ユーキャン大人クラスのサイトです。ページの先頭です。

ユーキャン大人クラスのサイト

送料当社負担・後払いOK・8日以内返品OK

衛生管理者講座

企業に必要不可欠な職場管理のプロ
幅広い年齢層でニーズの高い要注目資格!

衛生管理者講座

衛生管理者とは

衛生管理者は、50人以上が働く事業場には必ず1人以上の設置が義務付けられている国家資格です。
快適な環境で、誰もが健康的に働ける職場づくりを推進するスペシャリスト。企業が抱える様々な問題の改善を期待される、企業に不可欠の存在です。
職場の現状を労働者の立場で改善していく…まさに現役世代が取得するのにピッタリな資格。身につけた知識は翌日から職場で活かせて、会社にも貢献できます。
しかも、設置義務を果たせていない企業が多いため、特に総務・労務管理部門で有資格者は大歓迎!“企業が欲しがる人材”として、転職や定年後の再就職にも強力な武器になります!
衛生管理者には、すべての業種で活躍できる【第一種免許】と一部の業種で活躍できる【第二種免許】があります。ユーキャンの【第一種コース】はテキスト1冊分範囲が広くなりますが、今後のために取得を考えていらっしゃる方には【第一種コース】がおススメです。

こんな未来が待っている

先輩の声

資格試験にチャレンジして合格した先輩からのメッセージ

衛生管理者は安全な業務遂行の鍵
ターニングポイントに巡り合うまで粘り強く勉強を

講座受講者

久木田 光好さん 鹿児島県在住 男性
再就職先を探していたところ、とある会社から「第一種衛生管理者の資格を取れば面接に応じる」と言われ、スピーディーに取得できるユーキャンの講座を受講する。

直接仕事に活かせています

この資格を取得したおかげで、無事に再就職することができました。今はとある運送会社に勤めているのですが、社員の方々の健康管理のために、彼らの健康診断の手続きや、労働環境自体の改善を働きかけるなど、直接的に仕事に役立てることができています。

公民の違いに目からウロコ

私はもともと自衛官だったので、就業規則は民間企業とは違いました。そうした状況の中で衛生管理者の勉強をしていき、色々な文化の違いを知り、目からウロコが落ちる思いでした。そこで学んだことは現在の仕事に活かすことができているので、とても貴重な財産を手に入れたと感じています。

講座受講者

安全な業務の鍵を握る資格

社員の健康を管理し、職場環境を整備することが、業務の安全にもつながります。そのために衛生管理者はいるわけですから、この資格を持った自分は、とても重要な責務を担っていると感じています。社会が進むに従って労働環境の改善は急務ですから、この資格はさらに需要が高まっていくのではないでしょうか。

講座受講者

粘り続けることでターニングポイントは必ず来る

最初はわからないことも多いかもしれませんし、「このまま進めて大丈夫かな?」と不安になるかもしれません。でも、そこを我慢して粘り強く勉強を続けていくと、ある日突然視界が開けるように理解が進むターニングポイントがあるんです。そこに到達したらぐんぐん力が伸びていくので、途中で投げ出さず、頑張ってみてください。

講座受講者

衛生管理者は会社にとって重要な裏方の存在
自分に合った勉強法を見つけて合格を目指そう

講座受講者

篠原 和志さん 東京都在住 男性
衛生管理者の資格を持っていた社員の退職に伴い、業務命令を受け、第一種衛生管理者の資格取得を目指す。

衛生管理者は一石三鳥の資格

衛生管理者の資格を取得したことで資格手当がつき、直接的なメリットになっています。また毎月の部内会議の際に、健康面で他の社員の方々を啓発できるように発言しています。さらにみんなに言うだけではなく、自分自身の健康も意識するようになり、この資格はまさに一石三鳥のものだと感じています。

気配りと相手の立場に立つ大切さを再認識

衛生管理者の勉強を通して、社員の健康を保持することや、職場環境、労働環境の維持・改善の重要さが身にしみてわかりました。そのため、この資格を取得してからは今まで以上に周囲に気を配り、相手の立場に立って声をかけられるようになったと思います。

講座受講者

衛生管理者は会社にとって重要な裏方

衛生管理者は、会社の裏方ではないかと思います。僕自身、業務命令を受けて資格を取得することになり、そこで初めて存在を知ったくらいです。でも、職場のみんなが気持ちよく、安全に働けるようにするためには重要なものですので、私も裏方として社員を支えていきたいと思います。

講座受講者

まずは自分に合った方法を見つけよう

衛生管理者の資格を取得するために大切なのは、勉強するペースを掴むことだと思います。勉強の進め方は人それぞれで、書いて覚えるのが合う人、じっくりとテキストを読むのが合う人など、千差万別です。まずは自分にはどんな勉強法が合っているかを見つけてみてください。

講座受講者

  • 「先輩の声」は、合格のご報告または受講体験談をいただいた受講生の中から、特にお願いし取材にご協力いただいた方へのインタビューをまとめたものです。
  • 受講生のプロフィールおよび教材・サービスは取材時のものです。また、学習効果には個人差があります。
  • ページの先頭へ

受講内容サービス

合格へのステップ

わずか6ヵ月で合格力を養成!(第一種コース)

1ヵ月目 まずは身近で取り組みやすい『労働生理』で弾みをつける!

