2つの講座の違いを詳しく!

目的・ゴールが異なります

「日本語検定(2・3級)受検対策講座」とは、目的やゴールが違います。
日本語検定(2・3級)受検対策講座は、検定の合格が目的。国語の常識講座は、正しい日本語の習得を主な目的としています。
ご自分の目的に合わせて講座をご検討ください。

日本語検定って?

毎年7万人以上が受検する人気資格

日本語検定は、特定非営利活動法人 日本語検定委員会が主催する試験。日本語の総合的な運用能力を測るため、6つの領域(敬語・文法・語彙・言葉の意味・表記・漢字)から出題されます。
受検者は毎年7万人以上! 小学校低学年レベルの7級から社会人上級レベルの1級まで、幅広い方を対象に試験が実施されています。

日本語検定(2・3級)受検対策講座とは?

ユーキャンの「日本語検定(2・3級)受検対策」講座では、3級が4ヵ月、2級が5ヵ月と、短期間で合格が目指せる上、確かな日本語力が身につきます。
大学入試や就職活動で有利な資格を取得したい学生の方、ビジネスで役立つパーソナルスキルをアップさせたい社会人の方などにおすすめです。

当講座でも検定合格が目指せます

受講後に自信がついたら、日本語検定にチャレンジも! 資格を取ることであなたの日本語力の証明になります。
当講座で身につく国語力は、日本語検定の3級・4級レベルに対応。受講生には受験料の割引もご用意しています。

仕事にもプライベートにも活きる知識を

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

私たちが毎日のように使っている“国語”に自信をお持ちでしょうか。英語や中国語などの外国語を習得する方が増え、ともすれば、国語が軽視されがちな現代。使い方を間違っている言葉や、思い出せない漢字など、日常の中で国語を使いこなせていないことを実感することが多くあります。
そんな現代だからこそ、改めて国語を見つめなおし、国語を体系的に学習してみませんか。
正しい国語の知識は、学問はもちろん、仕事から人付き合いまで、幅広い場面で必要となります。
しかし、いざ国語を学習するとなると、「どこから」、「どのように」学習するのかと戸惑う方も多くいらっしゃることでしょう。 ユーキャンの「国語の常識」講座では、基礎から国語を学べる独自のカリキュラムをご用意。語彙・漢字・文法・文章・コミュニケーションと、国語を5つの分野に分けて学習し、国語の総合力を磨きます。

TOP