ユーキャンのITパスポート講座

ネット時代を生きる全ての方へおすすめの国家資格

ITパスポートとは、ITに関する基礎的知識を証明する、経済産業省認定の国家資格です。パソコンやインターネットを使うのが当たり前の時代。技術者だけではなく幅広い層に正しい知識が必要であることから、2009年4月に新設されました。Iパスとも呼ばれ、年齢、性別、職種を問わず人気資格です。

誰でもチャレンジできる合格しやすい国家資格

国家資格ですが、特別な受験資格は必要ありません。年齢、性別、学歴、実務経験に関係なく、どなたでもチャレンジできます。
合格率は平均約50%(IPA情報処理推進機構ホームページより)と、しっかりと学習すれば十分合格を狙えます。

試験は日本全国で実施!受験のチャンスはたくさん

試験は年間を通じて、随時日本全国で実施されています。受験時期も場所も自分で選べるので、合格できそうな実力がついたタイミングでいつでも試験にチャレンジできます。スケジュールを立てやすくお忙しい方も安心です。

CBT方式、四肢択一式で解答しやすい

試験は、CBT方式で行われます。CBTとはComputer Based Testingの略で、PCを利用したテストのことです。PC端末の用意された席に案内されます。そこで受験番号、利用IDなどでログインをして、時間になったら操作を開始します。四肢択一式(4つの選択肢の中から1つ選ぶ方法)ですので、文字の入力は必要ありません。パソコン操作が苦手な方も落ち着いて受けることが可能です。

ITパスポートとは

年間8万人以上が受験する人気の資格
ITパスポートとは、ITに関する基礎的知識を証明する経済産業省認定の国家資格です。パソコンやインターネットを使うのが当たり前の時代。今後、ますますIT関連の人材不足が加速すると言われています。そこで、技術者だけではなく幅広い層に正しい知識が必要であることから、2009年4月に新設されました。Iパス(アイパス)とも呼ばれ、受験者数は年間8万人(2018年現在)を超える人気資格です。
学ぶのはビジネス社会に必須の基礎知識!
ITパスポートの試験範囲は、ストラテジ系(経営全般)、マネジメント系(IT管理)、テクノロジ系(IT技術)の3つの分野です。3分野とも、試験で問われるのは基本的な知識なので、初めてでもきちんと対策すれば十分合格が可能!パソコンスキルや実務経験など受験資格はありませんので、どなたでもチャレンジできます。
さまざまな業界・業種で注目の資格!
ネット環境が普及し、便利で豊かになった一方、情報漏えい、サイバー攻撃等、新しいリスクが生まれ問題となっていますが、 ITを正しく理解することで、不測の事態に備えることができます。そのため、ITパスポートで学ぶ知識は、IT業界はもちろん多くの業界から注目されており、受験する方の職種も幅広く人気です。
取得を推奨する企業も多数!
ITパスポートは、社会からの評価も高いのも魅力! IT化が進む今、社内研修に取り入れたり、社員に取得を推奨したりしている企業や団体も多く、一部の高校や大学ではカリキュラムの一環として学生に取得を推奨しているほど! 将来性の高い国家資格です。

こんな方におすすめ

ITの基礎知識を習得したい新入社員・若手社員の方
IT化が進む現代社会。ITパスポートは国や地方自治体、民間企業など、多くの団体で取得を推奨されている資格です。企業が社員に求める知識を得られる資格であることから、社内研修に取り入れる企業も多く見られます。新社会人の方や、若手ビジネスマンの方には、ITへの入門としておすすめです!
IT関連の企業や部署でステップアップを目指す方
普段からお仕事でITに関わる方も、ストラテジ系(経営全般)、マネジメント系(IT管理)、テクノロジ系(IT技術)の分野を学習することで、仕事の視野を広げるチャンス!また、ITパスポートで学んだ知識は、上級資格の基本情報技術者試験や応用情報技術者試験等、IT系上位資格への挑戦につながります。
ITスキルを強化したい管理職の方
「今はIT関係の仕事はしていないし…」「ITは苦手だから若手に任せよう…」など、IT業務に携っていない方や管理職の方にもおすすめです! ITパスポートの試験範囲はパソコンに関することだけではありません! ITの知識が身につき、業務への理解が深まると同時に、管理職には欠かせないマネジメント力も養われるため、部下に対してもよりよい指導ができるようになります。
就職活動で有利な資格を取得したい方
IT化が進む現代社会。企業では情報セキュリティやモラル等、知識を備えた人材を求めています。 今のうちに学習しておけば、面接時にアピールできることはもちろん、入社後もIT用語、ビジネス用語に戸惑うことなくスムーズに仕事ができます!
パソコン初心者の方
メールしか使わないから自分には関係ない資格・・・とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?ITパスポートでは、セキュリティ、著作権・商標権侵害等の法律等、ネットを使う上で、必要不可欠なITの基礎知識を学びます。
パソコンスキルは問いませんので、パソコンに苦手意識のある方にもおすすめです。