テキスト1は「体のしくみ」。身近な話題なので、取り組みやすく、興味深く進められるテーマです。学生時代の理科や生物を懐かしく思い起こすかもしれません。
この最初の1ヵ月で、役立つ知識を身につける楽しさを味わっていただけます。
勢いをつけて、いざ、次のテーマへ!

覚えにくい項目には、イメージで記憶できるイラストと語呂合わせも!

学生時代と違って、新しいことを覚えるのは一苦労、という方もいらっしゃるかもしれません。でも、ご安心ください。テキストの随所には、覚えにくい項目や間違いやすい項目について、イラストと語呂合わせを掲載。スムーズに覚えられ、記憶に残りやすい!と、ご好評いただいています。

覚えにくい項目には、イメージで記憶できるイラストと語呂合わせも!

2~4ヵ月目 いよいよ仕事と直結した『労働衛生』に。職場の見方も変わる!

『労働衛生』の分野では、快適な作業環境や健康管理について学べます。
在職中の方なら、例えば快適な照明や温度など、学んだ知識をご自分の職場に当てはめながら、関連づけて身につけていただけることでしょう。
また、第一種は有害な作業環境についての知識も習得できます。
この時点で、職場の改善点が思い浮かび、改善策を提言できるかもしれません。

※第二種コースをご受講の場合、テキスト1冊分少ないので、「2~3ヵ月目」となります。

テキスト内に「プラス動画」マークが出たら、動画講義で知識定着!

学習を進めていくと、テキストのところどころに「プラス動画」マークが出てきます。その項目にはパソコンやスマートフォンでさらにわかりやすい動画講義をご用意。音声と画像で詳しく解説しますので、しっかりと知識が定着します。通勤中やちょっとしたスキマ時間にまとめて見てもOK!

テキスト内に「プラス動画」マークが出たら、動画講義で知識定着!

5~6ヵ月目 いよいよ仕上げの『関係法令』分野に。役立つ法知識があなたのものに!

いよいよ、最後の分野となる『関係法令』では、労働者が健康に働くための基準となる「労働安全衛生法」や労働の最低条件などが学べます。働く身としては、知っておいて決して損のない知識。
在職中の方は、ご自分の職場の規則などと照らし合わせてみると、理解が深まります。

※第二種コースをご受講の場合、この分野を「4ヵ月目」に学びます。

添削課題の最後は「総合課題」で総仕上げ!

第一種コース、第二種コースとも、全4回の添削課題をご用意しています。どちらも最後の添削課題は「総合課題」です。本番前の実力チェックにうってつけですし、詳しい解答・解説で弱点つぶしにもお役立ていただけます!

添削課題の最後は「総合課題」で総仕上げ!

試験当日 試験は毎月実施。準備が整ったらいざ本試験へ!

衛生管理者試験は、毎月実施されています。月に1回から、多いところでは5回も行われていますので、あなたのご都合の良い時期に受けられるのが嬉しいところ。
試験は、第一種、第二種とも5肢択一のマークシート式です。
しかも、正答率が6割を超えれば合格!
国家資格ながら『受けやすい、取りやすい』資格と言えます。

試験情報
試験時期 各地域の安全衛生技術センター(全国で7ブロックに分けられている)にて、毎月1~5回の割合で行われます。
試験科目 ■第一種・労働衛生17問 ・関係法令17問 ・労働生理10問 (計44問)
■第二種・労働衛生10問 ・関係法令10問 ・労働生理10問 (計30問)
受験手数料 6,800円
試験実施団体 公益財団法人 安全衛生技術試験協会
受験資格 次のうちいずれか一つに該当すれば、受験できます。
●大学または高等専門学校(短大を含む)の卒業者:労働衛生の実務経験1年
●高等学校の卒業者:労働衛生の実務経験3年
●中学校の卒業者:労働衛生の実務経験10年
など
これ以外の受験資格の詳細は、公益財団法人 安全衛生技術試験協会 の試験情報ページをご覧ください。

受験資格の有無を必ずご確認の上、お申し込みください。
※詳細な試験情報は、公益財団法人 安全衛生技術試験協会の試験情報ページをご覧ください

合格発表 ついに合格!おめでとうございます!

これまでの積み重ねが花開きました!

現在の職場で活かしたり、今後を見据えて就職活動を開始したり…受講前と比べて一段とご自分の可能性が広がったことをご実感いただけることでしょう。

体験者の声。

  • 弱点の明確化で一発合格!

