「学びオンライン プラス」利用規約(総則)
総則 第1条 利用規約と適用範囲
1. 「学びオンライン プラス」(以下、「本サービス」といいます)は、株式会社ユーキャン(以下、「弊社」といいます)が提供する会員向け学習支援サイトです。
2. 本サービスの利用規約は、この「学びオンライン プラス」利用規約(総則)(以下、「総則」といいます)と「学びオンライン プラス」学習質問メール利用規約(細則)(以下、「細則」といいます)で構成されています(以下、総則と細則を併せて「本規約」といいます)。本規約は、本サービスを構成するすべてのWEBコンテンツおよび本サービスを通じて提供するすべてのサービスの利用に適用されます。
3. 本サービスをご利用いただくためには、本規約に同意していただく必要があります。会員登録に際し、「必要情報の登録」画面にある「「利用規約」と「個人情報の保護と取扱い」に同意して進む」をクリックした時点で、本規約の全ての条項に同意されたものとみなします。本規約全ての条項に同意できない方については、本サービスをご利用いただけません。なお、不承諾の意思表示は、本サービスへの会員登録をしないことをもってのみ認められるものとします。
4. 弊社は、総則第4条第3項に定める会員(以下、同じです)の承諾なく、細則を含む本規約を変更することがあります。この場合は、変更後の本規約が本サービス上に掲載された時点で効力を生じるものとし、常に本サービス上に掲載された最新の本規約が有効に適用されるものとします。ただし、変更された本規約に同意できない会員は、総則第9条第1項に従って、速やかに本サービスの利用停止手続きを行い、本サービスの利用を終了するものとします。

総則 第2条 サービスの概要
1. 本サービスは、「学びオンライン プラス」に会員登録された方のみに提供される、会員専用のサービスです。
2. 会員は、本サービス掲載の「学びオンライン プラス ご利用ガイド」(以下、「ご利用ガイド」といいます)に従って、本サービスを利用するものとします。なお、ご利用ガイドに記載された利用条件なども、本規約の一部を構成するものです。
3. 本サービスは、弊社が提供する各種通信講座(以下、「通信講座」といいます)の受講生(通信講座の教材としてお届けした「お知らせと提出用紙」などに記載されている受講生番号の名義人をいい、以下同じとします)に対して、学習支援、学習情報の提供などを目的とするものであり、弊社の通信講座の受講生でない方が会員になることや、本サービスをご利用いただくことはできません。
4. 各会員に提供するコンテンツやサービスは、会員の受講講座や受講開始時期などによって異なります。会員に提供するコンテンツやサービスは、弊社が有する会員の受講情報に基づき、弊社が定めるものとします。
5. 本サービスの運営・管理は、弊社が別途選定する「学びオンライン事務局」のスタッフが行います。また、各コンテンツやサービスの提供は、「学びオンライン事務局」がコンテンツごとに定めた各担当者が行います。
6. 本サービスの利用に関連して、会員と「学びオンライン事務局」の間で交わされた個別の連絡(事務局から会員への連絡)や質問回答なども、本規約に基づいたサービスの一部となります。
7. 本サービスの利用に関しては、料金は発生いたしません。ただし、プロバイダへのインターネット接続料金、電話料金などの通信費は、会員の負担とします。

総則 第3条 会員の設備など
1. 会員は、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、その他これらに付随して必要となるすべての機器を、自己の費用と責任において、準備および維持し、それらを適切に設置・操作するものとします。弊社は、それらの設置・操作方法について、指導・サポートする義務を負いません。また、弊社は、会員がインターネットにアクセスするための準備、方法、プロバイダの選択などについて一切関与いたしません。
2. 本サービスは、日本語オペレーティングシステムを搭載のパーソナル・コンピュータまたは、本サービス内「利用環境・条件」に記載の機器からのご利用を推奨しております。なお、弊社は、インターネット端末全ての機種からの動作確認はしておらず、「利用環境・条件」で推奨している機器についても、これらによる不具合、エラーまたは障害が生じないことを保証するものではありません。

