自分らしいセカンドキャリアを導き出す!

自律的にキャリアを築くことが大切な時代

人生100年時代、少子高齢化に伴う労働人口の不足といった背景から、生涯現役が叫ばれています。
定年制の廃止や、従業員を65歳まで雇用することが企業に義務づけられる一方で、人件費のコストカットのためにリストラを余儀なくされる場合も。
中高年をとりまく雇用環境や転職市場は流動化が進み、多くの選択肢が増える中で、自律的にキャリアを築くことが重要になっています。

セカンドキャリアを支援するプロフェッショナル

セカンドキャリアアドバイザーは、中高年以上の人が、自分らしいセカンドキャリアの選択と形成ができるよう支援する専門家です。
人生の転機やキャリアチェンジに直面した時に、今後の人生設計を意識しながら、相談者本人が納得のいくキャリア形成ができるようサポートします。

あなたのキャリアを活かす資格

セカンドキャリアアドバイザー資格は、さまざまな場面で活かすことができます。組織の一員としてだけでなく、他資格とのWライセンスで業務メニューの拡大や、フリーランスとして起業することも可能です。もちろん、学んだ知識とスキルは、将来に向けてご自身のキャリアの見直しにも役立ちます。

自分らしいセカンドキャリアを

このまま今の仕事を続けていいのだろうか。
もしかすると、自分にはもっとふさわしい生き方があるのかもしれない。
定年退職後もまだまだ自分らしく働きたい。
そう考える方は、自分自身のためにセカンドキャリアアドバイザー講座を受講してください。「将来に向けて今からキャリアを見直したい」「自分のキャリアチェンジを考えている」そのような方がこの講座を受講することで、客観的に自分のキャリアを構築できる仕組みになっています。

一般社団法人 キャリア35 土川 雅代 先生
(企業経営者)

ライフプランニングやお金のことも

セカンドキャリアアドバイザーのサポートは、単なる就労支援に留まりません。相談者がどのような第二の人生を送りたいかを踏まえて、生活スタイルの変化に伴うライフプランニングやキャッシュフローの見直しも支援の一環として対応します。

当講座なら、初めての方でもキャリア診断が可能に!

実現可能なセカンドキャリアのアクションプランの作成には、キャリア診断が不可欠です。
相談アドバイスや診断にはアドバイザリーシートを用います。必要な項目が整理され、初めての方でもムリなく対応できる構成になっています。

よくある質問

セカンドキャリアとは何ですか?

セカンドキャリアとは、狭義では第二の職業、広義では第二の人生を意味する和製英語で、現在は、主に次のような意味で使われています。
・中高年世代が年齢によって、就業先の職務や雇用形態を変更すること
・退職して改めて就職したり起業したりするなどの新たな人生を開拓すること
当講座では、就職に限らず、起業、学び直しやボランティアなどを含む多様な選択肢の中からセカンドキャリアが選択できることを、セカンドキャリア支援に必要な知識・スキルとして学習します。

セカンドキャリアアドバイザーはどんな仕事で活かせますか?

セカンドキャリアアドバイザーは、キャリアやライフプランニングの支援で中高年世代の方と関わりがある仕事で、活かせる場面が豊富にあります。
例えば、行政機関の雇用・自立支援の部門、人材紹介・人材派遣会社や再就職支援、企業の人事・労務・教育部門、FPや社会保険労務士などの業務で、中高年世代の方のより良いセカンドキャリア構築の支援に役立ちます。

プライベートにも仕事にも役立つ幅広い知識!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

セカンドキャリアアドバイザーは、中高年の方が人生の転機やキャリアチェンジに直面した時に、その先の人生設計を意識しながら自分らしくキャリアを選択し、より良い未来が切り開けるよう支援するプロフェッショナルです。人生100年時代、少子高齢化に伴う労働人口の不足といった背景から、中高年をとりまく労働環境の流動化も進み、転職、独立・開業、フリーランスなど多くの選択肢が増える中、自律的なキャリア構築が重要となり、セカンドキャリアの専門家としてセカンドキャリアアドバイザーの活躍が期待されます。
当講座では、キャリア診断や相談アドバイスといったキャリア支援のための知識・スキルに加え、ライフプランニングやキャッシュフローの見直し、独立・開業のノウハウなど幅広い知識が身につく上に、在宅でセカンドキャリアアドバイザー資格の取得が可能です。学んだ知識は、ご自身のセカンドキャリアの構築にも役立てることができます。

TOP