    添削指導をお願いした際に「もう少しですね」や「ここがあなたの弱点です」という指摘をもらえたことはとてもありがたかったと思います。客観的に見てもらうことで、どこを強化すればいいか、どのような進め方で行えばいいのかということが明確になりましたから。おかげで一度の受験で合格することができました。
    (40代・男性)

  • 客観的な指摘と励ましが嬉しい

    添削課題を出したあと、毎回結果が気になって、添削が戻ってくるのをドキドキしながら待っていました。自分では理解していたつもりだったのに間違えたこともありましたが、客観的に指摘してもらえたことはとても役立ちました。それに、講師の方から「よくがんばりましたね」「次回もこの調子で」など、優しいコメントをいただけたことは嬉しかったです。
    (50代・女性)

  • 市販本にはないわかりやすさ

    この講座を受講する前、市販の参考書を読んでみたのですが、とても見づらく、「これでは勉強できない」と感じました。翻ってユーキャンのテキストをみたところ、薄いし、重要なポイントがわかりやすいレイアウトになっていて、とてもわかりやすく感じました。おかげでスムーズに勉強することができたと思います。
    (50代・男性)

  • 「体験者の声」は、受講体験談をまとめたもの、もしくは、合格のご報告や受講体験談をいただいた受講生の中で取材にご協力いただいた方へのインタビューをまとめたものです。
  • 受講生のプロフィールおよび教材・サービスは取材時のものです。また、学習効果には個人差があります。
  • ページの先頭へ

衛生管理者講座 教材・テキスト紹介

開講実績30年超!ユーキャンの衛生管理者講座はここが強い!

ユーキャンの「衛生管理者講座」は受講生の98%が働いている方です。忙しい方でも“無理なく”“効率よく”学べることを最優先にした教材をご用意しています。
※2017年1月~2018年8月に当講座を受講された方のうち、アンケートにお答えいただいた方の回答結果です。

見やすい!わかりやすい!覚えやすい工夫がいっぱい!

メインテキストは分野別に6冊ですが、どれも薄い!しかも文字組もゆったり、イラストや図表も満載です。覚えにくい項目は“イメージで早覚え”というイラスト+語呂合わせでバッチリ。欄外の補足や用語解説も理解を助けます。

  • ページの先頭へ

本試験対策はこれでバッチリ!

衛生管理者試験の合格率は、2017年度試験で第一種は45.0%、第二種は54.9%と比較的高めと言えます。ただし、日々の学習を“合格”という成果に結びつけるためには、本番の試験対策が必要。ユーキャンには、さまざまな角度から合格を目指せる工夫があります。

衛生管理者講座 その他のサービス

  • 1.丁寧な添削で、最後まで続けられる!

    添削課題は、コンピュータ分析をしたうえで、詳しい解答と解説を加えてお返しします。ご自身では気づきにくい弱点も一目瞭然!

  • 2.ご自身専用のスケジュールを自動作成!

    あなた専用の学習スケジュールを自動作成。遅れてしまってもリカバリースケジュールが立てられるのでご安心ください。

  • 3.スマートフォンやパソコンからいつでも質問OK!

    分からないまま放置していると勉強が続かない原因にも…。パソコンはもちろんのこと、スマートフォンからも簡単に質問できます

  • 質問の回答には、多少お時間をいただきます。なお、質問回数に制限を設けさせていただく場合があります。通信料はお客様のご負担となります。
  • ページの先頭へ

費用・教材一覧について

衛生管理者講座 費用

第一種コース

39,000 (分割:3,300円×12
総計:39,600円)

費用の詳細

第二種コース

39,000 (分割:3,300円×12
総計:39,600円)

費用の詳細

  • (全コースとも税込み・送料当社負担)
  • 詳しいお支払方法については、各コースの「費用の詳細」をご覧ください。

お支払いは以下の方法から
選べます!

クレジットカード払いは
インターネットのみ、一括払いのみ

学費の20%が支給されます!

教育訓練給付制度を利用すれば、学費の20%が支給されます!
うまく活用して、オトクに受講しちゃいましょう。
詳細条件はこちら

衛生管理者合格指導講座 指導担当者からのメッセージ

開発者

新井 康久

試験突破には、一定期間学び続けることが重要です。
楽しく続けるために講座独自に考えたのが学習の順番です。最初は、関心が出やすい人の「体」(労働生理)で、最後は「法律」(関係法令)。「体」と「法律」の間に置いたのが衛生管理のノウハウ(労働衛生)です。
また、テキストでは「語呂合わせ」と「イラスト」を合わせた覚え方や解説のイラスト化、ネットでは動画講義など色々な工夫もしています。
ぜひ、当講座で楽しく学習して試験合格を目ざしてください。

※「指導担当者からのメッセージ」は2017年1月5日公開時点のものです。現在と異なる場合もございます。
  • ページの先頭へ