総則 第4条 会員登録
1. 本サービスをご利用いただくには、まず会員登録が必要です。会員登録にあたっては、必ず会員登録を希望する受講生本人(以下、「登録希望者」といいます)が、本サイト上の会員登録のためのフォームに、ご自身に関する事実かつ正確な情報を入力し、弊社に送信してください。
2. 本サービスの会員登録には、登録希望者の、総則第5条第1項記載のお客様番号、電話番号およびメールアドレスの入力が必要になります。電話番号は、会員が通信講座申込時または弊社商品・サービスの購入時に弊社に通知したもののうち、最新の情報を使用してください。
3. 登録希望者は、会員登録手続きの完了をもって正式な会員(以下、「会員」といいます)となり、本サービスを利用することが可能になります。会員登録手続きの完了は、弊社が登録希望者が会員登録手続きの際に入力した電子メールのアドレスに「会員登録完了」の通知を発信した時とします。
4. 登録希望者が、過去に本規約に違反するなどして会員登録を停止されている場合、その他弊社が会員として不適当と判断した場合には、会員登録をお断りすることがあります。

総則 第5条 ログインIDとパスワードの管理
1. 本サービスのご利用には、ログインIDとパスワードが必要です。ログインIDは、通信講座を受講した際に弊社が発行した受講生番号の前半の11桁(お客様番号)、または、ご登録のメールアドレス(連絡を受けるのに使うアドレス)とし、パスワードは、会員登録手続きの際、ご自身が登録したものを使用します。
2. 会員は、ログインIDおよびパスワードを、第三者に譲渡・貸与・開示・利用などさせることはできません。
3. 会員は、自己の責任で、ログインIDとパスワードを管理するものとします。会員のログインIDとパスワードを利用して行われた行為は、全てその会員の責任とみなし、ログインIDやパスワードが漏洩し、不正に使用されるなど会員に生じた一切の損害についても、会員の故意過失の有無にかかわらず会員が負うものとし、弊社は一切その責任を負いません。
4. 会員は、ログインIDとパスワードが第三者の知りうるところとなったこと、現に第三者に使用されていること(そのおそれがある場合も含みます)が判明した場合には、直ちにその旨を弊社に通知するとともに、弊社からの指示に従うものとします。

総則 第6条 遵守事項
会員は、本サービスにおいて、次に挙げる行為またはそのおそれのある行為をしてはならないものとします。
1. 本サービスを利用する権利を第三者に譲渡・貸与する行為
2. 虚偽の情報を登録・提供する行為
3. 他人、他団体もしくは弊社の通信の秘密、プライバシー、肖像権、著作権、商標権、その他知的財産権、財産権を侵害する行為、名誉、信用などを毀損する行為
4. 他人、他団体、弊社もしくは本サービスを誹謗中傷し、又は他人を差別する行為
5. わいせつ、低俗、罵倒、侮辱、威嚇や脅迫、差別的表現や人種・民族的に不快な表現、その他公序良俗に反する行為や他者に著しい不快感や精神的苦痛を与える行為
6. 本サービスを利用するためのプログラム・画像などを改変もしくは複製する行為
7. 他人、他団体もしくは弊社の情報を盗用、改ざん、消去する行為
8. 本サービス(細則で定めるサービスを含む)の利用について、弊社または「学びオンライン事務局」スタッフが不適切な行為として注意をしたにもかかわらず、その指示に従わずに不適切な利用を継続する行為
9. 本サービスを営業活動、営利を目的に利用する行為
10. 本規約(細則、ご利用ガイドを含む)に違反する行為
11. 前各号に定めるほか、法令に違反する一切の行為
12. 他の会員のお客様番号、電子メールアドレスやパスワードを不正使用する行為や、他の会員になりすます行為
13. 前各号に定めるほか、本サービスの運営に支障を与え、または他の会員の利益を害するものと弊社が判断した行為
14. その他弊社が不適切と判断する行為

総則 第7条 著作物の権利
1. 本サービスにおける文書・画像・音声・プログラムなど一切に関する著作権その他知的財産権は、弊社または権利者に帰属するものとします。ただし、細則に別の定めがある場合はその細則の規定に従うものとします。
2. 会員は、本サービスを利用することによって著作物を取得した場合、当該著作物を自己の学習のためにのみ利用することができますが、法律で定められた場合を除き、当社または著作権者の許可なく複製、転載、転用、インターネットによる公衆送信、販売、頒布、譲渡、貸与、変更、放送、有線放送、上映などを行うことはできません。ただし、細則に別の定めがある場合はその細則の規定に従うものとします。

