カラーコーディネート

カラーコーディネートコラム

資料請求(無料)

自分に似合う色って?メイクやファッションで使えるパーソナルカラーの魅力

メイクをするとき、服を選ぶとき、髪色を変えるとき、自分をより魅力的に見せたいと思ったことはありませんか?一方で、「自分に似合う色はどんな色なんだろう?」と悩む方もまた多いことでしょう。

「似合う色」を決めるのは、あなた自身が本来持っている髪や肌、目の色です。それらの色から似合う色の傾向を知り、自身の魅力を引き出すのが「パーソナルカラー」という考え方。そんな自分の魅力を引き立たせる、ファッションやメイクに役立つ「パーソナルカラー」についてご紹介します。

自分に似合う色、パーソナルカラーとは?

自分に似合う色、つまりパーソナルカラーとは、その人を一番魅力的に見せてくれる色のことです。人によって肌や髪の色、瞳や唇の色は異なります。同じ肌色に見えても、黄みの強い肌の人と青みがかった肌の人がいるのです。その違いにより、「Aさんはこの色を着ると顔色が明るく見えるけど、Bさんは肌がくすんで見える」ということが起こります。

パーソナルカラーとは、別の言い方をすればその人の欠点を目立たなくさせ、長所を引き出す役割を担う色のことです。赤は似合うが緑は似合わない、ということではなく、同じ赤でもビビッドな赤は良いがピンクがかった赤は避けた方が良い、というように、色みによって判断します。

4つのパーソナルカラータイプ

パーソナルカラーは、肌や髪、瞳の色などから4タイプに分類することが可能です。

春タイプ(ブライトスプリング):黄みがかった透明感のある肌。明るくカラフルな色がおすすめ。
夏タイプ(パステルサマー):頬に淡いローズピンクを感じる肌。優しいパステルカラーがおすすめ。
秋タイプ(ディープオータム):黄みのある暖かな肌。深みのある色がおすすめ。
冬タイプ(ブリリアントウィンター):血色の代わりに青みを感じさせる肌。モノトーン+鮮やかな色がおすすめ。

自分に似合う色を知るには、顔の下にさまざまな色みの布を当て、一番顔色がきれいに見える色を探す方法の他、チャートを使ってチェックする方法もあります。

パーソナルカラーをメイクに活かす

パーソナルカラーは、生まれ持った本来の肌や髪の色、瞳や唇の色などで決まります。パーソナルカラーが分かれば、メイクの色選びでの失敗が減ります。流行りのチークやリップに振り回されることなく、より自分を魅力的に見せる色を選べるようになるでしょう。

普段メイクがうまくいかないように感じるのは、パーソナルカラーに合わない色を肌にのせていることが原因かもしれません。

パーソナルカラーをファッションに活かす

パーソナルカラーをファッションに活かすと、女性はもちろん、男性の服選びやコーディネートのセンスアップにもつながります。

例えば、ネクタイやジャケット、Yシャツの色の組み合わせで顔色の見え方が左右されます。パーソナルカラーをうまく取り入れることができれば、落ち着きや精悍さ、若々しさなど、その人が本来持つイメージを上手に印象付けられるので、ビジネスの場面でも相手に良い印象を与えることができるでしょう。

また、パーソナルカラーは服だけでなく、靴やアクセサリー・眼鏡・バッグなど、ファッション全般で活用することができます。

おわりに

パーソナルカラーについてさらに深く知るための方法の1つとして、パーソナルカラリスト検定があります。パーソナルカラリスト検定は、仕事に結びつくことはもちろん、メイクやファッションにパーソナルカラーを取り入れ、自分や他の人を魅力的に見せる能力を身につけられます友人や家族にアドバイスをしてあげることもできるため、周囲の人々との会話や関係性をさらに深めることも可能です。

私生活に仕事にと、幅広く実践的に役立つのがパーソナルカラーの大きな魅力です。パーソナルカラーを学んで、今の生活をより一層充実させてみてはいかがでしょうか。

この記事内の情報は、2016年9月時点のものです

ユーキャンのカラーコーディネート講座について

ユーキャンのカラーコーディネート講座は、色と遊ぶような感覚で基礎から学べるテキストをご用意。楽しみながらセンスアップと検定合格が目指せます。また、ご自分に似合う色が分かる「パーソナルカラー診断」も大好評。講座の詳細やカリキュラムを、ぜひ案内資料でご覧ください。

カラーコーディネート講座の詳細はこちら

カリキュラムを見たい方は、資料請求(無料)!

資料請求(無料)

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細