても、スピードが遅ければ業務は進みません。逆に、早く仕事ができてもミスばかりでは、関係者に迷惑をかけてしまうでしょう。また、さまざまな仕事をこなす必要があるため、マルチタスクがこなせることも重要です。

未経験で医療事務! メリット・デメリットとは?

未経験で医療事務の仕事をするメリットとデメリットも心得ておきましょう。

メリット

医療事務の仕事は、求人数が多いことがメリットです。全国どこにでも医療機関があるため、引越しなどで環境が変わっても働き続けることができます。また、ブランクがあっても復帰可能な仕事です。ワークライフバランスも保ちやすく、医療に貢献できるという点もメリットです。病院によっては有資格者に手当が出ることもあり、効率的な働き方が実現できます。

デメリット

医療事務の仕事では、さまざまな人と接する難しさに直面することがあります。コミュニケーション力があれば対応できることが多いですが、マニュアル通りにいかないことも出てくるでしょう。また、大病院であればたくさんのスタッフがいるため、職場の人間関係に悩むこともあるかもしれません。忙しい時期には残業が発生する可能性もあります。

未経験で医療事務を目指す場合に確認するべきチェックポイントとは?

未経験で医療事務を目指す場合に、確認しておきたいチェックポイントを解説します。

雇用形態

医療事務では、正職員はもちろん、パートやアルバイト、派遣職員や契約職員として働くことができます。正職員なら安定して働くことができます。パートやアルバイトならば時間や出勤日に融通を利かせやすいでしょう。派遣職員や契約職員なら、一定期間、安定して働くことも可能です。さまざまな雇用形態があるので、自分のライフスタイルに合わせた働き方がどれかをチェックしましょう。

キャリアプラン

将来のキャリアプランを設定することで、仕事へのモチベーションを上げることにつながります。特に、医療事務のスタッフとしてキャリアアップを目指すなら、資格を取得しておくと効果的です。

また、診療や薬剤関連の医学的な知識を学ぶことも、医療事務の仕事に役立ちます。ルーティーンワークから脱却することで、医療事務でもキャリアアップをめざすことが可能ですから、どのように働くかをきちんと考えておきましょう。

未経験で医療事務の仕事に就くための4つのポイントとは?

未経験で医療事務の仕事に就くための4つのポイントを解説します。

効果的な自己PRをする

医療事務で求められるスキルは、専門的な知識や経験だけではありません。たとえば、コミュニケーションスキルやPCスキル、事務能力の高さなどは医療事務においても評価されます。自分なりのアピールポイントを見極め、効果的な自己PRを心がけましょう。

実務で役立つ基礎知識を学ぶ

経験がないからこそ、まずは基礎知識を頭に入れておくことも大切です。未経験でも、基礎知識があればカバーできる部分もあるからです。たとえば、ユーキャンの医療事務講座で実務に役立つ基礎知識を学ぶといいでしょう。初心者でもわかりやすいテキストでサポートも充実しているため、安心して資格取得を目指せます。

職業訓練を受講する

離職中の場合に限られますが、職業訓練校で医療事務の資格を取得することも可能です。職業訓練校ではスクールなどと違い、無料で講座を受けられるというメリットがあります。ただし、人気の講座なので、競争率が高いことも想定しておきましょう。離職中という条件に当てはまるのなら、ここで資格を取得しておくと、医療事務の仕事への就職が有利となるでしょう。

早めのアクションを起こす

医療事務の仕事は人気が高まっていることもあり、競争率が高めです。また、未経験での挑戦は若年であればあるほど有利となる傾向があります。そのため、求人を見つけたら早めにアクションを起こすことがまず重要です。

未経験での調剤薬局事務や歯科事務との違いは?

医療系の現場の事務では、調剤薬局事務や歯科事務の仕事もあります。ここでは、それぞれの違いを解説します。

調剤薬局事務

調剤薬局事務は、医療系の現場の中でも調剤薬局に特化した事務のことを指します。病院が交付した処方箋をもとに調剤報酬を算出して、医療保険に応じた患者の一部負担金を会計します。それをもとに調剤報酬明細書(レセプト)を作成します。調剤や患者への説明を行うのは薬剤師の役割です。

仕事内容については医療事務に似ていますが、比較すると短期間で覚えやすいという特徴があります。

歯科事務

歯科事務は、歯科部門だけを扱う医療事務です。さまざまな分野を扱う医療事務に比べると業務の範囲は狭いですが、歯科助手としての役割を兼ねる場合もあります。器具の消毒や滅菌などの業務を行う場合もあり、歯科医療の現場に近いことが医療事務との違いといえます。

なお、歯科事務は医療事務よりも若年層を募集する場合が比較的多いことが特徴です。

まとめ

医療事務は未経験でも仕事に就くことができ、メリットややりがいの多い仕事です。しかし、その人気は常に高く、未経験資格なしでの就職は簡単ではありません。その点、資格があれば仕事に就きやすくなります。

ユーキャンの医療事務講座なら、資格取得のための基礎知識を4ヵ月で学ぶことができます。また、毎月実施される「医療事務認定実務者(R)試験」を在宅で受験できます。分かりやすいテキストで、実務で役立つ知識を効率的に学びましょう。

医療事務講座受講のお申し込みはこちらから

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細