総則 第8条 個人情報の保護と修正
1. 弊社は会員の個人情報を、会員への連絡、情報提供、質問回答メールを含む指導サービスの提供、弊社の通信講座・商品・サービスのご案内およびアンケートの実施などに利用することがあります。また、サービスの開発・改善などの目的のため、会員の本サービス利用記録などの集計・分析を随時行います。その他、個人情報の取り扱いについては、当サイトに掲載されている本サービスの「個人情報の保護と取扱いについて」をご確認ください。
2. 会員の氏名、電話番号、受講講座など、本サービスを利用するにあたり会員に示される個人情報は、会員が弊社に通知し、弊社が更新した最新の情報とします。
3. 会員は、自身の氏名、住所、電話番号など、弊社の通信講座申込時、商品・サービス購入時または本サービス申込時に弊社に通知した情報のうち、最新の情報について変更が生じた場合は、すみやかにその旨を「お知らせと提出用紙」などの「住所氏名等変更届用紙」や市販のハガキによる郵送、または電話にて、弊社に届け出るものとします。なお、会員登録時、弊社に通知した電子メールアドレスに変更が生じた場合には、本サービス上から、変更登録を行うものとします。
4. 会員が弊社に対し、変更のあった個人情報を届け出ていなかった場合に、会員に生じた損害について、弊社は一切の責任を負わないものとします。

総則 第9条 利用の終了、会員登録の停止と利用資格の制限
1. 会員は、本サービス上で定められた操作方法によって、本サービスの利用終了のため、利用停止手続きを行うことができます。なお、一度利用停止手続きを行っても総則第4条第4項または総則第6条に該当する行為を行った場合またはそのおそれのある行為を行ったと弊社が判断した場合を除き、再度本規約に同意のうえ会員登録手続きを行うことで、本サービスを利用することができます。なお、会員が利用停止手続きをした後も、弊社は、総則第8条および「個人情報の保護と取扱いについて」に従い、会員の個人情報を利用することができるものとします。
2. 会員が総則第6条に該当する行為を行った場合またはそのおそれのある行為であると弊社が判断した場合、本規約に違反した場合、および弊社が会員として不適当と判断した場合には、弊社は、当該会員に対し、電子メール、電話、郵便などによる注意や警告をすること、弊社の判断で、会員への事前の通知なくして、当該会員の会員登録を停止すること、または利用できるサービスの全部または一部を制限することができます。
3. 総則第4条第4項記載の会員登録のお断り、または前項記載の会員登録の停止または利用サービスの制限により会員に損害が発生した場合でも、弊社は一切の責任を負わないものといたします。

総則 第10条 損害賠償
弊社が、会員の行為に起因して損害を被った場合には、弊社は、会員に対し、その一切の損害の賠償を請求することがあります。

総則 第11条 サービスの変更、停止または終了
1. 弊社は以下のいずれかに該当する事由が発生した場合、会員への事前の通知および承諾を要することなく、本サービスの全部または一部の提供を停止もしくは終了することがあります。
(1)本サービス運営のためのシステムまたは本サービス用設備(以下、「システムなど」といいます)の保守、更新、工事などを定期的または緊急に行う場合
(2)任意の電気通信事業者またはプロバイダにおける障害などが発生した場合
(3)通常講ずるべきウィルス対策では防止できないウィルス被害、火災、停電、天災地変などの不可抗力、その他不測の事態により、本サービスの提供が困難な場合
(4)突発的なシステムなどの故障などが発生した場合
(5)その他、弊社が本サービスの保守上、運用上などの理由でやむを得ず、本サービスの提供を停止または終了する必要があると判断した場合
2. 弊社は会員への事前の通知および承諾を要することなく、本サービスの変更または一時的な中断を行うことがあります。
3. 当社は1ヶ月の予告期間をもって、本サービス上で会員に通知のうえ、本サービス全体の提供を中長期的に中断もしくは終了することができます。
4. 本条各項により、会員に生じた損害について、弊社は一切の責任を負わず、本サービスを利用できない期間が発生したとしても、通信講座の受講期限の延長、受講料の返金などは行わないものとします。

