情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験に合格するための知識を「集合研修」で社員に身につけさせるとしたら、どれ程のコストがかかることでしょうか…さらに、教室に社員を集めるときの交通費、業務が中断することによる損失など、集合研修では研修以外の部分にもコストが発生してしまいます。 その点、ユーキャンの“IT人材育成”通信研修なら低コスト。日々の業務のスキマ時間に学習可能で、学習サポート期間内なら質問等のサービス・サポートをご利用いただけます。
ユーキャンの「IT系」講座がスタートして7年。この度、期間限定でIT人材育成強化/資格取得を応援するキャンペーンを実施することになりました。
スキルレベル3以上のIT系講座の受講費が期間限定で47%~49%OFFとなります。
この機会をお見逃しなく、貴社の“IT人材育成”戦略にぜひ、ユーキャンの通信研修をご活用ください。

応用情報技術者講座【講座詳細はこちら】

対象者像:高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者。

データベーススペシャリスト講座【講座詳細はこちら】

対象者像:高度IT人材として確立した専門分野をもち、データベースに関係する固有技術を活用し、最適な情報システム基盤の企画・要件定義・開発・運用・保守において中心的な役割を果たすとともに、固有技術の専門家として、情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守への技術支援を行う者。

情報セキュリティスペシャリスト講座【情報処理安全確保支援士試験対応/講座詳細はこちら】

対象者像:サイバーセキュリティに関する専門的な知識・技能を活用して企業や組織における安全な情報システムの企画・設計・開発・運用を支援し,また,サイバーセキュリティ対策の調査・分析・評価を行い,その結果に基づき必要な指導・助言を行う者。

 

すぐに法人/団体受講をお申込みの方はこちら法人/団体受講のお申込みについては、弊社へ直接のお申込みの他、正規代理店を通してのお申込みも
受け付けております。詳しくはこちら!

情報処理技術者試験関連トピックス

情報処理技術者試験とは(IPA Webサイトより)
情報処理技術者試験は、「情報処理の促進に関する法律」に基づき経済産業省が、情報処理技術者としての「知識・技能」が一定以上の水準であることを認定している国家試験です。 情報システムを構築・運用する「技術者」から情報システムを利用する「エンドユーザ(利用者)」まで、ITに関係するすべての人に活用いただける試験として実施しています。特定の製品やソフトウェアに関する試験ではなく、情報技術の背景として知るべき原理や基礎となる技能について、幅広い知識を総合的に評価しています。
情報処理技術者試験のメリット~時代の変化に対応できる技術者育成(IPA Webサイトより)
技術が急激に変化し多様化するなかで、幅広い観点から試験問題を出題しており、機種やOS(企業や製品)にしばられない 幅広い知識を習得できます。このような人材を育成することは企業競争力の強化にもつながります。
情報処理技術者試験のメリット~企業の技術力をアピール(IPA Webサイトより)
官公庁、地方公共団体の情報システム開発の競争入札参加申請(北海道、大分県、静岡県、岩手県など)において、申請書の一つに、情報処理技術者試験合格者数の記入を求めています。或いは、情報処理技術者試験合格者を雇用していることが要件の場合もあります。
共通キャリア・スキルフレームワークの背景(IPA Webサイトより)
あらゆる経済活動へのITの浸透、産業全般のグローバル大競争の激化等の中で、わが国が国際競争力を維持強化していくためには、今後10年先を見据えたIT人材育成戦略を構築することが急務になっています。そのためには、今後、わが国が目指すべき高度IT人材像に即したキャリアと求められるスキルを示した「共通キャリア・スキルフレームワーク」を構築する必要があることが人材育成ワーキンググループ報告書の中で提言されました。
組込み業界にとっての共通キャリア・スキルフレームワークの意義(IPA Webサイトより)
共通キャリア・スキルフレームワークの策定は、ソフトウェア技術者の慢性的な不足を抱える組込み業界にとって、他分野のソフトウェア技術者の参入を加速できる枠組みとして高く評価できます。組込みシステムとエンタプライズシステムを融合した高度なシステム開発を担える技術者のスキル向上にも繋がり、わが国の国際競争力強化が期待できます。
法人/団体様向けに開発した専用講座に加え、ITパスポートをはじめとした資格講座を中心に130以上揃ったユーキャンの通信講座各種もご活用いただけます。