ユーキャンの看護助手講座

医療の専門知識が無くてもOK。看護チームの一員として活躍できる実践力を短期養成!

医師や看護師のもとで、「看護チーム」の一員として活躍する看護助手。採血や注射などの医療行為は行わず、患者さんの身の回りの世話や、病床などの整頓を行います。少子高齢化にともない医療ニーズが多様化しているなか、看護師の負担軽減が課題となっています。そのような背景のもと、医療行為以外の業務をかわりに行う看護助手に注目が集まっています。病床の清潔、食事介助などの業務を看護助手が行うことで、医師や看護師は専門的な業務に専念できるようになります。これにより、医療サービスの質の向上が期待できるため、厚生労働省は医療機関に対して看護助手(看護補助者)の配置を、積極的に奨励しています。

このように、看護助手は時代の追い風を受けた、将来性の高いお仕事です。看護助手の実務には医療の専門知識は不要なため、医療現場で働いたことのない方でも、安心して目指していただけます。病院によって、看護補助者、看護師助手、看護補助員、ナースエイド、メッセンジャーなどと名称はさまざまですが、求人広告では、看護助手という名称が多く見受けられます。人の役に立つ、やりがいのあるお仕事です。

ユーキャンの看護助手講座では、豊富なイラストで内容をイメージしやすいメインテキストとDVD等の副教材で看護助手として働く際に知っておきたい内容がひととおり学べます。医療関係の仕事にまったく携わったことがない方でも、基礎からムリなく楽しく学習することが可能です。

看護助手とは

医療の現場で、看護師をサポート。

医師や看護師とともに、看護チームの一員として活躍します。
医療行為は行わないので、専門知識や実務経験は不要。
看護師がスムーズに働けるようサポートし、患者さんにも明るく接する、やりがいのあるお仕事です。

患者さんの、身の回りのお世話を。

病院のベッドのシーツ交換やリネンの管理、患者さんのお食事や入浴の際のお世話を行います。
ほかにも、車いすの介助や、検査の際の移動のお世話などがあります。

書類を届けたり、機器や器具などの整頓も。

他の病棟や外来の医師・看護師に書類などを届けることも。
また、診察に必要な機器や器具などの準備や、整理整頓なども看護助手の役割です。

看護助手には、いろんな呼び方があります。

病院によって、看護助手の呼び方は異なります。看護補助者、看護師助手、看護補助員、ナースエイド、メッセンジャーなどと呼ばれることも。
求人広告では看護助手の名前で募集がかけられることが多く見受けられます。

看護師とのちがい

職場は病院。いっしょに働きます。

職場が病院という点では同じですが、お仕事の内容は大きく異なります。
看護師になるには国家試験に合格する必要がありますが、看護助手には国家試験はありません。
医療機関は好・不況に左右されにくいので、比較的ニーズは安定しています。

採血や注射などの、医療行為はしません。
看護師とちがい、看護助手は医療行為は行うことができません。
採血や注射などの専門的な業務は、看護師が行います。医療のむずかしい知識は求められませんので、比較的働きやすいお仕事です。
未経験でも、働きやすい。
看護師の負担を軽減するため、看護チームの一員として、看護助手のニーズが高まっています。
看護助手の求人は「未経験でも可」とされていることが多いので、仕事に就きやすいことも魅力の一つです。
人の役に立つ、やりがいのある仕事。

看護師も看護助手も、患者さんを思いやり、あたたかく接してサポートする……という点は同じ。
人と接するのが好きな方や、未経験だけど病院で働いてみたい!という方に、ぴったりのお仕事です。

講座のメリット

当講座で、看護助手の知識を。
当講座では、看護助手として働く際に知っておきたい内容がひととおり学べます。基本的な知識が身につけば、仕事に就いたあとも安心。
第1回・第2回添削課題を提出し、修了課題で基準点をクリアすれば、講座修了です。
添削課題や修了課題はすべてマークシート方式なので、気軽に取り組めます。
受験不要。申請をすれば資格認定も! 
修了課題で基準点に達すれば、申請することで「看護助手実務認定資格証」が全国医療福祉教育協会から付与されます(※)。
試験会場で受験する必要がないので、家事や育児で家を空けられない人にうれしい仕組みです。
※看護助手実務認定資格証の申請は日本国内でのみ可能となりますので、あらかじめご了承ください。講座修了後ならいつでも申請可能です。なお、申請には別途認定料が必要です。

講座の特長

はじめて学ぶ人に、ぴったりの教材。
メインテキストはたったの3冊! 看護助手に必要なことがやさしく身につきます。
ゆったりとした学習スケジュールを組んでいますので、育児や家事でお忙しい方、勉強は久しぶりという方でも無理なく学習を進められます。
テキスト見本を見る
看護補助業務のしかたは、DVDで。
「車いす」って触ったことないけど、どうやって動かすのかな?病院のシーツの交換ってどうやるんだろう…?
そんな不安はDVD(リージョン2)で解消。映像なら実際の動きがわかりやすく、初めての方でも安心です。
病院でよく使うことばは、用語・資料集でチェック。
「清拭(せいしき)」…身体をふくこと。「含嗽(がんそう)」…うがい。病院では、ふだん使わない独特な言い回しをすることがあります。
こういった用語も慣れておけば、仕事でも役立つはず。働き始めてからも使える、便利な副教材です。
わからないときは… ドンドン質問してください!
学習内容でわからないことがあっても、ご安心ください。受講期間内ならメールでいつでも「質問」を受け付けています!専任スタッフが答えるためプロならではの回答で、気になることをそのまま放置させません。
※質問の回答には、多少お時間をいただきます。なお、質問回数に制限を設けさせていただく場合があります。通信料はお客様のご負担となります。
クイズ感覚で楽しく学習。
テキストを読んでばかりの勉強だと疲れてしまう…という方にぴったり。
パソコンやスマートフォンで学習できるWebテストをご用意しました。選択式のお手軽なテストなので、クイズ感覚で楽しく学習できます。

教材

  • メインテキスト:3冊
  • 用語・資料集
  • DVD「よくわかる看護補助業務」(※リージョン2)
  • ガイドブック
  • 添削課題集
  • 添削関係書類 その他

※内容・仕様は変更になる場合があります。

サポート

添削回数…3回(うち修了課題1回含む)
標準学習期間…3ヵ月
※受講開始から6ヵ月まで指導します。
インターネット指導サービス(メール質問含む)「学びオンライン プラス」
パソコン、タブレット、スマートフォンのみの対応となります。ご利用環境や条件はこちら

※質問の回答には、多少お時間をいただきます。なお、1日あたりの質問回数には制限を設けさせていただいています。通信料はお客様のご負担となります。

海外受講ご利用案内

  • ユーキャンの海外受講は各代理店に委託しています。受講お申込みは、ご希望の代理店をお選びいただき各代理店のWEBサイトで直接お手続きいただきますようお願い致します。
  • 海外受講につきましては、学費のほかに教材等の海外配送費用がかかりますのでご注意ください。詳しくは各代理店のWEBサイトでご確認ください。