総則 第12条 会員への連絡およびアンケートの依頼
1. 弊社は、特定の会員に対して、本サービス利用に関する報告や依頼、注意などを個別に連絡できるものとします。
2. 弊社は、会員に対して、学習支援・アンケートその他本サービスに関するご連絡などの目的で、電子メールを送信することがあります。
3. 本条第1項の会員への連絡は、会員が、弊社の通信講座申込時、商品・サービス購入時または本サービスの会員登録時に弊社に通知した電話番号、住所および電子メールアドレスの情報または本サービスのコンテンツのうち、弊社が選択した方法を利用して行い、前項の会員への連絡は、当該電子メールアドレスを利用して行います。連絡が郵便で行われる場合には、弊社から会員登録情報の住所宛に郵便を発送したことをもって、電子メールによって行われる場合は、弊社から会員登録情報のメールアドレス宛に電子メールを発信したことをもって、連絡が完了したものとみなします。
4. 会員登録の際に登録した個人情報に誤りがあった場合、会員が弊社に対し、変更のあった個人情報を届け出ていなかった場合、および会員側の事情により弊社からの連絡が到達しなかった場合に、会員に生じた損害について、弊社は一切の責任を負わないものとします。
5. 弊社から会員に対し、本サービスまたは学習指導サービスなどに関して、複数のアンケートへのご協力をお願いすることがあります。ご協力いただける場合には、各アンケートにてお願いする方法に従ってご回答ください。
6. アンケートの記述欄に質問などをご記入いただいても回答を差し上げることはできません。質問は、細則第4条に記載の方法でお送りください。

総則 第13条 免責
1. 弊社は、本サービスの提供に不具合、エラーまたは障害が生じないことを保証するものではありません。
2. 弊社は可能な限り、正確かつ有用な情報を提供するよう努めますが、会員は、弊社が提供する情報について、自己の責任において活用するものとします。弊社が会員に提供する情報に起因して会員が損害を被ったとしても、弊社は一切の責任を負いません。
3. 弊社は、会員が本サービスを通じて受信または送信するすべての情報について、本サービス設備の故障などによる不可抗力または本規約で定める規定、その他事由のいかんにかかわらず消失・削除してしまったとしても、弊社はその一切の責任を負わないものとします。よって会員は、弊社への送信情報についてバックアップをとっておくことをお勧めします。
4. 本サービスのプログラム・画像・ファイルなどの複製や改変、弊社が本サービスを通じて配付または推奨した以外のプログラムの使用や利用方法により、会員が損害を被ったとしても、弊社はその一切の責任を負いません。
5. 会員は、本サービスの利用に関連し、他の会員または第三者との間で紛争が生じ、当該会員または第三者から何らかの請求がなされ、または訴訟が提起された場合、自らの費用と責任において当該請求または訴訟を解決するものとし、弊社は一切の責任を負わないものとします。

総則 第14条 合意管轄
会員と弊社との間における本規約および本サービスに関して生じる一切の紛争については、東京地方裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

総則 第15条 準拠法
本規約の準拠法は日本法とします。

「学びオンライン プラス」学習質問メール利用規約(細則)
細則 前文
本細則は、本サービスの質問メールサービス(以下、「本メールサービス」といいます)について定めたものです。総則第1条第3項規定の「「利用規約」と「個人情報の保護と取扱い」に同意して進む」のクリックをもって、細則の全ての条項にも同意したものとみなします。なお、細則およびご利用ガイドは総則にて定められている通り、本規約の一部を構成するものです。本メールサービスのご利用にあたっては、細則に加えて総則およびご利用ガイドが適用されます。

細則 第1条 サービスの概要
1. 本メールサービスは、本サービスに含まれる会員専用の学習質問メールサービスです。会員は、細則、ご利用ガイドおよびガイドブックなどに従って、本メールサービスを利用するものとします。
2. 会員は、本サービス上から、メールにて受講中の通信講座の学習に関する質問(以下、「質問メール」といいます)を行い、弊社は、本サービス上からメールにて、弊社が別途定めた担当者を通じて、質問メールに対して回答(以下、「回答メール」といいます)を送信するものとします。

細則 第2条 利用条件
1. 弊社は、本メールサービスを、本メールサービスの適用対象になっている通信講座(以下、「対象講座」といいます)を受講している受講生に提供します。通信講座の教材としてお届けしたガイドブックなどで本メールサービスを紹介している講座については、対象講座となります。

