「自分が取りたい資格は、どれくらい人気があるの?」「本当に役に立つの?」資格を取ろうと思ったとき、そんなことを思って二の足を踏んだことはありませんか?
そんなあなたは、このランキングTOP5をチェック! 海外在住の多くの日本人女性が「取りたい!」と思う資格をチェックして、講座選びに役立ててください♪ ※2018年 上半期のランキングです。

【1】食育実践プランナー 標準学習期間6ヵ月

食育実践プランナーとは、すこやかな食生活を“実践”することや、そのための知識を、子どもからお年寄りまで幅広い方々に伝える食育のスペシャリストです。食への関心が高まる昨今、ますます求められる資格です。

【2】ファイナンシャルプランナー 標準学習期間6ヵ月

税金・保険・不動産・年金などの豊富な知識と広い視野を持ち、ライフプランの設計を行うお金の専門家―お客さまの夢や希望を叶えるためのパーソナル・ファイナンシャル・プランニングを行うプロフェッショナルです。学んだ知識はご自分のライフプランニングにも活かせるので、取っておいて損はない資格です。

【3】整理収納アドバイザー 標準学習期間4ヵ月

整理収納の知識を基礎から身につけ、とにかく部屋をきれいにしたい方におすすめ。整理収納の知識があれば、毎日の家事がぐっとラクにこなせるように!職場でも、デスク周りがすっきりすることで、仕事の効率化にも効果を発揮します。

【4】保育士 標準学習期間12ヵ月

子どもたちの元気な声と笑顔に囲まれながら、日々の健やかな成長を見守る、楽しくてやりがいあふれる仕事…保育士。保育士資格は 国家資格として保育のプロであることを証明するため“子供と接する仕事を”と考える方の就・転職に有利です。資格の知識は、ご自身の子育てにも役立ちます。

【5】野菜スペシャリスト 標準学習期間5ヵ月

野菜と果物に関する知識と実践的なスキルを身につけた健康と美をつくるスペシャリスト。ご自身やご家族の健康管理や美容のためだけでなく、食品・小売・飲食業界や美容業界など、食に関わるお仕事に就いている方に役立ちます。