• 公開日:2020/04/17

カラーコーディネーター検定試験や色彩検定、パーソナルカラリスト検定など、色彩に関する資格や検定試験は複数あり、それぞれの検定では目的や学習する内容、試験範囲が異なります。「色について勉強したい」「色に関する資格が欲しい」と思ったときに、検定試験の特徴や学習内容を調べずに勉強をスタートすると、「自分が勉強したいのはこの内容ではなかった」と後悔するかもしれません。

資格の勉強を始める前に、それぞれの資格の違いを確認しましょう。この記事では、色彩に関するいくつかの資格をご紹介します。

色彩検定

色彩検定は文部科学省後援の検定試験です。公益社団法人色彩検定協会によって、毎年6月と11月に試験が実施されています。全国約400会場で試験が行われるため、試験会場へのアクセス面から考えても比較的受験しやすい検定試験といえます。

色彩検定は3級から1級まであり、3級の合格率は7割を超える傾向にあります。初めて色彩関連の試験を受ける方は、まずは比較的難易度が低い色彩検定3級から挑戦しても良いかもしれません。

なお、色彩検定はもともと「ファッションカラーコーディネーター検定試験」という名称で始まった資格です。その名称からも分かる通り、ファッション業界で働く際に力を発揮しやすい資格といえます。

カラーコーディネーター検定試験

色彩検定と並んで知名度が高いカラーコーディネーター検定試験は、東京商工会議所によって毎年6月と12月に実施される検定試験です。カラーコーディネーター検定試験は専門的・理論的な内容を含み、会社で工業デザインに関わる方の受験も多い資格です。

カラーコーディネーター試験は3級から1級まであり、1級は「環境」「商品」「ファッション」と分野が分かれる点が特徴で、1級の「環境」は合格率が1~2割と難関です。

パーソナルカラリスト検定

一般社団法人日本カラリスト協会が主催するパーソナルカラリスト検定は、毎年7月と11月に実施される検定試験です(法人試験のみ2月にも試験実施)。パーソナルカラリスト検定では、「似合う色」についての理論を学ぶことができます。色彩知識はもちろん、「人と色」の色彩調和に重きを置く資格のため、メイクやファッション、ヘアカラーなど、実生活のさまざまなシーンで役立ちます。

パーソナルカラリスト検定は3級から1級まであり、2級からの受験や2級・3級の併願受験は可能ですが、1級受験は2級取得者のみという条件があります。

実践的な内容が多いことから、ファッションに関する仕事はもちろん、普段の生活でカラーコーディネートを役立てたい方にもぴったりの資格といえるでしょう。

色彩士検定

色彩士検定は、特定非営利活動法人全国美術デザイン教育振興会の主催によって毎年9月と1月に実施される試験で、3級から1級まであります。
色に関する理論や色の歴史についての知識が必要なことはもちろん、3級から演習・実技問題が盛り込まれていることが特徴です。

試験の多くがデザイン系の専門学校で行われており、デザイナーやアーティストを目指す方が多く受験する資格といえます。

目的に合わせて受験する資格・検定を選ぼう

ここまで紹介してきたように、ファッション業界で活かせる知識をつけたいなら色彩検定、工業デザインに関するカラーの知識をつけたいならカラーコーディネーター検定試験、ファッションから普段の生活まで幅広く役立てるならパーソナルカラリスト検定、アーティストを目指したいなら色彩士検定と、色彩に関する資格は、それぞれ強みや特色、身につく知識が異なります。また、資格によって出題範囲や傾向も異なるため、それに合わせた準備が必要になります。自分が求めるものを明確にした上でどの資格を受験するかを決めましょう。

まとめ

漠然と色に関係する資格を取りたいと思っている方は、まず自分が進みたい方向や、資格に求めることを明確にしましょう。

また、勉強する際には教材を買って独学で行う方法もありますし、通信講座や学校を利用する方もいます。自分のライフスタイルや性格に合った勉強方法を選び、資格取得を目指して学習に取り組んでください。

講座との相性を確かめよう

講座との相性を確かめよう

カラーコーディネート講座があなたに向いているのか相性診断でチェック!
80%以上の相性なら今すぐ申し込みして、人気の専門資格を手に入れよう!

今始めると、ゆとりをもって手堅く合格が狙える!

カラーコーディネートは、たくさんの色から微妙な違いを見極めて、効果的に色をコーディネートすることができるスキル。
色彩に関する基本的なノウハウをしっかりと習得できるので、ファッションや化粧品、ヘアメイクやブライダル業界はもちろん、広告・宣伝、出版、デザイン関係と、活躍の場はたくさん! また、インテリアや服装のコーディネートスキルも学べるので、日常生活でも効果を発揮できます。
ユーキャンの「カラーコーディネート」講座のメインテキストは、オールカラー! 他にも、カラーカードを切り貼りしながら配色のイメージが覚えられる「ワークブック」など、副教材も充実しています。受講生に人気の「パーソナルカラー診断」を受ければ、自分にぴったり似合う色がわかるので、普段の服装のコーディネートやメイクに活かせるのも魅力! 楽しみながらセンスが磨けます。
同時に、(一社)日本カラリスト協会が主催する、パーソナルカラリスト検定2・3級合格が目指せます!

TOP