細則 第3条 利用期間
1. 質問メールの利用期間(以下、「利用期間」といいます)は、対象講座の受講開始日から受講期限日まで(以下、「受講期間」といいます)となります。受講期間については、通信講座の教材としてお届けした「お知らせと提出用紙」などでご確認ください。
2. 利用期間終了後については、会員は、利用期間終了日の翌日から1年間(以下、「閲覧可能期間」といいます)、利用期間内に送受信した質問メールおよび回答メールの閲覧のみできるものとし、閲覧可能期間終了後は、事前の予告なく、それらの閲覧もできなくなります。会員は、当該メールについては、必要に応じて、閲覧可能期間の終了までに、印刷などの方法で控えをとるなどしてください。なお、複数の対象講座を受講している会員については、対象講座ごとに、利用期間が設定されます。
3. 会員が、対象講座を返品した場合、弊社が返品を確認した日の翌日以降、質問メールをご利用いただくことはできません。

細則 第4条 利用方法
1. 会員は、質問のしかたについて、細則、ご利用ガイドおよびガイドブックなどの記載に従うものとします。弊社は、その記載に違反する質問や弊社が効果的な学習方法ではないと判断した質問に対しては、学習アドバイスなどをもって回答に代えることができます。また、弊社は、教材セットに含まれない他社の書籍や教材に関する質問、受講中の通信講座の目的を逸脱する質問、試験の実施団体が公表しない情報に関する質問などについては回答いたしません。
2. 会員は、ご利用ガイドの記載に従い、以下の方法で、質問メールを送信するものとします。
(1)webメールを利用した方法
本サービスのweb画面上、学習質問用のフォーム(以下、「webメール」といいます)を利用して送信する方法
(2)テンプレートメールを利用した方法
本サービス上で会員が発行を受けた、学習質問用のテンプレートメール(以下、「テンプレートメール」といいます)を利用して送信する方法
3. 会員は、適切な回答を得ることができるよう、できる限り質問の趣旨を明確にして、具体的な質問をするよう心掛けるものとします。
4. 会員は、質問メールを作成するにあたり、以下の点に留意するものとします。
(1) @webメールの場合
質問メールのタイトルは、質問内容がわかりやすいようなものにすること。
Aテンプレートメールの場合
受信したテンプレートメールの件名を変更せずに、質問メールを作成すること。
(2)質問メールの文章は、質問メールのタイトルに対応する内容とし、簡潔に記述すること。
(3)質問に必要な場合に限り、質問メールにファイルを添付するものとし、質問に関連しないファイルの添付は行なわないこと。
5. 本サービスに関連する学習以外の質問については、本サービス内の学習以外の質問用webメールまたはテンプレートメールを利用するものとします。

細則 第5条 質問メールの制限
1. 質問メールには、1通につき1問の質問を記載してください。質問が複数ある場合は、それぞれ質問メールを作成してください。
2. 質問メールは、1日につき合計3問までとします。ただし、ウェブサイト・案内資料等やその他利用規約などに特段の定めがある場合にはそれに従うものとします。
3. 質問メールにおける仕様上の制限については、ご利用ガイドに従うものとします。
4. 弊社は、1日の質問数上限を超える質問については回答をしないことができるものとします。

細則 第6条 質問への回答
1. 質問メールへの回答は、webメールまたはテンプレートメールいずれか質問メールに対応する回答メールにて行います。郵送での回答を希望される会員は、市販のレポート用紙や便箋をご利用のうえ、弊社まで郵便にて質問をお送りください。なお、その場合の郵便料金は、会員の負担となります。
2. 回答に図を使用する場合で、添付ファイルの容量または件数の制限などにより、本メールサービスを利用しての回答が最適でない場合、または不可能な場合は、質問メールへの回答を、郵送などで行うことがあります。

細則 第7条 著作権
1. 本メールサービスにおける弊社からの回答文その他一切の回答内容について、著作権は弊社または著作権者に帰属するものとします。会員は、当該著作物を自己の学習のためにのみ利用することができますが、法律で定められた場合を除き、当社または著作権者の許可なく複製、転載、転用、インターネットによる公衆送信、販売、頒布、譲渡、貸与、変更、放送、有線放送、上映などを行うことはできません。

細則 第8条 免責
1. 本サービスまたは本メールサービスの不具合、エラーまたは障害などにより、回答メールを返信することができない場合、弊社は、可能な限り速やかに回答メールを送信する、もしくは他の方法にて返答するよう努めますが、回答メールの遅延・不能などに関して、弊社は一切責任を負わないものとします。

附則
総則は平成23年 5月 1日より実施します。
平成29年 6月26日 改定
令和 2年 4月15日 改定

細則は平成23年 5月 1日より実施します。
平成29年 6月26日 改定
令和 2年 4月15日 改定
閉じる