きちんと対策すれば、実は取りやすい資格です

合格ラインをクリアすればOK!試験は年2回実施しています。

保育士試験は合格定員が定められた試験ではないので、合格ラインさえクリアすればOK!競争率を気にする必要はありません。
保育士試験は例年、前期「4月(筆記)・7月(実技)」と後期「10月(筆記)・12月(実技)」の2回実施。自分の学習ペースに合わせて受験できます。

取りやすいワケは?

試験は筆記試験と実技試験があり、筆記試験の科目数は全部で9科目、実技は2分野を受験します。
「6割以上の得点で、その科目は合格」「一度合格した科目は3年間有効」など、満点を目指す必要が無かったり、科目別合格制を利用できたりといったポイントから、比較的取りやすい資格といえます。

6割以上の得点で、その科目は合格

試験は1科目6割以上取れれば合格!満点を目指す必要はありません。
さらに、幼稚園教諭の免許を持つ方や、社会福祉士・介護福祉士・精神保健福祉士などの免許を持つ方は、筆記試験の一部が免除されます!

一度合格した科目は3年目まで有効

試験は全9科目ですが、1回の受験ですべて合格しなくても大丈夫!
一度合格した科目は3年間有効な「科目別合格制」ですので、次回は残りの科目だけ受ければOKです。

筆記試験は択一式、実技は得意分野でOK

筆記試験はマークシートの択一式。解答しやすいのが特徴です。
実技試験は「音楽表現」「造形表現」「言語表現」の3分野から、2分野を選択。あなたの得意な分野で受験できます!

  • 動画の視聴には『学びオンライン プラス』への登録が必須となります。
試験時期 【前期】
・筆記試験:4月下旬
・実技試験:7月上旬
【後期】
・筆記試験:10月下旬
・実技試験:12月上旬
※後期の試験は地域限定で試験を行う地域があります。詳細は、一般社団法人全国保育士養成協議会のホームページでご確認ください。
試験形式 【筆記試験】
(1)保育の心理学 (2)保育原理 (3)児童家庭福祉 (4)社会福祉 (5)教育原理 (6)社会的養護 (7)子どもの保健 (8)子どもの食と栄養 (9)保育実習理論
※社会福祉士・介護福祉士・精神保健福祉士、いずれかの資格を有する方は、筆記試験のうち、「社会的養護」・「児童家庭福祉」・「社会福祉」が免除。

【実技試験(※筆記試験全科目合格者に対し実施)】
(1)音楽表現に関する技術 (2)造形表現に関する技術 (3)言語表現に関する技術の3分野から、受験者が希望する2分野を選択
  • 幼稚園教諭免許を有する方は、「保育の心理学」(筆記試験)、「教育原理」(筆記試験)、「実技試験」が免除。
問題形式 筆記試験はマークシートによる択一式
受験資格 下記のいずれかの条件を満たす方
(1)大学に2年以上在学して62単位以上修得した方(見込含む)
(2)短期大学・高等専門学校・専修学校専門課程(学校教育法で認可されている、修業年限2年以上もの。認可の有無については各学校にお問合せください)の卒業者(見込含む)
(3)平成3年3月31日までの高校卒業者
(4)平成8年3月31日までの高校保育科卒業者
ほか
  • 受験資格の有無につきましては、上記以外にも細かい規定がありますので必ず一般社団法人 全国保育士養成協議会 保育士試験事務センターにご確認のうえ、お申込みください。
受験料 12,950円(受験手数料12,700円+受験申請の手引き郵送料250円)
  • 受講期限後の受験については、当講座のサポートの対象外となります。
  • 試験の内容等は変更となる場合があります。
  • 保育士試験は全国で実施されますが、都道府県により試験種別が異なることがあります。
    試験種別や実施時期の詳細は、一般社団法人全国保育士養成協議会のホームページでご確認ください。

開講実績は30年以上!毎年、合格者を多数輩出!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

オプションサービスのご案内

子どもたちの成長を見守る保育士は、楽しくてやりがいのあふれる仕事。「保育のプロ」として、生涯役立つ国家資格です。
子どもが好きな方には天職ともいえる仕事で、出産や子育ての経験も活かせます。共働き世帯の増加や待機児童の増加により社会的ニーズも高く、保育所をはじめとした児童福祉施設など、活躍の場も多彩です。
ユーキャンの「保育士」講座では、忙しい方でも無理なく学べるよう、工夫満載のオリジナル教材をご用意。実技試験に対応した副教材や、添削指導・質問サービスなど、サポートも充実しています!

TOP