ユーキャンの1級管工事施工管理技士講座

将来性大の国家資格

管工事施工管理技士は様々な建築物に必須となる配管工事のスペシャリスト。配管設備等の工事における施工計画の作成や管理、あるいは自ら現場に出向いて安全管理をするのが主な業務です。なかでも1級管工事施工管理技士は、大規模工事の際に配置が必須である「監理技術者」に該当しており、建設現場からのニーズが極めて高く、キャリアアップが期待できる資格です。容易に取得できる資格ではありませんが、国家資格のなかでは合格率が高めで、事前にしっかり対策すれば、比較的狙いやすい資格といえます。実地試験は、様々な事例に沿った記述式の問題となっており、多様なパターンの出題形式に基づいた対策が重要です。

ユーキャンの「1級管工事施工管理技士」講座では、学科試験・実地試験の両受験に対応したオリジナルの教材で資格取得を目指す方を徹底的にサポート。分かりやすいテキストで試験に必要な知識を蓄え、講座の仕上げには過去の出題傾向に基づき典型的な問題をセレクトした「厳選過去問題集」を使用。合格に必要な力を身に付けることができます。

1級管工事施工管理技士とは

業界のニーズが高まる配管工事のスペシャリスト
配管工事の管理者として
空調や水道など、人々が快適な生活を送るために欠かせない配管工事全般の管理を行なうのが管工事施工管理技士。
なかでも1級管工事施工管理技士は、大規模な工事現場での配置が義務である「監理技術者」となることができ、現場の責任者として重要な役割を担います。
業界での需要が高まる人材
国土交通省が建設業界全体の新規入職者を90万人確保する計画(※)を打ち出していることも相まって、業界での需要が上昇中。公共工事をはじめ様々な場面での活躍が期待される資格です。
※新規入職者90万人のうち、20万人以上を女性とする
※出典:国土交通省 建設産業活性化会議『再生と進化に向けて― 建設業の長期ビジョン―【要旨】』
就職・転職や収入アップの大きな武器に!
ゼネコンなどの建設会社やサブコンといわれる建設設備会社では、1級管工事施工管理技士の在籍者数が多いほど高評価につながり工事の受注に有利となります。そのため、建設関連会社では有資格者を優先的に採用しており、資格保有者は転職時に有利に!また、企業によっては資格手当を設けているため、収入アップにつながります。
一生ものの資格
1級管工事施工管理技士の資格は2級に比べて、より大規模の工事現場に従事する事ができます。
講習を受けることで、大規模工事の現場必置の「監理技術者」になれるのも大きな武器!
キャリアアップの選択肢が、多岐に広がります。

講座の特長

効率よく合格を狙えるオリジナル教材
教材・カリキュラムは、指導経験の豊富な監修者が全面監修! 広い出題範囲から過去の出題傾向を徹底分析し、内容を厳選して作り上げたユーキャンオリジナルの教材です。
試験に出やすいポイントを押さえているので、効率よく合格を狙えます!
要点をしっかり理解できるメインテキスト
重要なポイントや補足などを欄外で解説し、調べる時間を必要とせずスムーズに学習を進めることができます。文章で分かりにくいところは図解やイラストを使い、イメージすることで理解を深めます。
ムダなく学習が進む学科対策!
メインテキストは3冊で、ムダなく学習!
過去問を徹底分析し、膨大な出題範囲から要点のみをメインテキスト3冊にぎゅっと凝縮!
合格に必要な知識だけが書かれたテキストで、ポイントをしっかり押さえられます。
トレーニングブックで知識の定着も万全
実際の試験で応用力を発揮するためには、インプットした知識をアウトプットで実践できることが重要となります。
繰り返し問題を解き、テキストで学習した内容をしっかり定着させていきます。
多様なパターンで実地対策!
様々な事例や多様なパターンに対応したテキストや問題集で、記述式の対策にもしっかり取り組むことができます。
必ず問われる工程管理やその用語も、分かりやすい解説付きで網羅!
添削課題でニガテを克服!
添削指導は学科全3回、実地全2回の5回。これまで学習した内容の理解度をチェックし、指導スタッフによる的確なアドバイスで弱点を強化!
また、添削課題の第3回は学科、第5回は実地の総合的な実力チェックと位置づけて本試験のレベルで出題。着実な試験対策で自信をつけることで、試験本番で落ち着いて学習の成果を発揮できるように。
過去問題集で総仕上げ!
ユーキャンの過去問題集は、解答解説にメインテキストの復習箇所を明示しているため、効率よく復習できます。
また、過去の試験から典型的な問題をセレクトして収録しているので、試験に向けての総仕上げと、着実に対策がたてられます。
受講生専用インターネットサービス 『学びオンライン プラス』
お手持ちのスマホやパソコンから、試験攻略法や気軽にチャレンジできるWEBテストをいつでもどこでも学習できます。
動画ガイダンスで、実際の業務や試験についておさらい!管工事施工管理技士の業務や検定試験について、分かりやすく解説しています。
業務についてイメージしやすく、試験に向けてのやる気もアップ!
また、受講期間中、学習内容について分からないことが出てきたら、メールでお気軽にご質問ください。経験豊富な講師陣が、あなたの疑問に丁寧にお答えします。
※質問の回答には、多少お時間をいただきます。なお、質問回数に制限を設けさせていただく場合があります。通信料はお客様のご負担となります。

教材

  • メインテキスト:3冊
  • トレーニングブック1冊
  • 厳選過去問題集2冊(学科・実地 各1冊)
  • 添削課題集2冊(学科・実地 各1冊)
  • ガイドブック、その他

※内容・仕様は変更になる場合があります。

サポート

添削回数…5回(学科:第1~3回、マークシート/実地:第4・5回、記述式)
標準学習期間…5ヵ月
※受講開始から試験月までが標準学習期間に満たない場合には次回の試験月まで指導します。
インターネット指導サービス(メール質問含む)「学びオンライン プラス」
パソコン、タブレット、スマートフォンのみの対応となります。ご利用環境や条件はこちら

1級管工事施工管理技士試験ガイド

試験団体
一般財団法人 全国建設研修センター
受験資格
厳密な受験資格があります。
一般財団法人 全国建設研修センターのページをご覧ください。
試験日 
毎年1回(学科試験:9月上旬 実地試験:12月上旬)
試験内容
【学科試験】
【実地試験】
合格基準
【学科】得点が60%以上
【実地】得点が60%以上
※ 試験の実施状況などを踏まえ、変更される可能性があります。
備考  
学科試験免除:前回(前年度)学科試験に合格した方
※資格試験の受験につきましては、帰国されてからの受験となりますので、あらかじめご了承ください。

海外受講お申込みについて

  • ユーキャンの海外受講は各代理店に委託しています。受講お申込みは、ご希望の代理店をお選びいただき各代理店のWEBサイトで直接お手続きいただきますようお願い致します。
  • 海外受講につきましては、学費のほかに教材等の海外配送費用がかかりますのでご注意ください。詳しくは各代理店のWEBサイトでご確認ください。