講座の特長

初心者目線!とにかくわかりやすいテキスト
メインテキストはたったの1冊!ユーキャンでは完成度の高い「FOM出版」試験対策テキストを使用しています。わかりにくい専門用語や文章だけではイメージしにくいところは、解説、イラスト、図解を多用。初めて学ぶ分野でもスムーズに学習を進められます。
新出題範囲も完全網羅!
2018年に改訂され、2019年4月から始まった新出題項目「シラバスVer4.0」については、その章を新設し、説明を加えています。テキストに沿って学習すれば、新しい試験範囲もしっかりカバーできるので安心です。各章末の最後には、予想問題を掲載。理解度を深めることができます。
充実のWeb教材で合格力アップ!
ポイントをおさえたオリジナル解説動画
範囲の広い学習内容から重要な箇所をまとめたオリジナル解説動画(1本3分程度)は見ごたえ十分。テキスト学習に加え、「見る」「聞く」ことにより、理解力が上がり、自信につながります。いつでも視聴できるのも心強く便利です。※動画は順次公開します。
わからない用語は用語集ですぐに解決!
学習中にわからない言葉が出てきてもご安心を!ITパスポート試験の対策に特化した用語集を、スマートフォンやパソコンから見ることができます。
知りたい時にすぐ確認できることでつまずきが少なくなり、効率よく学習を進めることができます。
Webテストで実戦力を養成!
お手元のスマートフォンやパソコンで手軽にWebテストに取り組むことができます。演習問題や分野別の過去問題などたくさん問題を解くことで実戦力を養成。
学業や仕事でお忙しい方もスキマ時間を活用して着実に学習が進められます。
※上記のサービスは、すべて受講生専用サイト『学びオンライン プラス』からご利用いただけます。
過去問はCD-ROMもおつけします。
「過去問題プログラム」としてCD-ROM1枚もセット。約1,800の問題と解説を収録しています。
※過去問は「学びオンライン プラス」とCD-ROMでご提供します。
 「学びオンライン プラス」は新出題項目「シラバスVer4.0」に対応しています。
 CD-ROMは出題項目「シラバスVer3.0」までの対応となります。

「過去問題プログラム」CD-ROMの動作環境

OS(基本ソフト)
Microsoft Windows10、8.1、7 SP1(32ビット、64ビット)日本語版
CPU
1GHz以上のプロセッサ
メモリ
1GB以上(2GB以上推奨)
ハードディスク
空き容量1.4GB以上(1.6GB以上推奨)
グラフィックス表示
解像度1024×768ピクセル、または1280×1024ピクセル、または1366×768ピクセル ハイカラー以上
読込媒体
CD-ROMが読み込める光学ドライブ
その他
Microsoft .NET Framework4
  • 「過去問題プログラム」をインストールすると、自動的にインストールされます。
  • Windows10とWindows8.1には、Microsoft .NET Framework4が含まれているため、インストールが不要です。
「?」な部分は質問メールで解決!
受講期間中、分からないことがあっても、メールで気軽に質問できるので安心です。「ひとりで進めるのは心配…」という方も初めての方もご安心ください。
※質問の回答には、多少お時間をいただきます。なお、質問回数に制限を設けさせていただく場合があります。通信料はお客様のご負担となります。

教材

  • メインテキスト:1冊
  • 過去問CD-ROM1枚
  • ガイドブック

※内容・仕様は変更になる場合があります。

サポート

模擬試験2回/修了課題1回
標準学習期間…4ヵ月
※受講開始から6ヵ月まで指導します。
※指導サポート期間中は、「学びオンライン プラス」(添削課題、用語集、各種演習・過去問題、オリジナル解説動画(1本3分程度)がご利用いただけます。)
メール質問可(専用のネットサービス「学びオンラインプラス」を使った対応となります)

試験ガイド

  • 年齢・性別・学歴・国籍に関係なく、どなたでも受験できます。
  • 試験の詳細はIPA(情報処理推進機構)のホームページをご参照ください。
  • 資格試験の受験につきましては、帰国されてからの受験となりますので、あらかじめご了承ください。

海外受講ご利用案内

  • ユーキャンの海外受講は各代理店に委託しています。受講お申込みは、ご希望の代理店をお選びいただき各代理店のWEBサイトで直接お手続きいただきますようお願い致します。
  • 海外受講につきましては、学費のほかに教材等の海外配送費用がかかりますのでご注意ください。詳しくは各代理店のWEBサイトでご確認ください。