食育実践プランナー

食育実践プランナーコラム

受講お申込み

食生活を改善して健康な体をつくろう!食事の教育・食育とは

私達の体は、私達が食べた物だけで作られています。食べ物は生きていく上でとても重要であり、「食に関する教育=食育」もまた重要。子どもたちはもちろん、食育は大人にとっても知っておきたい知識です。そこでここでは、健康な体を作るための食事とは何か、食育とはどのようなものかをご紹介します。

簡単そうで難しい?健康的な食生活

「健康的な食生活」という言葉を耳にする機会は多いでしょう。言葉にするのは簡単ですが、実際にどう改善すれば健康的な食生活を実現できるか、具体的に説明・実践することは意外と難しいものです。

まず、栄養面で健康的な食事は、タンパク質・糖質・脂質・ビタミン・ミネラルなどを十分に摂取できるようバランスがとれていることが理想です。そして味覚的に健康的な食事とは、おいしいと感じられること。また、家族や友達と楽しく食べることも、精神的に健康でいられる環境であるといえます。

このように、食生活の改善は知識がないとなかなか実践することができません。栄養面はもちろん、味や環境など、さまざまな要素と知識がそろって成り立っているのです。

家庭間で格差がある?家庭の食育環境

「食育」とは、私達に毎日欠かせない「食」に関する知識を身につけ、健全な食生活を送れる人間を育てること、と定義されています。では、健康的な食生活の知識は、どのように身につければ良いのでしょうか?

現代社会の食育は、大半が家庭に任されています。ただし、自治体が中心となって学校や保育所などでも、子どもたちの発育に応じた食育を行う地域は増えています。2005年には食育基本法も施行され、政府は国民運動を盛り上げて食育の普及と浸透を図ると目標に掲げました。

食育は全ての人が受けるべき、「生きるための教育」。特に子どもに対しては、幼いうちから食に対する正しい知識を与える必要があります。しかし、個々の家庭に任されている現状では、食育に積極的な家とそうでない家とで知識の格差が広がってしまうでしょう。
もし全ての子どもたちが食について正しい知識を身につけることができれば、生活習慣病の減少が期待できるかもしれません。「楽しさ」「おいしさ」を感じながら健康的な食生活を送るために、食育をより多くの人々に伝えることは非常に重要な課題なのです。そのためにも、各家庭での食育環境の全体的な改善と、国や自治体による教育機関などでの食育の実施が求められています。

食育を支える「食育実践プランナー」とは?

食育を支える専門資格の1つに、「食育実践プランナー」があります。食育実践プランナーとは一般社団法人日本味育協会認定の資格で、食育に関する知識と実践力、指導力を証明するものです。資格取得のために、子どもや高齢者が食事をとりやすくなる調理の工夫や、食事・配膳のマナー、旬の素材やおいしい食材の選び方などを学びます。
食生活の改善をはじめとした食育が重要視されている現在、食育を実践できる人材は非常に貴重です。自分の家庭ではもちろん、親子を対象とした食育教室や講演会の開催など、地域活動を通して活躍することができるでしょう。

次世代へ「健康的な食生活」を伝えよう!

食育自体は決して新しいものではなく、昔から各家庭で行われていました。自分達の田畑で米や野菜、果物を作る手伝いをし、料理を手伝い、家族みんなで1日3食ご飯を食べる。子どもたちはこのような「当たり前の生活」から食に関するさまざまな知識を学び、それによって日本の食文化が代々引き継がれてきました。

現代社会では昔ながらのスタイルでの食育が難しくなっていますが、食育実践プランナーの資格を取得して食育の指導ができるようになれば、次世代へ「食生活の改善方法」や「健康的な食生活」を伝えることができるようになるでしょう。

おわりに

食育は国も力を入れている事業の1つ。子どもたちを中心に、全ての人々が健やかな人生を送るためのお手伝いとして食育実践プランナーが注目されており、活躍できる場も増えています。健康的な食生活に興味がある方は、食育実践プランナーへの道をぜひご検討ください。

この記事内の情報は、2016年9月時点のものです

ユーキャンの食育実践プランナー講座について

当講座では、毎日の食事作りにも役立つ、読みやすく実用的な教材をご用意。レッスンは1日数ページでOKです。レシピ集や、食材の選び方が分かる目利き便利帳もセット。楽しく学びながら、より充実した食生活を目指せます。

食育実践プランナー講座の詳細はこちら

食育を”おいしく”学んでおうちで受験!

受講お申込み